このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

とうもろこしを美味しく食べるためのむき方のポイント

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年11月 1日

とうもろこしといえば屋台でも定番メニューであり、旬の時期にはスーパーでもよく目にすることから、好きな人が多い野菜なのではないだろうか。そんな誰もが口にしたことがあるとうもろこしは、自宅でも簡単に調理して食べることができる。とうもろこしを調理するときに皮をむくのかむかないか、そんなちょっとしたポイントで美味しさが変わるというとうもろこしのむき方について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. とうもろこしは用途にあわせて品種が異なる

とうもろこしは世界で生産されており、大きくわけて6種類に分類することができる。スイートコーンやポップコーン、世界一の生産量でコーンスターチの原材料でもあるデントコーン、家畜飼料や工業用に使用されるフリントコーン、もちもちとした食感が特徴のワキシコーン、南米の高原地帯で栽培されて粒が柔らかいソフトコーンである。

一番馴染み深い品種はスイートコーン

私たちが一般的にとうもろこしと呼んで食べているものはスイートコーンである。このスイートコーンはさらに3種類に分類される。1つ目はゴールデンコーンであり、粒のすべてが濃い黄色のもののことをいう。1番市場に出回っているのはこの品種のとうもろこしである。2つ目はシルバーコーンであり、別名シルバーハニーバンタムと呼ばれている。すべての粒が白色をしたとうもろこしであり、その粒は小さくて艶がある。粒を包んでいる皮が軟らかいだけでなく、甘みが強いという特徴があるので、サラダとして食べられることも多い。3つ目はバイカラーコーンであり、一代雑種で栽培されるとうもろこしであり、黄色と白色の粒が3対1の割合で入っている。アメリカで栽培されている品種であり、1番甘みが強いといわれている。近年、その多くが日本に輸入されているので、口にしたことがある人も多い。

ポップコーンは専用品種で作られる

おやつとして1度は口にしたことがある人が多いポップコーンの原材料はとうもろこしである。しかし、とうもろこしといってもいつも食べているものではなくポップコーンと呼ばれる爆裂種のものを原材料としているのである。この品種は、粒の皮がとても硬く、乾燥させるとさらに硬くなる。ほかの品種のものは乾燥させても、ポップコーンほどは硬くならないので使用することができない。
この硬い粒は加熱されると、粒の中にある水分が水蒸気となり膨張することで皮が破れて破裂することで、ポップコーンになる。

2. とうもろこしの加熱時は皮をむく?むかない?

とうもろこしの加熱の仕方を調べると皮を全部むいてから加熱するものと全部はむかずに加熱しているものの2種類が紹介されていることが多い。では、どちらのほうがおすすめであるのかというと、皮は数枚残してから加熱するほうがおすすめである。

販売される時点ですべて皮がむかれてしまっているものも多いが、その場合はそのまま加熱をするとしても、可能な限り皮がむかれていないものをまずは手に入れることがよいだろう。とうもろこしはそのままでも収穫後からの鮮度の低下が早い。しかし、皮をむいてしまうとさらに鮮度の低下のスピードは速まってしまう。そのため、皮がついているものを購入した場合の皮のむき方のポイントとしては、加熱をする直前に皮をむくことが、じつは1番大切なポイントである。

そして、皮をつけたまま加熱をすると、加熱時にとうもろこしの栄養素が外へ流出される量が抑えられることで、甘みや旨みをより堪能することができるので、皮をむかずに加熱することをおすすめする。生のままでは、とうもろこしの皮をむくのは、力を必要とするが、加熱後はあまり力を必要とせずに簡単にむくことができる。加熱して、粗熱がとれたとうもろこしの付け根を約2cmカットする。ヒゲの部分を持ちながら、とうもろこしを軽くふりながら皮をむくと気持ちよくするりとむけるのである。ぜひ、試してみてほしい。

3. むいたとうもろこしのおすすめの食べ方を紹介

皮つきとうもろこしは蒸らすことで甘さがアップ

皮がついたままのとうもろこし、もし加熱が少し足りないかなと感じる場合は、ひとまず皮をむかないことをおすすめする。そのままの状態で約3分蒸らすとことでしっとり感だけでなく、甘さが増すといわれている。蒸したあとに、付け根をカットして、ヒゲを持って皮をむくことで美味しく食べることができる。

とうもろこしごはんがおすすめ

生のとうもろこしをむいて、粒とともに芯も入れてごはんを炊くとうもろこしごはんも美味しい。しかし、もう1つのやり方である加熱したとうもろこしをむいてから炊けたごはんに混ぜ合わせるとうもろこしごはんも美味しいのでぜひ試してみてはどうだろうか。
加熱したとうもろこしの皮をむいたあとに、芯と粒の間にバターナイフを差し込んで、粒を2列ごとそぎ落とす。そぎ落とした粒は手で軽くほぐす。炊けたごはんにそぎ落としたとうもろこしとバター、醤油を加えて混ぜ合わせる。とうもろこしの炊き込みごはとはまた違う風味を味わうことができる美味しい食べ方である。

結論

とうもろこしの皮はむかずに加熱し、加熱してからむいたほうがじつは美味しく食べることができる。皮がごみとなってしまうこともあり、その手軽さからついつい、皮がむかれたものを購入することが多いという人も、次回からはぜひ皮つきを購入し、最大限に甘みと旨みを引き出した状態でとうもろこしを楽しんではどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ