このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コストコの牛肉が凄い!買って欲しいおすすめ商品4選

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月18日

コストコの牛肉商品といえば、プルコギビーフを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、じつはほかにもおすすめの牛肉がたくさんあるのだ。今回は、定番商品であるプルコギビーフと、そのほかのおすすめ商品をあわせて紹介する。それぞれの牛肉に合わせた食べ方も紹介するので、ぜひチェックしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 牛肉の定番商品【プルコギビーフ】

コストコでも人気の高い定番商品プルコギビーフは、100g 150円前後で売られている。1パックあたり1.5〜2kgほど入っているので、複数の家族でシェアするか小分けにして冷凍するとよいだろう。プルコギと聞くと辛いイメージがあるが、コストコのプルコギは辛みが少ないので子どもにも人気。しっかり味が付いているため、そのまま焼くだけで美味しく食べられるのも魅力だ。

プルコギビーフのアレンジレシピ

プルコギビーフは量が多いため、そのまま食べていると飽きてくることもあるだろう。そんなときは、ちょっと変わった肉じゃがを作ってみよう。余ったプルコギと好みの野菜を炒めて、少なめの調味料と水で煮るだけで簡単にできる。プルコギビーフはもともと味が濃いので、調味料は少なめにしないと塩辛くなるので注意が必要だ。

2. 安価で美味しい牛肉【USAビーフリブフィンガー】

USAビーフリブフィンガーは、牛肉コーナーに真空パックになって売られている商品。大きめの細切りになったかたまり肉がたくさん入っている。スジがあるので、購入した日に下処理しておくと便利。硬いところを取り除き、まとめておけば牛スジカレーや牛スジ煮込みを作るときに使える。牛スジは圧力鍋で煮ると、短時間で柔らかくなるのでおすすめだ。スジ以外の柔らかいところは、ステーキやビーフシチューにピッタリ。しっかりとした赤身の味わいが楽しめ、硬すぎず柔らかすぎない食べごたえも魅力。
100g 200円程度で購入できるので、コスパもよい。1パックあたり2kgくらいのものが多いが、下処理して小分けにしてから冷凍すれば1家族でも十分食べきれるだろう。

3. 上質な牛肉【プライムビーフ サーロイン】

プライムビーフはアメリカ産の牛肉の中でも、最高級品質だけに付けられる名前。国産牛でいうところのA5ランクのようなものだ。そのため100gあたり約540円と高めの値段設定。コストコで売られている牛肉の中でも、かなり高価な商品だ。1パックの中にステーキが3枚入って5,000~6,000円で購入できる。値段は高いが旨みたっぷりのサーロインで、柔らかくジューシーなのが特徴。ぜひステーキで味わいたいおすすめの牛肉だ。

ステーキの上手な焼き方

アメリカ産の牛肉は和牛に比べて赤身が多いので、焼きすぎると硬くなってしまう。ステーキを焼くときは強めの火で、両面にしっかり焦げ目が付くくらいまで焼こう。塩・コショウだけでも十分美味しいので、まずは肉本来の味を楽しんでみてほしい。

4. 万能な牛肉【USAプライムビーフ 肩ロース焼肉】

こちらも上質なプライムビーフで、サーロインより安い100g 200~250円ほどで購入できる。しっかりスジ切りしてあるので、そのまま焼いて食べられるのが嬉しいポイント。その名の通り、焼肉やBBQにもおすすめの牛肉だ。少し薄めのステーキカットで、かなり幅があるのでカットしてから焼くと扱いやすい。1パックあたり1.5kgくらい入っており、かなりボリューミーだ。余った場合は1枚ずつラップに包んでから、ジッパー付きの袋に入れて冷凍しよう。

結論

コストコではいろいろな商品が購入できるが、その中でも牛肉は人気の高い商品だ。コストコに行くとたくさんの牛肉が売られていて迷ってしまうが、使用用途や値段などを考慮しながら選ぶとよいだろう。ステーキで食べるならステーキ状にカットされたもの、煮込みやローストビーフならかたまり肉を選ぶのがおすすめだ。 *価格は2019年9月のもの
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ