このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アーモンドプードルの特徴とは?どんなお菓子によく使われるか紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年10月 2日

突然だが、皆さんはアーモンドプードルという食材をご存知だろうか。日ごろから自宅でお菓子作りをしている人にとっては聞き慣れた言葉だろうが、レシピを検索して料理を作っている男性にとっては、縁遠い食材かもしれない。今回は、アーモンドプードルの特徴や使用して作る代表的なお菓子を紹介しよう。

1. アーモンドプードルの特徴

アーモンドプードルは、ケーキ・パン・マカロン・クッキー・ビスコッティ・マフィン・タルト・ドーナツなど、主にお菓子作りの材料として使用される。食べると独特のアーモンドの香りが口の中に広がるのも特徴のひとつといえるだろう。

アーモンドプードルは、生のアーモンドを砕き粉末にしたものだ。よく似た名前でアーモンドパウダーというものがあるが、どちらも同じものだ。では、ふたつの違いは何なのだろうか。それは、粉のことをフランス語でプードルといい、英語ではパウダーと呼ぶところだ。

アーモンドプードルには皮なしと皮付きの2種類がある。皮なしは名前どおり皮をはがして粉にしたもので、色が薄く黄色いのが特徴だ。クッキーの生地に使用すると香ばしさと風味がアップし、ケーキの生地に使うとコクがあり、しっとりとしたスポンジに焼けるという。アーモンドプードルを加えると、お菓子の味をワンランクアップさせるといえるだろう。

一方の皮つきは、皮がついたまま粉にしているため、少し色が黒っぽい。皮なしよりもアーモンドの味が濃く、風味やコクが出やすいので、タルト生地やフィナンシェなど、素朴でシンプルなお菓子に使用するのがおすすめだ。ただし、生地に皮のブツブツが見えやすく、お菓子の見ためを重視するなら、皮なしのほうをおすすめしたい。

2. 皮なしのアーモンドプードルを使用したおすすめのお菓子

ここでは皮なしのアーモンドプードルを使用したおすすめのお菓子を紹介しよう。おすすめのお菓子のひとつが、先述したクッキーだ。

とくにお菓子作り初心者でも簡単に作りやすいのが、アイスボックスクッキーである。作り方は、アーモンドプードル・薄力粉・バター・砂糖・卵黄をよく混ぜて生地を作り、直径3cm程度の筒状に形成し冷蔵庫で休ませ、1cm幅に切って焼くだけで完成だ。シンプルながらもサクッほろっとした食感を楽しめるのが魅力といえるだろう。

次におすすめのお菓子は、スライスアーモンドをトッピングしたパウンドケーキだ。アーモンドプードル・薄力粉・砂糖・牛乳・ベーキングパウダー・卵・バニラエッセンスを混ぜて型に入れ、スライスアーモンドをトッピングして焼くだけでOK。アイスボックスクッキーと同じように、お菓子作り初心者でも簡単にできるのが嬉しいポイントだ。

3. 皮ありのアーモンドプードルを使用したおすすめのお菓子

最後に皮ありのアーモンドプードルを使用したおすすめのお菓子を紹介しよう。おすすめのひとつは、アーモンドプードルの皮のブツブツが見えないよう、まわりに粉糖をまぶしたキュートなクッキーだ。ほろっとくずれる軽めの食感が楽しく、紅茶やコーヒーとの相性もバッチリ。

次におすすめのお菓子は、ほろ苦さと甘さのバランスが絶妙な抹茶味のフィナンシェだ。薄力粉にアーモンドプードル・抹茶パウダー・卵白・砂糖・バター・ベーキングパウダーを加えて型に流し、オーブンで焼けば完成だ。冷やして食べても美味しく見ためも上品なので、手土産にもピッタリのお菓子といえる。

次に紹介するのは、小麦粉の代わりにアーモンドプードルを使用して、ビターチョコ・砂糖・バター・卵と混ぜて作るグルテンフリーのチョコケーキだ。甘さ控えめで、甘い物が苦手な人にもおすすめのお菓子である。逆に甘みが欲しいという人は、仕上げに粉糖をかけたり、生クリームをのせたりして食べるとよい。

結論

アーモンドプードルの特徴や美味しく味わえるお菓子を紹介した。クッキーに入れるとサクサクッとした食感が増し、フィナンシェのような焼き菓子に加えるとアーモンドの香ばしさやコク、しっとり感が出るのが特徴だ。とはいえ、アーモンドプードルは主張し過ぎることはなく、あくまで脇役なところも魅力といえるだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ