このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【にんにく】大辞典!栄養や切り方、臭い対策、おすすめの食べ方などを徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年11月10日

どんな料理も食欲をそそる香りでワンランク美味しくしてくれる定番食材、にんにく。美味しくなるだけでなく、体力回復など健康にもよいとされるにんにくは、どんなときも常備しておきたい身近な万能食品だ。今回はにんにくの豆知識を徹底解剖。よりにんにくへの理解を深めて、毎日の食卓を充実させよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. にんにくの香り付けを効率よくする切り方

にんにくは実は切り方や皮のむき方で大きく香りの立ち方が変化する。どんな用途に使いたいかで、切り方を変えてみるのもより深くにんにくを楽しむことに役立つだろう。また、切るだけではなく叩き潰すなどひと手間加えることでさらに素早く香りを立たせることができる。煮物や炒め物など、普段の料理でも活躍する豆知識だ。
この記事もCheck!

2. にんにくを食べた後ににおいを消す方法や対策

食欲を増進させ、料理の美味しさをランクアップさせるにんにくの香り。しかし食べた後も強烈なにおいを放つため、人と会う前には控えるというのが一般的だろう。この記事ではにんにくのにおい成分の基礎知識や、においを軽減させるポイント、うっかり食べてしまったときに手軽に試せる有効な口臭対策などについて知ることができる。
この記事もCheck!

3. にんにくの栄養と効能、におい成分の秘密

にんにくは身体によい成分がたっぷり含まれており、滋養強壮、体力回復など嬉しい効果もたくさんある。そんなにんにくの旬の食べ方や、保存方法、成分情報を知ることでより効率的に調理ができるはずだ。また、にんにくにはさまざまな種類があり、中国産や国産など価格の幅も大きい。代表的な国内産の白にんにくなど、よく見かける品種についても解説している。
この記事もCheck!

4. 電子レンジを使えばにんにくの香りが抑えられる?

実はにんにくの香り成分である「アリイン」は、加熱することで酵素と反応して「アリシン」に変化する。にんにくをカットしたり潰したりする前に、電子レンジを使って芯までしっかりと火を通すことで調理後のにおいを抑えることができるという。にんにくは好きだけれど強烈なにおいは防ぎたい、という人はぜひこの方法をお試しあれ。
この記事もCheck!

5. カレーの定番の隠し味としてのにんにく

あらゆる料理で隠し味や香り付けに大活躍するにんにく。とくに、国民食といっても過言ではないカレーライスにおいてはにんにくの実力が遺憾なく発揮される。この記事ではカレーを作るときにより効果的なにんにくの入れ方、美味しくなるメカニズムなど、カレーとにんにくの関係について楽しく学ぶことができる。
この記事もCheck!

6. にんにくまるごとのおすすめレシピ

基本的には一粒ずつに分けて調理することが多いにんにく。この記事では大胆にまるごとにんにく一房を使った、にんにく好きにはたまらないレシピを紹介している。にんにくはカットや潰すなど、組織を破壊することで香りが立つ仕組みなので、まるごと加熱することで臭さが軽減されるというのは前述したとおり。ホイル焼きや素揚げで丸っとにんにくを楽しもう。
この記事もCheck!

7. にんにくオイルの作り方

にんにくの美味しい食べ方のバリエーションとして、にんにくオイルをおすすめしたい。オリーブオイルなどににんにくをじっくり漬け込むことで、あらゆる料理を美味しくする極上の自家製オイルが完成する。オイル部分を使用してもよいし、にんにくを取り出して刻んでも旨みがぐっとアップすること間違いなし。手軽にできるので、ぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!

8. 発芽にんにくの上手な使い方

にんにくを冷蔵庫の中で長期保存していると、芽が出てしまった!という経験のある人は少なくないだろう。この記事では、一見敬遠されがちなにんにくの発芽について詳しく解説し、栄養や上手な食べ方についても紹介している。にんにくの芽はジャガイモなどの発芽と違い、実は栄養たっぷりで美味しい部分でもあるということがわかるはずだ。
この記事もCheck!

結論

食欲をそそる強烈な香りゆえに、シーンによっては食べることがためらわれるにんにく。しかし、これらの紹介記事を読むことで上手に香りを抑え、栄養や旨みを合理的に引き出す調理法などを知ることができる。にんにくはあらゆる料理を数段美味しくする魔法の香味食材。有効に活用することで、健康にもよい作用を与えつつ、日々の食卓をワンランク底上げできるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ