このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【馬刺し】の豆知識まとめ。カロリー・栄養から保存方法まで

【馬刺し】の豆知識まとめ。カロリー・栄養から保存方法まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月19日

そのとろけるような美味しさとヘルシーさから人気を集めている馬刺し。馬肉は牛や豚と比べて雑菌や寄生虫が少ないなど、さまざまな理由から生で食べられることが多い。鮮度のいい馬刺しは一度食べたら忘れられないほど美味しいのだとか。この記事では馬刺しや馬肉に関する記事を複数紹介する。自宅でも美味しく食べる方法や、馬肉の栄養について深掘りしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 馬刺しなど、馬肉の美味しい食べ方

馬肉を美味しく食べるならやはり定番の馬刺しがおすすめ。なめらかな舌触りと独特な歯ごたえは、大人にこそぜひ味わってほしい逸品だ。この記事では馬刺しを食べる際のちょっとした豆知識や、馬刺し以外の馬肉の食べ方、馬肉の部位についての情報も網羅している。生で食べてももちろん美味しい馬肉だが、ステーキとして焼いたりひき肉にしてハンバーグにしたり、さまざまな調理法でも楽しむことができる。
この記事もCheck!

2. 馬刺しのカロリーや栄養

馬肉はヘルシーという話はよく言われることだが、実際にほかの肉と比べてどのくらい低カロリーなのだろうか。その栄養の豊富さを知ればきっと食べたくなることだろう。この記事では馬肉が日本で食べられるようになった歴史をはじめ、カロリーや栄養素、美味しさを引き出す薬味やタレなどについても言及している。にんにくやしょうが、玉ねぎなど独特の臭みを消す薬味と合わせれば、淡泊な馬肉をペロリと食べられるので、ぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!

3. 馬刺しの作り方

馬刺しと一口にいっても、馬肉にはさまざまな部位があり、それぞれ馬刺しとしての名称が異なる。一頭につきわずかしかとれないコラーゲンたっぷりの部位「たてがみ」や、あばらの3層になっている部位の肉「ふたえご」、馬刺しとして最もスタンダードな「赤身」など、それぞれについて詳しく解説している。さらに、自宅で馬刺しを楽しむ際の上手な盛り付け方や、馬肉を食べる際の注意点など、衛生上忘れてはならないことについてもこの記事で知ることができるだろう。
この記事もCheck!

4. 馬刺しの解凍、保存方法

馬刺しを自宅で食べたい!と思ったとき、なかなか近所のスーパーなどでお目にかかれないという人も多いだろう。そんなときはネットでお取り寄せするという選択肢がある。この記事では、冷凍真空パックで送られてきた馬肉の上手な解凍方法や、適切な保管の仕方などについてご紹介している。生肉のまま食べるのが至高の馬肉だが、その管理はデリケートだ。余ってしまった場合には再冷凍などはせず、加熱して食べるよう心がけてほしい。
この記事もCheck!

5. 馬刺しのルーツやメリット

実は馬肉を生で食べるのは日本だけ。この記事では、日本人が縄文時代に馬肉と出会い、熊本藩主の加藤清正が馬刺しとして世に広めるまでの経緯を解説。また、馬肉の高たんぱくかつ低カロリーな食材としてのメリットや、なぜ馬肉は生食ができるのかという豆知識についてもわかりやすく紹介している。牛や鶏では味わえない極上の生肉の食感を楽しもう。
この記事もCheck!

結論

馬刺しは馬肉を美味しく食べるために日本人が編み出した独特の食べ方だ。栄養価も高く、かつ低カロリーでダイエットの観点から見てもうれしいことだらけ。しかし地域によってはそう気軽に手に入るものではないため、信頼できる業者からネットなどで取り寄せたうえで適切な方法で解凍、料理するのがよいだろう。紹介した記事の豆知識とともに、馬刺しのとろける美味しさをたっぷり堪能してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >