このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【フラペチーノ】の作り方とは?材料や下ごしらえの方法も解説

【フラペチーノ】の作り方とは?材料や下ごしらえの方法も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年2月13日

子どもからも大人からも人気のあるフラペチーノの作り方を紹介する。フラペチーノは、自宅でも少ない材料で手軽に作れて美味しく味わえる。紹介するのはインスタントコーヒーを使用するフラペチーノとストロベリー味、きなこ味、キャラメル味、市販のアイスを使って作る方法だ。外で飲むと500円近くするが、自宅で作れば200円くらいで済むのでぜひ試してもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フラペチーノ作りに必要な食材の選び方

最初に紹介するのはフラペチーノ作りに必要な食材の選び方だ。

コーヒー味のフラペチーノの材料

インスタントコーヒーを使用して作るフラペチーノに必要な食材は、牛乳・インスタントコーヒー・ガムシロップ・氷・ホイップクリーム・チョコレートだ。牛乳は生乳を使用してもよいし、カロリーオフして作りたい人は低脂肪乳を使っても構わない。

ストロベリー味のフラペチーノの材料

ストロベリー味のフラペチーノ作りに必要な食材は、イチゴジャム・牛乳・生クリーム・砂糖・氷だ。好みでトッピングにイチゴをのせてもOK。

キャラメル味のフラペチーノの材料

キャラメルフラペチーノは、牛乳・インスタントコーヒー・キャラメルソース・ガムシロップ・ホイップクリームを用意。

市販のアイスで作るフラペチーノの材料

市販のアイスを使用してフラペチーノを作る場合は、シャーベット状のチョココーヒーアイスとインスタントコーヒーを用意する。きなこ味のフラペチーノは、きなこ・バナナ・牛乳・はちみつ・氷を用意すればOK。

2. フラペチーノの下ごしらえ

次にフラペチーノの下ごしらえについて紹介しよう。

グラスを冷やし氷を細かくする

とくに暑い季節はあらかじめグラスを冷蔵庫で冷やしておくと、いずれのフラペチーノも冷たいまま美味しく飲めるようだ。また氷は細かくしておくとミキサーで手軽に撹拌できる。

味別の下ごしらえ

  • コーヒーフラペチーノの下ごしらえは、チョコレートを刻んでおくこと。
  • ストロベリー味のフラペチーノに使用するイチゴジャムは、ストローで飲むとき詰まる可能性があるので果肉が少ないものを用意してほしい。もし果肉が大きければイチゴジャムのみを先にミキサーにかけソース状にしておけばOK。
  • きなこはとくに下ごしらえの必要はない。
  • 市販のアイスを使用する場合は、冷凍庫から出してすぐに使うとかたいので使用する1~2分前くらいに出しておく。
  • キャラメルフラペチーノは、あらかじめ牛乳を製氷皿に入れて凍らせ、氷牛乳を作っておけばOK。

3. フラペチーノの簡単な作り方

最後にフラペチーノの作り方を紹介しよう。

コーヒー味のフラペチーノの作り方

  • コーヒーフラペチーノは、ミキサーに牛乳・インスタントコーヒー・ガムシロップを入れてまわす
  • 氷を加えさらにミキサーをまわす
  • 最後に撹拌したものをグラスに注ぎ、ホイップクリームを絞りチョコレートを散らしたら完成。

ストロベリー味のフラペチーノの作り方

  • 牛乳・生クリーム・砂糖・氷をミキサーにかける。
  • 全体的にみぞれ状になるまでよく撹拌したら、イチゴジャムと撹拌したフラペチーノをグラスに交互に入れていく。
  • 最後にピンと角が立つほどホイップした生クリームを絞れば完成だ。好みでイチゴをのせると見ためが華やかになるだろう。サッパリと味わいたいなら生クリームを入れず牛乳のみで作っても美味しい。

キャラメル味のフラペチーノの作り方

  • 下ごしらえしておいた氷牛乳やインスタントコーヒー・キャラメルソース・ガムシロップをミキサーに入れ撹拌する。
  • あとはグラスに注ぎホイップクリームを絞り、キャラメルソースをまわしかければ完成だ。

きなこ味のフラペチーノの作り方

  • きなこ・バナナ・牛乳・はちみつ・氷をミキサーに入れ、氷が完全に砕けるまで撹拌する。
  • 味をみて甘みが足りなければ砂糖を加える。
  • 味が調ったらグラスに注ぎ生クリームをのせ、きなこを散らせば完成だ。

市販のアイスのフラペチーノの作り方

  • 冷凍庫から出しておいたアイスをグラスの中に入れる。
  • あとはインスタントコーヒーを入れよく混ぜたら完成だ。好みで生クリームをのせても美味しい。

結論

フラペチーノの作り方を紹介した。ほかにも抹茶味やブルーベリー味、ほうじ茶風、リンゴジャム味など、さまざまな味を再現できる。フラペチーノ好きの人は、試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ