このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オムライスの簡単な作り方と失敗しないコツを伝授!

オムライスの簡単な作り方と失敗しないコツを伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月23日

手軽に作れて、子どもたちからも人気の高い「オムライス」。基本的には、炒めたライスを卵でふんわり包み、ソースをかけるというシンプルな卵料理だ。しかし、卵ののせ方やソースを変えることでいかようにもアレンジを加えることができる奥深い料理のひとつでもある。今回は、お店で食べるようなふわふわのオムライスを簡単に作るコツやアレンジの幅を広げる裏ワザを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 失敗しないオムライス作りのキモは卵

オムライス作りのキモは、じつは中のライス以上に「卵」にあることはご存知だろうか。お店で食べるようなふわふわとろとろのオムライスは、卵を焼くときにひと手間を加えることで作ることができる。オムライスの卵をふわふわにする裏ワザを教えよう。

卵に水と油を加える

オムライスにかける卵液を作るときに、卵2個に対して小さじ1杯ずつの水と油を足そう。卵がふわふわになるだけでなく、卵がフライパンにもつきにくくなる。

卵に生クリームを加える

卵2個に対して大さじ1杯の生クリームを加えてから卵を焼いてみよう。生クリームがない場合は、牛乳でも代用可能だ。

卵を焼くときにいったんかき混ぜる

卵を焼くときに、フライパンに大さじ1杯のバターを加え、卵液を一気に流し込もう。その後、菜箸でいったん卵をかき混ぜて卵をとろとろの状態にすることがポイントだ。卵の底に膜ができたら、火から離して卵を折りたたみオムレツ状にまとめる。ライスの上にのせたあと包丁で卵を切り、中のトロトロになった卵を広げる。これでお店で食べるようなふわふわオムライスのできあがりだ。

2. オムライスの簡単な作り方

炒めたライスを卵で包むというシンプルな料理、オムライス。簡単な作り方のコツは、炒める具材をシンプルなものにすることと、卵ののせ方に工夫をすることの2点だといえる。具材が厳選されているほうが作り方は簡単になる。基本のオムライスに使う具材は、玉ねぎと鶏肉、マッシュルームの3つで十分だ。

具材を炒めるときは、一度にすべての具材を入れず、鶏肉、玉ねぎ、マッシュルームの順番で炒めていくことが重要。具材によって火の通り具合が異なるので、火が通りにくいものから炒めていくことが必要だからだ。

すべての具材をフライパンに入れたら、トマトケチャップを加えて炒め合わせる。その後、温かいライスを入れて具材となじませケチャップライスを作り、お皿に盛る。オムライスを卵で包む作り方を簡単にしたければ、ケチャップライスの上にふんわりと卵をかぶせるだけでもOKだ。

3. オムライスをアレンジするコツ

オムライスをアレンジするコツを教えよう。

ケチャップのかけ方を工夫する

オムライスをアレンジするコツのひとつは、ケチャップのかけ方を工夫することだ。王道は、オムライスの真ん中に大きくケチャップをかける方法だが、ケチャップをかけるときにひと工夫してみよう。ケチャップで文字を書いたり、細い線でソースを散らしたりするだけでも印象が変わるのでおすすめだ。

ソースを変える

オムライスのソースを変えることが「いつものオムライス」を「特別なオムライス」にアレンジするコツだ。たとえば、ハッシュドビーフ。何もアレンジしていない白いライスに、ふわふわ卵をかけたあとケチャップの代わりにハッシュドビーフをかけてみよう。その際、コクを増すために生クリームを少々かけることがコツだ。

4. オムライスの保存方法

オムライスが残った場合や、作り置きをしたい場合、オムライスの保存はどのようにすればよいのだろうか。オムライスの保存は、ラップをかけて冷蔵庫で冷蔵保存がおすすめだ。ただし、卵を使用しているので、早めに食べきることが重要である。

結論

手軽に作れて美味しいオムライス。具材をシンプルにしたり、卵ののせ方を工夫したりすることでより簡単に作ることも可能だ。ケチャップのかけ方やソースを変えるなどアレンジも加えてみてはいかがだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >