このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アスパラガスの下ごしらえや皮むき、茹で方の方法は?コツを掴んで100倍美味しく食べよう

アスパラガスの下ごしらえや皮むき、茹で方の方法は?コツを掴んで100倍美味しく食べよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年4月 2日

アスパラガスは、サラダに炒め物、付け合わせやスープにと、どんな料理にも合う便利な野菜だ。ただし、アスパラガスが固かったり皮の繊維が噛みきれなかったりした経験はないだろうか。アスパラガスを美味しく食べるには、茹で時間と準備にちょっとしたコツがいる。ここでは、アスパラガスの下ごしらえと茹で方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アスパラガスの下ごしらえの方法

アスパラガスは下ごしらえをすることで、食感がよくなり美味しく食べられる。下ごしらえは面倒と思われがちだが、コツを押さえればスムーズにできるようになるので知っておこう。まず、水洗いした後、固い部分を折って取り除く。アスパラガスの中央を持ち、根元側を弓なりに折り曲げるとポキッと折れる所がある。目安としては根元から1/4くらいの場所だ。折らずに、アスパラガスの根元から1cm程度を切り落としてもよい。
次に、茎にある三角形のハカマ部分を包丁やピーラーで削ぎ取ろう。ハカマは取らなくても食べられるが、下ごしらえの段階で取った方が口当たりと見栄えがよくなる。根元に近い方がハカマも固くなるため、ピーラーで皮といっしょに取り除くと簡単だ。包丁を使う場合は、包丁の刃をハカマの根元部分に引っかけ、剥がすようにすると取り除ける。

2. アスパラガスの皮むきのコツ

アスパラガスは、切り落とした根元から3cm程度を皮むきするのがコツだ。根元に近い部分の皮は固くて食べにくいため、あらかじめ取り除く。根元の皮むきは、アスパラガスの口当たりがよくなり食べやすくなるためのコツとなる。アスパラガスの皮むきはピーラーが便利だ。アスパラガスをまな板に置き、穂先側を押さえ、ピーラーで根元側の皮をむく。このときのコツは、茎の白い部分が見えるくらいまで薄めに皮むきすることだ。旬の時期、新鮮でやわらかいアスパラガスはそのまま調理しても問題ない。

3. アスパラガスの茹で時間

下ごしらえがすんだアスパラガスは、鍋やフライパンを使って塩茹でしよう。塩の量は、湯量の1%程度が目安だ。茹でる際に塩を入れると、緑色が鮮やかになり下味もつく。沸騰したら、アスパラガスの根元から湯に入れていこう。30秒くらい経ったら、倒すように全部を入れて茹でる。途中でアスパラガスの向きを返すと、ムラなく火が通り固さが均一になる。
茹で時間の目安は、一般的な太さ(約12mm)で1分半~2分だ。アスパラガスの細さによって火の通り具合が違うため、茹で時間は調整しよう。太め(約18mm)のものは30秒ほど追加し、細め(約8mm)のものは30秒ほど短くするのが目安だ。根元から5 cm~6cmの部分に竹串を通し、スッと通るか確認しよう。シャキシャキした食感にしたい場合は、竹串が少し引っかかる程度でもよい。アスパラガスを入れ、いったん下がった湯が再沸騰すると、どんどんアスパラガスに火が入りやわらかくなっていく。再沸騰したら、茹で時間とともに固さもこまめにチェックしよう。
茹で上がったアスパラガスは、ザルにとって粗熱を取る。彩りよく仕上げたい場合は、冷水に入れて色止めして冷ますとよい。

4. アスパラガスを電子レンジで加熱する方法

アスパラガスは電子レンジで柔らかくすることもできる。下ごしらえがすんだアスパラガスを水に通して濡らし、耐熱皿に並べてラップをする。あらかじめ調理するサイズにカットしておくとよいだろう。500ワットの電子レンジで、1分30秒~2分加熱し、固いようなら10秒ずつ追加して様子をみよう。ラップはふんわりとかけ、加熱後すぐにラップを取らずに粗熱を取ることが、アスパラガスを電子レンジで茹でるコツとなる。アスパラガスを少量だけ茹でたいとき、電子レンジは手軽で便利だ。

結論

アスパラガスを美味しく食べるには、下ごしらえと茹で時間が要だ。固い部分とハカマを取り除き、適度に皮をむくことで筋っぽさがなくなり食べやすくなる。面倒と思われがちだが難しくはないので、ぜひ、ひと手間かけて美味しくいただこう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >