このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生姜焼きには何を添える?相性バツグンの定番つけ合わせをチェック!

生姜焼きには何を添える?相性バツグンの定番つけ合わせをチェック!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月27日

いい香りが食欲をそそる豚肉の生姜焼きは、大人も子どもも大好きなメニューのひとつだ。調理方法も簡単なのでよく作るものの、つけ合わせがマンネリになりがち…などということもあるかもしれない。生姜焼きと相性バツグンの定番つけ合わせをいくつかピックアップしてみたので、ぜひ献立を考える際の参考にしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一緒に炒めて時短に、生姜焼き×もやし炒め

さっと作れるので調理の時短にもなるのが、もやし炒めである。

・もやしの種類

もやしを購入する際、種類などを気にせず何気なく選んでいる人もいるのではないだろうか?実は、もやしには大きく分けて「緑豆もやし」「ブラックマッペもやし」「大豆もやし」の3つの種類があり、それぞれ栄養価なども微妙に異なる。このうち、よく目にするのは「緑豆もやし」だが、おすすめは先端に豆がついた「大豆もやし」である。大豆もやしはほかの2種類よりもビタミンEやミネラルが多く含まれているので、栄養価が高いのが特徴だ。

・フライパンひとつで簡単調理

もやし炒めと生姜焼きを一緒に作れば、フライパンを洗う手間なども省けるのでおすすめである。油をひいたフライパンで、ややしんなりするまでもやしを炒めたら、いったん取り出そう。そこにもう一度油をひき、しょうが汁に浸した豚肉を焼く。両面がこんがり焼けたら、フライパンにスペースを作り、先程のもやしを戻し入れよう。最後に合わせ調味料を加え、サッと全体に味が絡めば完成である。

2. 栄養面も重視、生姜焼き×野菜

もやし以外にも、生姜焼きのつけ合わせとしておすすめの野菜はいろいろとある。その一例を見てみよう。

・キャベツ

生姜焼きのつけ合わせ野菜として、キャベツの千切りを添える人も多いだろう。キャベツにはキャベジン(ビタミンU)という特徴的な栄養素が含まれている。この成分には胃の働きを助ける効果もあるとされている。脂っこい豚肉とキャベツを一緒に摂ることは、理にかなっているのである。

・ねぎ

長ねぎや玉ねぎを炒めたものを、生姜焼きに添えるのもおすすめだ。ねぎにはアリシンという成分が含まれており、このアリシンには、豚肉が豊富に含むビタミンB1の吸収をよくする効果があるとされている。ねぎは生姜焼きにぴったりのつけ合わせ野菜といえるだろう。

3. 相性バツグン、生姜焼き×ポテトサラダ

ポテトサラダも、生姜焼きのつけ合わせとして定番の一品だ。じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱してもビタミンCが壊れにくいという特徴がある。よって、ポテトサラダにしてもビタミンCは失われない。生姜焼きの相棒にうってつけなのである。

いつものポテトサラダに少し変化をつけたい場合は、お酢と砂糖を少し加えて、さっぱり味に仕上げるのもおすすめだ。生姜焼きがこってりしている分、いい口直しになる。そのほかに、カレー粉やヨーグルトなどを加えるなど、毎回違った味にするのもいいだろう。

4. さらにガッツリ、生姜焼き×そのほかのおかず

生姜焼きに添えるもう一品として、サラダなどではなく、おかず類を合わせてもよい。

・きんぴらごぼう

にんじんとごぼうで作る甘辛いきんぴらごぼうは、ごはんがますます進むおかずである。生姜焼きに使った豚肉を少量加えて、食べごたえを出すのもおすすめだ。

・あさりと長ねぎのにんにく蒸し

あさりと長ねぎににんにくを加えて、蒸し焼きにしたおかずはいかがだろうか。あさりにはカルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれている。また先にも説明した通り、ねぎはもちろん、にんにくにも豚肉に含まれるビタミンB1の吸収をよくするとされるアリシンが含まれているのが特徴だ。

結論

生姜焼きにぴったりの野菜やおかずはいろいろとある。ちなみにいつもの生姜焼きに飽きてきたら、トマトやアボカドなどを加えてアレンジするのもおすすめだ。生姜焼きの調理方法やつけ合わせのバリエーションを増やして、食卓の脱マンネリを図ってみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ