このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

これを見ればアスパラガスマスター!美味しく食べるためのコツ大特集

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年11月24日

アスパラガスは、調理法によって風味や食感を変えて楽しめる食材だ。魚介や肉、野菜とどんな食材とも相性がよいので、メイン料理や副菜などさまざまなメニューに応用がきく。そんな万能食材のアスパラガスだが、美味しいアスパラガスの見分け方や栄養などを知らずに購入してはいないだろうか。そんなあなたのために、アスパラガスを美味しく食べるための知識をまとめてみた。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アスパラガスの種類と選び方

アスパラガスの栽培が本格的に始まったのは大正時代。当時はホワイトアスパラの缶詰が主流だった。グリーンアスパラガスを食べるようになったのは、昭和40年頃と意外と歴史が浅い。アスパラガスには、グリーン・ホワイト・紫・ミニと旬や味わいの異なる種類がある。穂先がまっすぐ伸び、切り口が丸いものなど、色・形・切り口・触った感触で選別すると、旬の美味しいアスパラガスを堪能できるだろう。
この記事もCheck!

2. グリーンアスパラとホワイトアスパラの違い

ホワイトアスパラガスがグリーンアスパラガスと異なる点は、太さや栽培方法。グリーンアスパラガスが緑色になるのは、太陽光を浴びて育てられることで葉緑素が作られるからだ。対してホワイトアスパラガスは、光をシャットアウトして作られるため白くなる。直射日光で育てられたグリーンアスパラガスはカロテンやビタミン、葉酸などの栄養をたっぷり含んでいるため栄養価が高い。疲労回復効果が期待できるアミノ酸のアスパラギン酸はアスパラガスに豊富に含まれていることから、その名が付けられたとされている。
この記事もCheck!

3. アスパラガスの料理に合わせた正しい切り方

アスパラガスをより美味しく食べるには、下ごしらえや切り方に気を配ろう。汚れや残留農薬を落とすために、アスパラガスは流水で
30秒以上洗ってほしい。皮をむくときは、繊維の固い根元を約1cm切り落としたのち、穂先を残してピーラーでむこう。ピーラーでも包丁でもカットできるが、切り方によって食感が変わるため調理方法によって使い分けられるようになると料理の幅が広がるだろう。
この記事もCheck!

4. アスパラガスの茹で方

アスパラガスを美味しく食べるには、茹で方にもコツがいる。水洗いして固い部分を取り、根元から約3cmピーラーで皮むきしたら、鍋に湯量の1%程度の塩を入れ、沸騰したら根元から入れて茹でる。茹で時間によって食感が変わるため、好みの食感になったら火を止めてザルにあげよう。アスパラガスを少量茹でたいときは、ラップをふんわりかけて電子レンジで加熱するとよい。
この記事もCheck!

5. アスパラガスの美味しい調理法

アスパラガスは、炒めても焼いても茹でても美味しい万能食材だ。アスパラガスで炒め物を作るときにおすすめの食材は、牛肉。高級な牛肉でなくともアスパラガスと一緒に炒めれば、絶品の炒め物が完成する。アスパラガス本来の素材の味を堪能したいなら、茹でるか焼くがいい。食感も一緒に楽しみたいときは、フライパンで焼くとアスパラガスの甘みが際立ち、塩コショウだけでも十分美味しくなる。
この記事もCheck!

6. アスパラガスの保存・解凍方法

食べきれなかったアスパラガスを保存するときは、鮮度が落ちやすくなるため横にしないようにしよう。また、乾燥も鮮度を落とす原因になるので、湿らせた新聞紙にくるみ保存袋に入れたうえで、冷蔵庫の野菜室に立てて保存してほしい。干したものか茹でたものなら冷凍保存が可能だ。正しい保存方法で保存すれば、どちらも約1ヶ月もつ。冷凍保存したアスパラガスは、凍ったまま調理できるので非常に便利だろう。
この記事もCheck!

7. アスパラガスの上手な育て方と株分け方法

アスパラガスを自家栽培するときは、最初の1年目は株が細いため
2年目以降から収穫することになる。アスパラを増やしたいときは、株分けするとよいだろう。株分けする時期は、5~6月、9月下旬。
深く植え込みすぎると新芽が成長しないので注意が必要だ。雨の多い時期や高温多湿になると、茎枯病・斑点病・褐斑病・疫病といった病気になる場合があるため、栽培環境に気を配るようにしてほしい。
この記事もCheck!

8. ベランダでアスパラガスを栽培する方法

一度植えれば何年も収穫できるアスパラガスは、上手に育てれば約
10年間収穫できるうれしい食材だ。アスパラガスは根株から育てれば、自宅のプランターでも栽培できる。畑で育てるのと違い、植え付け方法に注意したり、追肥や支柱を立てたりと手入れする必要があるが、毎年春が訪れるたびにアスパラガスを収穫する楽しみができるだろう。
この記事もCheck!

結論

サッと焼くだけでも美味しいアスパラガス。選び方や保存方法を知っていれば、絶品のアスパラガス料理を楽しめるだろう。自宅で栽培すれば、アスパラガスにより愛着が湧いてくるかもしれない。今回紹介したアスパラガスの知識を習得して、アスパラガスマスターになってみてはどうだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ