このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

にんにくの美味しい食べ方!簡単なむき方も紹介

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年10月25日

スタミナ食材として認知度の高い食材であるにんにく。にんにくといえば、あの独特のにおいが特徴でもある。そのため、このにおいが苦手という人も多いだろう。しかし、そんな人でも美味しく食べることができるものが黒にんにくである。まだまだ、食べたことがある人は少ない黒にんにくであるが、最近ではよく見かけるようになった。そこで、今回はにんにくの食べ方について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. にんにくにひと手間加えることでできる黒にんにくの特徴とは

にんにくといえば誰しもが一度は口にしたことがあるだろう。しかし、黒にんにくの場合はまだまだ口にしたことがある人のほうが少ないかもしれない。黒にんにくはもともと生のにんにくである。簡単にいうと生のにんにくを高温・高湿状態に置いて、熟成させることで黒にんにくができあがる。この黒にんにくは熟成させることで、その味わいは生のにんにくとは全く異なるものに変わってしまうということで、一度食べた人はやみつきになってしまうことが多い。
味の特徴はドライフルーツのような甘酸っぱさである。生のにんにくでは感じることができない甘さをしっかりと感じることができるのだ。そして、ねっとりとした柔らかい食感に変わる。高温・高湿の条件下で熟成させる過程でメイラード反応が起こることで、黒色に変わるといわれており、その見た目は八丁味噌にたとえられることも多い。また、色が変わるだけでなく、旨みをアップしている。加えて、生のにんにくの特徴である特有の刺激臭もほぼなくなってしまうので、ついつい食べ過ぎてしまう危険性もある。しかし、味はドライフルーツのようであるとはいっても、にんにくに変わりはないので、美味しいからといって一度に食べ過ぎてしまうのはおすすめできない。

2. にんにくの簡単なむき方

黒にんにくを作るときは皮をむくことなくそのまま熟成させる。しかし、生のにんにくを料理に使う場合にはまず皮をむくという作業が必要である。にんにくの皮むきをやったことがある人は知っていると思うが、じつは簡単なように見えて、意外と難しいのである。ただし、ちょっとしたコツをつかむことで、簡単につるりと生のにんにくの皮をむくことができるので紹介しよう。
まず、にんにくをバラバラにばらす。そして、半日から1日水に漬け込んで、しんなりとさせる。時間がない場合には、ぬるま湯を活用すると、しんなりするまでの時間が短くなる。しんなりした状態で皮をむくと、きれいにつるりとむけるので、とくに大量に生のにんにくを使用する場合は試していただきたい。
基本的に皮をむいてしまった生のにんにくに関しては、保存をする場合はそのままもしくはすりおろしてから冷凍保存することをおすすめする。これを行うことで、長持ちするのはもちろんであるが、必要なときに手軽に使うことができる。使用するときには、解凍せずにそのままの状態で加熱調理したほうがベタつかずに楽しむことができる。

3. 美味しいにんにくの食べ方

生のにんにくは香りもきついので、基本的に加熱してから食べるのがおすすめである。弱火でじっくりと焦げないように加熱することで、香りが引き立ち、ほかの食材の旨みを引き出してくれる働きもある。また、殺菌効果もあるので、生のまま薬味としていただくのもいい。いろいろな料理に使用できるのも特徴の1つである。
そして、購入したものであれば、皮をむいただけで食べることができる黒にんにくもおすすめだ。甘みが強いので、そのまま食べるのももちろん美味しいが、好みのオイルと混ぜ合わせてドレッシングにしたり、バターやクリームチーズ、味噌などと混ぜ合わせてディップにしたり、ペースト状にして煮汁や焼き汁などと混ぜ合わせてソースにしたりしても絶品である。
また、黒にんにくは少し時間がかかってしまうが、家庭用の炊飯器を使用すれば自宅で作ることも可能である。その期間炊飯器が使用できないというデメリットはあるが、簡単に作ることができるので、ぜひ、一度試してもらいたい。

結論

生のにんにくと黒にんにくはそれぞれのよさがあるので、どちらのほうが優れているというわけでは決してない。どちらとも美味しく食べることができる食材である。とくに、黒にんにくはそのままでも食べることができ、やみつきになってしまうくらい美味しい。だからこそ、見つけたときにはぜひ、一度手にとってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ