このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ラタトゥイユに合う献立を紹介!メイン料理やスープには何が合う?

ラタトゥイユに合う献立を紹介!メイン料理やスープには何が合う?

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年1月17日

南フランス名物の野菜のトマト煮込み「ラタトゥイユ」。オリーブオイルで炒めた野菜を、トマト缶や洋風スープの素で煮込んで作るため、洋食にしか合わないと思っている人もいるのではないだろうか。ところが、ラタトゥイユはどんな料理にでも合わせることのできる万能副菜なのである。今回はラタトゥイユに合う献立について紹介しよう。

  

1. ラタトゥイユの基本をおさらい

ラタトゥイユの献立
ラタトゥイユ(Ratatouille)とは、フランスの南部にあるニース発祥の夏野菜の煮込み料理のことである。ズッキーニ・ナス・パプリカといった夏野菜をオリーブオイルで炒めてから、トマトやニンニク、ハーブなどを加えて煮込んで作るのが一般的だ。また、本場ではパンと一緒に食べたり、肉料理の付け合わせにしたり、パスタソースとして使ったりと、さまざまな食べ方で楽しまれている。

2. ラタトゥイユに合う献立の立て方

ラタトゥイユの献立
夏野菜をたっぷりと使うラタトゥイユだが、たんぱく質やビタミンDなどはやや少ない。また、下準備に時間がかかってしまう。そんな特徴を踏まえてラタトゥイユに合う献立の立て方を確認しよう。

その1.たんぱく質を摂るようにする

ラタトゥイユには野菜類が多く使われているため、ビタミンEやビタミンK、カリウム、食物繊維などは多く含まれている。しかし、肉類や豆類などのたんぱく質食品を使っていない場合は、たんぱく質などが不足しがちになる。そのため、たんぱく質をしっかりと摂れるメイン料理を合わせるとよい。

その2.シンプルに作れる料理がいい

ラタトゥイユの調理時間の目安は簡単なものなら15~20分程度だが、一般的なレシピだと煮込み時間も合わせて30~50分程度となっている。煮込み時間も長いものの、ラタトゥイユにはさまざまな食材が使われるため、下準備に時間がかかることも少なくない。そのため、メイン料理やスープにはシンプルに作れるものを合わせるのがおすすめだ。

3. ラタトゥイユに合う献立~メイン3品~

ラタトゥイユの献立
ラタトゥイユを食べるときには、肉料理や魚料理といったメイン料理を加えるのがおすすめ。特に本場フランスでは肉料理の付け合わせとして食べられることも多く、肉料理と合わせるのがおすすめとなっている。ここではそんなラタトゥイユに合うメイン料理を3種類紹介しておこう。

メイン1.チキンソテー

最初に紹介するラタトゥイユに合う献立メニューは、チキンソテー。油を引いたフライパンで表面をパリッと焼きあげて作るチキンソテーは、野菜のうま味とコクが詰まったラタトゥイユと相性バッチリだ。別々のお皿に盛り付けてもいいし、ラタトゥイユをソースのようにかけても美味しく食べられる。下処理した鶏モモ肉を焼くだけで作れるのも嬉しいポイントだ。

メイン2.ハンバーグ

続いておすすめする献立メニューは、ハンバーグ。ひき肉をこねて作った肉汁たっぷりのハンバーグにも、さっぱりとした味わいのラタトゥイユはマッチする。チキンソテーと同じでハンバーグのソースとしてかけてもいいし、ハンバーグの場合にはラタトゥイユと一緒に煮込んでも美味しい。タネを作るのに少し時間がかかってしまうが、おすすめの献立メニューの一つとなっている。

メイン3.ポークカツレツ

3つ目に紹介する献立メニューは、ポークカツレツ(ミラノ風カツレツ)。サクサクとした食感と豚肉のジューシー感が楽しめるポークカツレツも美味しく食べられる。また、ポークカツレツでも、ラタトゥイユをソースのようにしてかけることが可能だ。揚げ物料理なので油を使う必要があるが、相性はいいのでおすすめの献立メニューの一つである。

そのほかのおすすめメイン料理

・ビーフステーキ
・ローストビーフ
・白身魚のポワレ
・白身魚のフライ など

4. ラタトゥイユに合う献立~スープ3品~

ラタトゥイユの献立
ラタトゥイユを食べるときには、コンソメスープやミルクスープ、キノコのスープといった汁物・スープを用意するのもおすすめだ。ここではラタトゥイユに合うスープを3種類紹介する。

スープ1.オニオンスープ

最初に紹介するのは、オニオンスープ。玉ねぎの甘みとうま味が楽しめるスープで、さっぱりとしたラタトゥイユとも相性がいい。作り方は、鍋でみじん切り(またはスライス)にした玉ねぎを炒めてから、水とコンソメスープの素を入れて煮るだけだ。また、ベーコンなどを加えても美味しくなる。

スープ2.ミルクスープ

次に紹介するのは、ミルクスープだ。さっぱりとしたラタトゥイユとは対照的に、こってりとしたスープを楽しむことができる。ほうれん草やキャベツといった、ラタトゥイユに使われていない具材を使えるのも嬉しいポイントの一つ。クラムチャウダーほど時間をかけたくない人にもおすすめだ。

スープ3.キノコのポタージュ

3つ目に紹介するのは、キノコのポタージュ。コンソメスープの具材としてキノコ類を入れる方法もあるが、よりキノコの味わいを楽しみたいという人におすすめ。ミキサーを使って撹拌するなど少し時間がかかるが、ホームパーティーなどで料理にこだわりたいときにも向いている。

そのほかのおすすめスープ

・ペイザンヌスープ
・ニンニクスープ
・ほうれん草のポタージュ ・ミルクスープ など

5. ラタトゥイユをアレンジするのもおすすめ

ラタトゥイユの献立
メイン料理などを用意するのが大変なら、ラタトゥイユをアレンジして栄養価をアップするのもおすすめだ。ラタトゥイユのアレンジアイデアには、たんぱく質が補える「鶏肉のラタトゥイユ」や「ヒヨコ豆のラタトゥイユ」、ビタミンDなどが補える「キノコのラタトゥイユ」などがある。このような栄養価と美味しさがアップするアレンジに挑戦してみるのもよいだろう。

結論

南フランス発祥のラタトゥイユは、夏野菜をたくさん使ったトマトの煮込み料理である。そんなラタトゥイユには、メイン料理はチキンソテーやハンバーグなどがおすすめで、スープはオニオンスープやキノコのポタージュなどがおすすめとなっている。もしラタトゥイユに合う献立で迷ったら、ここで紹介した献立メニューを参考にしてみるとよいだろう。
  • 公開日:

    2020年3月29日

  • 更新日:

    2022年1月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧