このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チキンライスに合う献立はこれ!スープや副菜は何がおすすめ?

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年9月27日

日本の昔ながらの洋食といえば、オムライスを思い浮かべる人も多いだろう。オムライスの中身として使われることが多いのがチキンライス。今回はチキンライスを使ったバランスのよい献立を紹介する。副菜やスープなど、おすすめのメニューを紹介するのでぜひ参考にしてみてほしい。

1. チキンライスに合わせる副菜はコレ!

チキンライスに副菜を付けるなら、サラダがおすすめだ。チキンライスにも野菜は入っているが、それだけでは不十分だろう。レタスやキャベツを使った生野菜のサラダはもちろん、ブロッコリーやさやいんげんなどの茹で野菜などもおすすめ。彩りのよいサラダを作れば、食卓も一気に華やかになる。ここでは、簡単に作れるサラダをいくつか紹介する。

食物繊維たっぷりのごぼうサラダ

ごぼうを千切りにしてさっと茹で、すりごま・マヨネーズ・めんつゆを合わせるだけで簡単に作れるサラダ。食物繊維もたっぷり含まれていて、枝豆や大豆などを加えればたんぱく質も補えておすすめだ。にんじんを一緒に千切りにして加えれば、彩りもよくなる。

海藻サラダ

海藻にはミネラルが多く含まれていて、普段の食事では不足しがちな栄養素が摂れるのでおすすめだ。ワカメなどの海藻と、山芋やオクラなどのねばねば食材を合わせて作ってもよいだろう。

ポテトサラダ

ポテトサラダは、サラダの中でも人気が高い料理だ。中に入れる具材によって食感や味が異なるので、アレンジしやすいサラダでもある。カリカリに焼いたベーコンやきゅうりは定番だが、ぜひ角切りにしたたくあんを加えてみてほしい。コリコリとした食感とほどよい塩気が、ポテトサラダを格段に美味しくしてくれるのだ。

2. チキンライスには洋風スープがおすすめ

チキンライス自体が洋風の味付けなので、やはりスープは洋風のものがおすすめ。ベーコンやソーセージと残り野菜を煮込むだけで作れるポトフは、冷蔵庫の中身を整理したいときにもおすすめだ。野菜や肉類をバターで炒めると、風味やコクが増してさらに美味しい。また、ベーコンやソーセージは煮込むことでスープに旨みが溶けだすので、ぜひ入れてほしい食材だ。また、たっぷりの玉ねぎを炒めて作るオニオングラタンスープもおすすめ。チーズとニンニクたっぷりのカリカリバゲットをのせて楽しもう。

ミネストローネはNG?

洋風スープと聞くとミネストローネも代表的だが、チキンライスとミネストローネはどちらも味付けがトマト系。合わないわけではないが、同じような味付けだと飽きてしまう可能性が高い。トマト系のスープは避け、コンソメ系の味付けにするとよいだろう。

3. チキンライスの美味しいアレンジ法

チキンライスは基本的に洋風の味付けだが、じつは和風にしても美味しい。味付けをする際に和風出汁や醤油を少量加えて作ると、一気に和風になる。ただし、あまり加えすぎると味のバランスが悪くなるので少量から試すようにしよう。また、チキンライスはそのまま食べたり、オムライスにしたりする人が多いが、ホワイトソースなどをかけて食べても美味しいのだ。余ったチキンライスは、リメイクをすれば翌日も楽しめるだろう。耐熱皿に入れたチキンライスの上にチーズやマヨネーズをかけ、トースターで焼けば即席のドリアができあがる。丸めてパン粉を付け、ライスコロッケなどにするのもおすすめだ。

結論

今回はチキンライスに合う献立と、意外なアレンジや変わった食べ方を紹介した。チキンライスといえばオムライスを想像しがちだが、じつはたくさんの可能性を秘めた食べ物なのだ。オムライスにしか使ったことがない人は、ぜひいろいろな食べ方にチャレンジしてみてほしい。オムライスよりもハマる食べ方が見つかるかもしれないぞ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ