このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チキンライスを作るコツ。ご飯をべちゃっとしないさせない方法を伝授

チキンライスを作るコツ。ご飯をべちゃっとしないさせない方法を伝授

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月 3日

オムライスなどを作る時に、チキンライスがべちゃべちゃしていておいしくない…という仕上がりになった経験はないだろうか?チキンライスをべちゃっとさせないための鍵はずばり「水分」!ここでは、まずはチキンライスに使うご飯に関するコツをお伝えしたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チキンライスは水分量の少ないご飯で

おいしいチキンライスに使うご飯は、水分量の低いものが良い。少し固めに炊いたご飯が最適だ。通常、米は炊くときに洗って吸水させるが、チキンライスやチャーハンを作る時には吸水させずに炊いたご飯の方がパラパラに仕上がる。炊きたての場合は一旦お皿などに移して5-10分ほど冷まし、水分や熱を飛ばして使うと良い。冷やご飯はラップをかけずに温めよう。ただし、乾きすぎると味が落ちるので注意。

2. ご飯を入れるのは最後! ケチャップの水分を飛ばす

チキンライスを作る際、ご飯と具材を炒めてからケチャップと混ぜ合わせているとすれば、それも見直そう。はじめに具材を炒め、次にトマトケチャップを加え、具材に絡める。最後にご飯を加えて全体に混ぜる。ケチャップを先に入れて余分な水分を飛ばしておくことで、べちゃべちゃになるのを防ぐことが出来るのだ。また、温かいご飯を入れるとふんわり混ざりやすい。乾きすぎたご飯や冷ご飯だと混ぜすぎてしまい粘りが出てうまくいかないため、レンジなどで少し温めてから入れるといい。

3. 手早く優しくさっくりと混ぜる!

ご飯を入れたらへらでほぐし、手早く混ぜる。米粒が壊れるような強い混ぜ方や混ぜすぎは粘りがでてきてしまうので、切るようにひっくり返しながらまんべんなく混ぜるのがコツだ。混ぜ方でもチキンライスの仕上がりが違ってくるので、ぜひ注意したい。

結論

ご飯は混ぜると粘りが出てしまうため、どうしてもくっつきやすくなる。材料の水分を飛ばすこと、手早く混ぜることを意識するだけで、仕上がりは格段に変わる。本記事とは別に「ご飯をパラパラに炒める方法」も紹介しているので、そちらも参考に、べちゃっとしないチキンライスを目指してほしい。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ