このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

オートミールはカレーと食べる!置き換えて美味しい食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月29日

栄養価が高く、ダイエット効果などが期待できるオートミールを食べたことはあるだろうか?オートミールといえば朝食にグラノーラとして食べるイメージが強いかもしれないが、実は主食の置き換えとしても取り入れやすいものだ。その中でも組み合わせとして絶妙な【オートミール×カレー】を今回はおすすめしたい。いつものカレーがオートミールに置き換えるだけでパワーフードになるはずだ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オートミールを食べるときの調理法

オートミールはそのままでは食べることはできないので調理が必要だ。オートミールの調理方法は主に「炊く」「焼く」「煮る」である。一番手軽にできるのは炊くことで、水と一緒に火にかけるだけ。水分を含んでやわらかくなり食べやすくはなる。ただし味はついていないので、そのまま食べると麦の味しかせず味気ないので注意を。そのまま食べるよりも味付けなどがしっかりしているものと食べるとオートミール初心者でもチャレンジしやすい。その点、今回組み合わせとしておすすめをしているカレーは、味も濃く、主食を米からオートミールに置き換えればよいだけなのでイメージしやすいだろう。それでは2つのパターンに分けてカレーとオートミールの食べ方を紹介しよう。

2. 食べ方その1:オートミールはレトルトカレーと一緒に

カレーを食べたいが一から作る元気はない。そんなとき、レトルトカレーで済まそうと考える日もあるのではないだろうか。レトルトカレーは忙しい日の食事にもってこいの手軽さが魅力的ではあるが、脂質が多かったり野菜が少なかったりと栄養面を考えたときにどうしても手作りには及ばないことも多い。そんな時こそ主食をオートミールに置き換えれば、白米で食べるよりも食物繊維がたくさん摂取でき、レトルトカレーでも栄養バランスを意識したものに変えることができる。作り方もいたってシンプルで、レトルトカレーとオートミールを混ぜ合わせて、500〜600Wの電子レンジに3分間かけるだけ。オートミールの固さなどレンジにかける時間を調節しながら自分好みにするのもよいだろう。わざわざ炊く必要もないので、とにかく時間をかけずに栄養価の高い食事を摂りたい時やレトルトを食べる罪悪感がある時にもおすすめである。

3. 食べ方その2:ひとつの鍋でカレーとオートミールをつくる

カレーを作るのには少々時間がかかる。カレールウをつくる、そして主食となる白米や玄米を炊くというふたつの工程を同時にこなす必要がある。しかし、カレーに合わせる主食をオートミールにしてしまえば、カレーと一緒に炊くことができ、ひとつの鍋ですべてが完了する料理になる。洗い物も増えずに美味しく栄養バランスが整ったオートミールカレーは、まさに一石二鳥である。またカレーにはやる気が高まり仕事などを効率的に進めることができ、ストレス抑制効果が期待されるという研究結果も出ている。

働きざかりの自分たちにとって、今晩や朝のメニューをオートミールカレーにすれば日頃の疲れも癒されるかもしれない。

結論

オートミールとカレーの組み合わせは栄養バランスが取れ、なおかつ時短で手軽に取れる食事の一つといえるだろう。オートミールをはじめて食べるという人にもおすすめである。男の料理といわれ想像しやすいカレーをさらに健康的に食べてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ