このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【生姜焼き】作りのコツをまとめて伝授!下準備の方法から保存方法まで

【生姜焼き】作りのコツをまとめて伝授!下準備の方法から保存方法まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月18日

生姜焼きは、家庭料理の定番レシピのひとつである。生姜を加えた醤油ダレで豚肉を炒めるシンプルな料理だが、自宅で食べる生姜焼きに比べて、店で出された生姜焼きの旨さに驚いた経験はないだろうか。あのプロの味を出すためには、下準備のコツやタレの作り方、付け合わせのアレンジ方法などをマスターすることが先決である。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚の生姜焼きの種類と下準備のポイント

一口に豚の生姜焼きといっても、2種類に大別される。ひとつは、マリネ液に漬け込んだ豚肉を焼くタイプ。そして、もうひとつはマリネ液を使用せず、焼く段階でタレと絡めるタイプである。当記事では、やわらかい食感かつ強い旨みが特徴のマリネ液に漬けてから焼くタイプの生姜焼きを取りあげた。肉をやわらかくするための下準備のコツや美しい焦げ目を付ける方法などを詳しく解説している。
この記事もCheck!

2. 生姜焼きの旨さの秘訣はタレの黄金比にアリ!

豚の生姜焼きの味の決め手はタレにあるといっても過言ではない。タレの黄金比は、酒・しょうゆ・みりん=1:1:1。ここに同量のおろし生姜をプラスすればタレの完成だ。より簡単にタレを作りたいなら、めんつゆの活用がおすすめ。4人分のタレを作る場合は、100mlの2倍濃縮めんつゆに大さじ1のおろし生姜を加えるのがベストの割合である。
この記事もCheck!

3. 生姜焼きに使える調味料とかさ増しテク

生姜は生姜焼きに欠かせない材量のひとつだ。しかし生の生姜をすりおろす作業には、時間や手間を要する。そこで時短に役立つのが市販の生姜チューブである。ただし、生姜焼き作りには大量の生姜を消費するため、150g以上入った大容量タイプの生姜チューブが便利だ。生姜焼きのかさ増し食材としては、たまねぎがおすすめである。
この記事もCheck!

4. 生姜焼き用としゃぶしゃぶ用の豚肉はどう違う?

スーパーなどで販売されている豚肉は、部位別・加工法別にいくつかの種類がある。生姜焼き用の豚肉は、薄切り肉のカテゴリではあるものの、約2mm以上の厚みがあるのが特徴だ。販売店によって違いはあるが、生姜焼き用の豚肉より薄くスライスされたものは薄切り肉として、さらに厚さ1mm以下と極薄くスライスされたものはしゃぶしゃぶ用として販売されている。
この記事もCheck!

5. 丼で食べる生姜焼きの魅力!

生姜焼きは丼の具材としても最適である。生姜焼き丼にする場合は、丼に盛ったごはんの上に、千切りキャベツをのせ、その上に生姜焼きをのせるのが定番だ。さらに温泉卵やチーズをトッピングすると、まろやかさがプラスされ美味である。とくにおすすめなのが、大根おろしをのせた「おろし生姜焼き丼」。さっぱりかつヘルシーに仕上がる絶品アレンジである。
この記事もCheck!

6. 生姜焼きと相性バツグンの定番付け合わせとは?

生姜焼きの相棒といえばキャベツの千切りが定番だ。キャベツには、胃の働きを助ける効果があるとされる栄養素「キャベジン」が含まれている。そのため油分の多い生姜焼きとキャベツを一緒に食すことは、消化の面でもメリットがあるのだ。またポテトサラダやきんぴらごぼうなども生姜焼きの付け合わせに適している。
この記事もCheck!

7. 生姜焼きをやわらかく仕上げるためのコツは?

生姜焼きはタレを絡ませた豚肉を焼くというシンプルな料理だが、プロのようにやわらかくジューシーに仕上げることはなかなか難しい。プロの味に近付けるためには、肉の筋を切る・肉に片栗粉をまぶす・焼く前の肉に塩分&糖分を付けないなどの下準備が大切だ。また焼きの工程では、冷たいフライパンに肉をのせてから火を点けるのがポイント。ゆっくりと加熱することにより、肉の縮みを防ぐことができるのだ。
この記事もCheck!

8. 生姜焼きの正しい保存方法と解凍方法

調理前の生姜焼きは、豚肉の表面に付着している水分をキッチンペーパーなどで拭き取り、タレに漬けたものを保存袋に入れれば冷凍保存可能である。また調理済みの生姜焼きの場合は、粗熱が取れたものをタレと一緒に保存袋または保存容器に入れて冷凍保存すれば
OK!冷凍保存であれば、約1ヶ月程度は保存可能だ。調理前の生姜焼きの解凍方法については、基本的に食べる日の前日に冷蔵庫に移し、冷蔵解凍させるのがおすすめである。
この記事もCheck!

結論

生姜焼きは、家でも手軽に作ることができる人気のレシピだ。タレの黄金比や肉をやわらかくするためのコツ、豚肉を硬くしないための焼き方などをマスターして、ぜひ自宅でプロも驚く絶品生姜焼きを作ってみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ