このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
馬肉の食べ方を6種類解説!馬刺しの作り方と美味しい食べ方も紹介!

馬肉の食べ方を6種類解説!馬刺しの作り方と美味しい食べ方も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2021年3月 9日

熊本名物として知られている「馬肉」。一般的に生で食べる馬刺しが有名であるが、実は焼き肉や鍋料理などにすると全く異なる味わいを楽しむことができる。そこで今回は馬刺しをはじめとする馬肉の美味しい食べ方を紹介する。ぜひ馬肉を手に入れたときにはさまざまな方法で美味しく食べよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 馬肉とは?

馬肉(桜肉)とは、食肉用の馬の肉のことである。牛肉や豚肉などに比べると筋線維が太くて、お肉自体も赤い見た目をしているのが特徴。また、たんぱく質量が多くて、脂質量は非常に少なくなっている。肉質は非常に柔らかくて、味わいはほのかな甘みを感じられる。普通のスーパーではあまり目にしないが、最近は神戸物産が運営している「業務スーパー」などで冷凍馬肉が手に入るようだ。

馬肉の部位には何がある?

馬肉にもほかの食肉と同じように色々な部位がある。スネ・モモ・ロース・バラ・ネックなど牛と同じような部位も多くあるが、「フタエゴ(バラ肉の下にあるお肉)」や「タテガミ(首筋にあるお肉)」のように馬だけにしかない部位もある。また、馬肉は基本的には赤身が多いが、部位によっては脂質が多いなどの違いもある。食感や味わいもそれぞれ異なるので、いろいろな部位を楽しもう。

2. 馬肉料理の定番「馬刺し」の作り方と食べ方

馬肉を美味しく食べたいなら、まずは馬刺しを作ってみよう。馬刺しであれば、馬肉本来の食感や甘みなどを楽しむことができる。なお、馬刺しを作るときは、必ず生食用の馬肉を使うようにしよう。また、馬刺しを作ったら早めに食べ切るようにしよう。

美味しい馬刺しの作り方

  • 玉ねぎは薄くスライスして水に浸けておく
  • 冷凍馬刺しは半日前に冷蔵庫に移し自然解凍する
    ※急ぎの場合は5~10分程度流水解凍するとよい
  • 赤身は肉目に対して垂直に3~5mm幅で切る
    ※霜降りはサシに対して垂直に3~5mm幅で切る
  • お皿にスライスオニオン・大葉・馬刺しの順に盛り付ける
  • 最後に薬味として生姜と青ネギを乗せたら馬刺しの完成

美味しい馬刺しの食べ方

新鮮な馬刺しはそのまま食べても美味しいが、基本的には甘口醤油などで食べることが多くなっている。一般的な「濃口醤油」でも美味しく食べられるが、せっかくなら熊本県などで食べられているように甘口醤油を使ってみよう。また、お皿に盛り付けたスライスオニオン・大葉・生姜・青ネギなどと一緒に食べても美味しい。なお、薬味を使いすぎると馬肉の風味が弱まるので注意しよう。

3. 馬刺し以外の馬肉の美味しい食べ方5選

馬肉料理の定番といえば馬刺しであるが、馬刺し以外にも馬肉の使い道はさまざまある。そこで馬刺し以外の美味しい馬肉料理についても紹介しておこう。なお、火を通さない馬肉料理の場合は、必ず生食用の馬肉を使うようにしよう。

その1.馬肉のカルパッチョ(生馬肉)

生食用の馬肉を使って、馬肉のカルパッチョを作るのもおすすめだ。作り方は簡単で、薄切りにした馬肉をお皿に盛り付けてから、かいわれ大根をトッピングする。その上にオリーブオイル・バルサミコ酢・醤油・コショウ・おろしニンニクを合わせた調味料を乗せて、仕上げに粉チーズをふりかければ完成だ。サッパリとした味付けとなっており、ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもピッタリだ。

その2.馬肉のタタキ(生馬肉)

ブロック状の馬肉の表面をフライパンで焼いて、馬肉のタタキにしても美味しく食べられる。また、フライパンで焼くときにバターやオリーブオイルなどを使うと、違った香りや味わいを楽しめるようになる。タタキにした馬肉は馬刺しと同じようにスライスして、お皿に盛りつけよう。甘口醤油で食べるほか、柚子胡椒やからし醤油などで食べても美味しいのでぜひ試してみよう。

その3.馬肉のユッケ(生馬肉)

生食用の馬肉を使って、馬肉のユッケを作ってみるのもいいだろう。トロトロの黄身と合わさった馬肉は非常にマイルドな味わいで美味しい。ユッケの作り方は、細切りにした馬肉と刻んでおいた小ネギを和える。それから、お皿に馬肉を盛り付けて、中央を凹ませて卵黄を落とす。最後にゴマ油・砂糖・酒・醤油などで作った特製タレをサッとかけるというもの。馬肉料理の中でも人気の一品だ。

その4.馬肉のステーキ

馬肉は生で食べても美味しいが、火を通したら別の味わいを楽しめる。火を通す料理はいくつかあるが、おすすめは馬肉のステーキだ。馬肉を適当な厚みにスライスしたら、しっかりと水分を拭き取っておく。それから塩コショウをして、フライパンで両面を焼いていこう。その後、両面に焼き色が付いたらアルミホイルで包んで中まで火を通せば完成だ。ジューシーな馬肉のステーキを楽しもう。

その5.サクラ鍋

馬肉を使った鍋料理の「サクラ鍋」を作るのもおすすめだ。地域によって作り方は異なるが、基本的には鍋に馬肉の脂を溶かしてから馬肉とごぼうを炒める。それから水・味噌・日本酒・みりん・砂糖を加える。その後、ニンジン・キャベツ・長ネギ・キノコ・しらたきなどを入れればサクラ鍋の完成だ。味噌と馬肉の相性はよく、体の芯から温まる一杯を楽しむことができる。

結論

馬肉を使った料理には定番の「馬刺し」以外にも、ユッケ・ステーキ・サクラ鍋などさまざまなものがある。いずれも美味しい食べ方なので、ぜひ馬肉を手に入れた際にはいろいろな料理に挑戦してみよう。なお、普通のスーパーで馬肉が見つからないなら、ネット通販などを利用するのもおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年3月16日

  • 更新日:

    2021年3月 9日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ