このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

蜂蜜の1種【レモンはちみつ】の味わいを徹底調査

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年11月22日

甘くて美味しいはちみつは万人が好きな甘みのひとつではないだろうか。そんなはちみつはひとくくりにして呼ばれるが、実はさまざまな種類のはちみつがあるのはご存知だろうか?どの植物から採られたものかによって、味わいが全く異なるはちみつは食べ比べをするのも楽しい。そこで、今回はすっきりとした味わいを楽しめるレモンはちみつについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 世界各地に産地があるレモンはちみつ

レモンと聞いてイメージするのは黄色の果実という人も多いだろう。レモンは果実が実る前に白い花を咲かせる。そのレモンの白い花から集められた蜜がレモンはちみつである。そんなレモンはちみつの有名な産地としてはスペインとアルゼンチンが挙げられる。
この有名な産地の中でもとくに有名であるのがレモンの生産量も多いスペインのムルシア州である。日本人にとって聞き慣れない地名であるが、北ヨーロッパの人にとっては日光に照らされる時間も長く別荘地として人気の土地である。また、ヨーロッパのスーパーではㇺルシア州の作物をたくさん目にすることができる。トマトやレタスなどの野菜はもちろん、オレンジやレモンが多く出荷され多くの消費者の手元に届いている。レモンの生産地が多いということもあり、花の咲く時期に働き蜂によって蜜が集められることでレモンはちみつができあがるのである。
ただ、その量は決して多量というわけではないので、日本においてもどこでも手に入れることができるというわけでない。しかし、日本でも手に入れることはできる。ネットやはちみつ専門点であれば、比較的手に入りやすい。

2. レモンはちみつの特徴や味わい

はちみつの楽しさは、蜂が集めて来た蜜の味がどの植物からであるのか、どこに生息しているものであるのか、いつ採蜜されたものであるのかで味や風味が異なることである。そのため、同じレモンはちみつであっても、実際にはアルゼンチンで採蜜されたものとスペインで採蜜されたものでは味が違う。そして、同じスペインでも採蜜された時期やより詳細の採蜜場所によっても異なるので面白い。同じ種類のはちみつであっても食べ比べてみるのがおすすめである。
一般的なレモンはちみつの味は柑橘系の香りとほのかな酸味を楽しむことができるので、さわやかな味わいと表現されることが多い。酸味が少しあることもあり、甘ったるかったり甘みが強かったりというイメージが強いはちみつとは少し異なり、すっきりとした味わいで食べることができるのである。柑橘系の香りはしっかりと感じることができるもののクセが強いというわけではないので、誰でも美味しいと感じることができるであろう、食べやすいはちみつでもある。
甘みを楽しむために食べられることが多いはちみつであるが、柑橘系やベリー系のはちみつは果物そのものの香りがはちみつでも楽しむことができるので、味だけでなく、香りも楽しむことができるお得なはちみつでもある。
また、はちみつは種類によって蜜の色もさまざまである。レモンはちみつは黄金色をしている。そして、はちみつは基本的には1種類の植物から集められたはちみつである単花蜜とさまざまな種類のはちみつがブレンドされて作られたはちみつである百花蜜がある。レモンはちみつは単花蜜であるが、レモンはちみつも入っている百花蜜もあるので、自身の好みで選ぶとよいだろう。

3. レモンはちみつを美味しく食べる食べ方とは

レモンはちみつも通常のはちみつ同様、そのまま食べることができる。そして、普段の食事に少し加えてあげることで、いままで以上に美味しく食べられる。レモンはちみつのとくにおすすめの食べ方は柑橘系のさわやかなすっきりとした香りを楽しむことができる紅茶への砂糖の代わりの甘みづけである。レモンはちみつで甘みをつけた紅茶はレモンを浮かべなくてもレモンティーのようなフレッシュなレモン風味を楽しむことができる。そして、レモンを浮かべるよりも深みのある味わいで楽しむことができるのでおすすめだ。
それ以外にも、トーストやパンケーキにレモンはちみつを塗ったり、バターとともにかけたり、ヨーグルトやチーズにかけたり、フルーツやナッツにかけたりいろいろな楽しみ方がある。もちろん、料理の甘みづけに使用してもコクがアップしてまたいつもと違う味わいを楽しめる。基本的に甘みをつけるときに、相性が悪い食材はないので、ぜひいろいろな食べ物との組み合わせを試してももらいたい。
レモンの風味を楽しむことができるはちみつなので、自家製のドレッシングやぽん酢などの甘みづけにレモンはちみつを使用するのもぜひとも試してもらいたい方法である。また、塩味のしっかりときいた生ハムとの相性もバツグンであるので、ぜひとも試してもらいたい。そのまま、かけるのに抵抗があれば、ドレッシングに混ぜ込んでかけて食べるのもよいだろう。

結論

なかなか聞き慣れない種類であるレモンはちみつであるが、甘すぎずすっきりとした味わいを楽しむことができるはちみつである。レモンの風味を味わうことができるはちみつはどこででも手に入れることができるわけではないが、ネットショップでは案外容易に手に入れることができる。同じレモンはちみつでも産地や採取時期が異なると違う味わいになるので、お気に入りのレモンはちみつを見つけてみてはどうだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ