このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ケバブ】を自宅で作る方法とは?作り方や保存方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年2月 2日

肉を堪能できるケバブ。トルコでは焼肉料理の総称として使われるほどポピュラーな料理である。日本では専門店や移動販売車などで購入ができるため、ハンバーガーやピザといったファストフード的存在のイメージではないだろうか。実はこのケバブ、家でも美味しく作ることができるのだ。ケバブに使われる肉の種類やケバブの調理方法、さらに保存方法に関する記事をまとめて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ケバブ作りに使用するのは何肉?

ケバブのメニューには、鶏肉を使ったチキンシシケバブ、鶏肉・牛肉・ラム肉を一度に楽しめるミックスケバブといったさまざまな種類の肉を使って調理されたものがある。しかし、なぜか豚肉は例外として使われていない。これは、ケバブの本場であるトルコはイスラム教徒が多く生活をしており、豚が不浄な動物として扱われているためである。そのせいか、日本の飲食店でも豚肉を使ったケバブを見るのは珍しい。そのため、自宅でケバブを調理するなら好きな肉を選べばよいので豚肉を使うのもアリなのである。

この記事もCheck!

2. ケバブの簡単レシピ

肉のジューシーさと野菜のシャキシャキがコラボレーションして絶品のケバブ。昼食や小腹を満たすにはピッタリのメニューだろう。このケバブ、屋台などの店で購入するものとイメージしていないだろうか。実は自宅でもトースターで簡単に作ることができるのだ。材料はケバブにする肉(牛肉・鶏肉が作りやすい)・食パン・トマト・キャベツに、ソースに使うマヨネーズ・ケチャップ・チリパウダー・砂糖・オリーブオイルが主なものだ。

1.食べやすい大きさにカットした肉をボウルに入れ、チリパウダーと塩を加えてしっかりもみ込む。
2.トースターの天板に、アルミホイルを敷いてオリーブオイルを伸ばしたら肉をのせて焼く。火が通ればOKだ。
3.ボウルにソースの材料をすべて入れ、混ぜ合わせておく。
4.耳を切り落とした食パンをめん棒で薄く伸ばし、トースターで焼き目がつくまで焼く。
5.千切りにしたキャベツ、スライストマト、肉をサンドしてソースをかけたら完成だ。

ちなみに、このケバブは白ごはんにのせて食べても美味しい。自分好みにアレンジしても楽しめそうだ。

この記事もCheck!

3. ケバブと相性のいいソースとは?

次にケバブのソースについて紹介しよう。一般的なケバブには、甘口マイルドソース・中辛ミックスソース、辛口ホットソースが親しまれているが、そのほかにもオリジナルに富んだソースで楽しむことができる。実はヨーグルトソースもケバブと相性がよく、店でもよく使われているのだ。プレーンヨーグルト・キュウリ・塩こしょう・ニンニク・レモン汁を混ぜ合わせれば、自宅でも美味しく作れるのでぜひ試してもらいたい。
この記事もCheck!

4. ケバブのカロリーと栄養素

気になるケバブのカロリーだが、トルコで主流であるマトンやラムを使ったケバブの場合だと平均300~350kcalくらいのようである。日本で親しまれている牛丼やビーフカレーといった料理と比べれば、ケバブはわりと低カロリーなほうといえるだろう。しかし、日本では牛肉や鶏肉を使うことも多いため、必然的にカロリーは異なる。ダイエット中の場合は鶏肉のケバブを選ぶなどして注意をしよう。また栄養素については、タンパク質やビタミン、脂質などの栄養素が含まれる肉と、リコピンやビタミンC・Aなど数多くの栄養素を含む野菜で形成されているため栄養は満点だ。
この記事もCheck!

5. ケバブの冷凍保存方法と解凍術

ケバブには風味を落とさずに冷凍保存をする方法がある。店で購入したものであれば、ひとつずつ小分けにしてラップで包み、密閉できる保存袋に入れて冷凍庫に保存しておこう。一方、家で作る場合は下味をつけた状態で肉を冷凍保存するのがおすすめだ。こうしておくことで細菌の繁殖を抑えることができ、作りたてのケバブを楽しむことができるからである。この場合も、小分けにしてラップで包み、保存袋に入れて冷凍庫に保存しておけば完了だ。ちなみに解凍方法だが、理想は風味を損なわないために冷蔵庫で解凍もしくは流水でゆっくりと解凍してほしい。しかしこの方法だと時間が掛かってしまい、小腹が減ったときなどには適していないため電子レンジで解凍してもよいだろう。
この記事もCheck!

結論

ケバブは身近な食材でトルコ料理を楽しめるフードメニューだ。下味をつけて冷凍保存をしておけば作り置きも可能なので、いざというときに便利だろう。さまざまな種類のソースを作り、家族や仲間とケバブパーティーをしても楽しそうだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ