このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ズッキーニのSNS映えレシピ3選。麺にサラダに大活躍!

ズッキーニのSNS映えレシピ3選。麺にサラダに大活躍!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年4月 9日

淡泊でクセがなく、生で食しても腹持ちのいいズッキーニ。近頃は、人参のようにラペになったり、ヌードルとなってパスタ代わりになったりと、ユニークな形での食し方が流行しているそうだ。糖質制限中でも罪悪感なく食せるうえに何より美味しいので、覚えておいて損はなし!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ズッキーニが麺になったズードル

ズッキーニを細長く切って、スバゲティのように食すアイデアは、そもそもローフードのレシピから始まったという。最近ではさまざまなカッターや回転式スライサーが登場し、簡単に麺状にすることができるようになったため、カラフルな料理写真がSNSをにぎわせている。「ズッキーニヌードル」「ズードル」などとも呼ぶらしいが、実際に食すと歯応えがあってなかなか美味しい。週末の昼食など1食をこれに置き換えても満足できそうだ。

このズードルに、さまざまなパスタソースやドレッシングをからめて食すのだが、代表的なのは、バジルペースト。ズードルが同じ緑色のソースをまとった様子はなかなか美的で、思わず写真を撮りたくなるのも納得だ。このほか、トマト仕立てのマリナラソースやブッタネスカソースとの相性もよし、また、タイ風にナンプラーやピーナッツをかけてもよし。カレーパウダーやシーザードレッシングで食してもいいだろう。

もちろんベジタリアンでもなく、生食にもこだわらない場合は、サーモンや卵、ベーコンなどの具材をプラスしたり、軽くソテーしたりしてもいい。あるいは和風の蕎麦やうどん、焼きそば風、カルボナーラ風と、いかようにもアレンジできるところも楽しい。

2. キャロットならぬズッキーニ・ラペ

細切りにすると、ズードルよりもしゃきっとした、ズッキーニのまた違った食感が楽しめる。キャッロット・ラペはデリや総菜店で見かける細切り人参のサラダだが、ズッキーニのラペも絶品。若くて新鮮なズッキーニが手に入ったら、ぜひラペに仕立てて、みずみずしい食感と爽やかな風味を味わおう。

ズッキーニを千切りにしたら、塩胡椒を少々ふって、オリーブオイルと仕上げにレモン汁で味付けは完了。マスタード、オレンジ果汁、ドライトマトなども合う。食べ出すと止まらなくなり、もりもりいただけるので、メタボ世代にとって有効な野菜料理といえそうだ。

3. リボン状で可愛いズッキーニのリボンサラダ

ズッキーニをピーラーを使ってしゅっしゅっと縦にカットしていくと、なんだか可愛いリボン状になる。レモンと蜂蜜、オリーブオイル、塩、胡椒で調合したマリネ液で和えればさわやかな1品に。薄くぺろんぺろんと舌にまといつく感じの食感もやみつきになる。

スモークサーモンやオニオンスライス、アボカド、トマトなどでカラフルに彩るとよりかわいい印象に。リボンのような形を活かして、盛り付けもセンスよくこだわってみたい。

結論

さまざまな切り方によって、こんなにも表情が変わるのは、ズッキーニならでは。どんな形になっても、どんな味付けをされても、変わらぬ美味しさで応えてくれるズッキーニ。何だか、いとおしくなってくる野菜だ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >