このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【かつおのたたき】に合う献立とは?副菜・汁物・アレンジ方法を紹介

【かつおのたたき】に合う献立とは?副菜・汁物・アレンジ方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年2月 3日

高知の郷土料理「かつおのたたき」は簡単に作れてごはんが進むおかずだ。副菜やスープを上手に組み合わせてバランスのよい献立に整えれば、食卓の定番料理として活躍すること間違いなし。今回はかつおのたたきを中心とした和風の献立を考えてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かつおのたたきと食べたい副菜

かつおのたたきは魚(かつお)と薬味(ネギやみょうが)で成り立つシンプルな料理である。魚でたんぱく質は摂れているが、野菜がやや不足している。不足している野菜は副菜で補うとよい。またタレの味と副菜の味付けが被らないようにするのもポイント。ポン酢など酸味のあるタレを使用する場合は、甘辛い味付けや出汁のきいた優しい甘さにするとよい。異なる食材や味付けを使用した副菜を2種類組み合わせると、より豪華になる。常備菜にもなる副菜を紹介しよう。

甘辛い味付けの副菜

きんぴらごぼう、れんこんきんぴら、キャベツの塩昆布和え、カボチャの煮物など

出汁のきいた副菜

ほうれんそうのお浸し、筑前煮、ナスの煮浸し、切り干し大根の煮物など

2. かつおのたたきに合うスープ

かつおのたたきは汁気のないおかずのため、献立にスープがあるとバランスがよくなる。和風の主菜と副菜に合わせて、スープも和風のものを選ぶとよい。昆布やいりこの出汁をベースに、味噌か醤油のいずれかで味付け。具材の選び方でバリエーションはかなり広がる。あえて洋風や中華風のスープを組み合わせても献立に変化が生まれて楽しい。
また、具材を工夫することで、副菜だけでなくスープでも栄養を補うことができる。かつおのたたきの量が少ない場合は豚汁やけんちん汁など、具だくさんでたんぱく質も摂れるスープを組み合わせよう。

味噌味のスープ

  • 切り干し大根と豆腐の味噌汁
  • なめこ汁
  • わかめと油揚げとかぶの味噌汁
  • ナスの味噌汁
  • 豚汁

醤油味のスープ

  • かきたま汁
  • あさりのすまし汁
  • えのきと白菜のすまし汁
  • 豆腐とわかめと大根のスープ
  • けんちん汁

洋風・中華風のスープ

  • かぶとコーンとベーコンのコンソメスープ
  • しいたけとにらの中華スープ
  • 中華風コーンスープ

3. かつおのたたきはアレンジできる

かつおのたたきはそのままでも献立のメインになるが、作り過ぎた場合やマンネリ化した場合にはアレンジもできる。アレンジの仕方を知っているだけで献立の幅も広がるため、ぜひおさえておこう。

主菜としてアレンジする場合

タレの味を変えるだけでも十分アレンジになる。韓国風のピリ辛タレやネギ塩タレなどで、いつものかつおのたたきと違った味付けを楽しもう。また、手を加えることでまったく違った料理にアレンジすることもできる。下味をつけたかつおのたたきに片栗粉をまぶして油で揚げれば竜田揚げになるし、甘辛く煮れば角煮になる。このように加熱するアレンジは、かつおのたたきを翌日以降に食べる場合におすすめだ。竜田揚げや角煮など甘辛い味にアレンジした場合は、副菜を酢の物やサラダなどさっぱりとしたものにするとよい。

副菜としてアレンジする場合

かつおのたたきの量が少ない場合など、メインにするには物足りないときは副菜に使うとよい。水菜やトマトなどのサラダに加えたり、玉ねぎとともにマリネにしたりすると美味しく食べられる。副菜としてアレンジする場合、肉や大豆製品、卵などたんぱく質が摂れる食品を使った主菜やスープを献立に加えよう。

ごはんものにもアレンジできる

白いごはんにかつおのたたきをのせてタレをかけるだけで、かつおのたたき丼になる。休日のランチメニューなどにぴったりだ。副菜やスープを加えれば立派な献立になる。

結論

かつおのたたきと白いごはんはとても相性が良い。さらに副菜とスープで足りない栄養素を補い味のバランスを整え、彩りも加えることができれば満足度の高い献立になるだろう。売られているかつおのたたきを切って盛り付けるのであれば、副菜やスープに力を入れられる。献立のさまざまなパターンをおさえておき、変化を楽しんでほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ