このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サラダチキンは食べ方色々!そのままかじるも、アレンジもよし!

サラダチキンは食べ方色々!そのままかじるも、アレンジもよし!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年3月25日

サラダチキンはコンビニを筆頭に、スーパーなどにも並ぶようになってきた。筋トレをしている人などにはなじみがあるかもしれない。一方、どう食べるのかわかりにくいと感じる人もいるだろう。だが決して難しくない。本記事では、サラダチキンの特徴や食べ方について紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サラダチキンは豊富な種類やサイズが特徴!

サラダチキンの種類は多種多様だ。味付けひとつとっても、レモンペッパーやハーブ、スモークなどさまざまな味がある。また、最初から切られている場合、あるいは細かく分けられている場合もある。さらに、さっと食べられるよう棒状の形をしたものまである。したがって、味や大きさなどの選択肢が広く、さまざまな好みや使い方に合わせて選ぶことができる。塊肉のボリューム感の印象から敬遠している人もいるかもしれないが、心配は無用だ。

2. サラダチキンはたんぱく質を中心に栄養があり、かつ低カロリー!

サラダチキンには鶏むね肉が使われることがほとんどだろう。鶏むね肉には100gあたり24.4gと豊富なたんぱく質が含まれている。たんぱく質が不足している人にはちょうどよいだろう。また、鶏むね肉は脂質や糖質が少ないため、サラダチキンはボリューム感のわりに低カロリーなのが特徴だ。メーカーや味付けにもよるが、100~110g入り1パックあたり110kcal前後だ。したがって、体重を気にしている人がたんぱく質をしっかり摂るのにうってつけの食品だといえる。カロリーを抑えつつ筋トレをしている人にも嬉しい食材だ。

3. サラダチキンの食べ方は、基本的にはそのままかじる!

サラダチキンの食べ方は難しくない。単純に、袋から取り出して丸かじりで構わない。1人が食べきれる量だけパックされていることがほとんどだろう。満腹でもない限りは、するりと食べきれるはずだ。もし食べにくいと感じれば、小さくしてもよい。包丁などで切るのももちろんよいが、肉の線維方向に沿えば手でもちぎれるはず。手を洗える環境なら、試してみてもよいだろう。分ける作業が面倒なら、最初から細かく切られているものを買えば楽だ。

・味付けは不要!

サラダチキンは、基本的にはそのままかじればよい。味付けはメーカーによってさまざまだが、いずれもそのまま美味しく食べられるはずだ。ごはんのおかずにも、酒のつまみにも最適だ。塩分が十分にあるので、追加の味付けはおすすめしない。仮に味を足したいのなら、たとえば塩を使わず、スパイスなどをかけてみてはどうだろうか。

4. サラダチキンは食材としても優秀、食べ方をアレンジしたい

サラダチキンをそのまま食べるだけでは飽きる方人いるだろう。サラダチキンを料理に使うと、違った味わいを楽しみつつ栄養を摂れる。例をいくつか紹介する。

・サラダに加える

蒸し鶏のサラダと同じ要領で、サラダチキンを小さくあるいは細く切ってサラダに加える。低糖質、低脂質であることからサラダのヘルシーさを邪魔せず、かつたんぱく質をしっかり摂れる。サラダチキン自体に味があることを考えると、ドレッシングなどの味付けは控えめにするのがおすすめだ。野菜とサラダチキンを一緒に食べるだけでも、塩気をしっかり感じられるはずだ。

・炒める

サラダチキンをぶつ切りや薄切りにして、野菜と一緒に炒めてもよい。炒め物にするとボリュームがあり、主菜として食べることもできる。ほかの肉に比べれば低脂質であるため、カロリーも抑えられる。炒めると肉が固くなるが、歯ごたえを楽しみたい人にはかえってちょうどよいかもしれない。

・スープに加える

サラダチキンのあっさりした味わいを活かしつつ食べるなら、スープもおすすめだ。もやしなどの軽い野菜と一緒に軽く煮込んで薄味のスープに仕上げれば、献立に組み込みやすいうえ栄養満点の一品になる。中華風、洋風など、さまざまな味とサラダチキンがよく合うだろう。

5. サラダチキンは保存もできるが、なるべく一度に食べきろう!

サラダチキンは真空パックに詰められているが、ひとたび開封すると保存があまりきかない。基本的には、開封したサラダチキンは一度に食べきるよう心がけたい。どうしても保存が必要な場合には、表面の水分をよく拭き取り、空気に触れないようにラップなどで包んで冷蔵保存しよう。遅くとも2、3日以内で食べきりたい。長期保存するなら冷凍してもよいが、食感が落ちることは覚悟したい。

結論

サラダチキンにはさまざまな大きさや味付けのものがあるが、おおむねたんぱく質が豊富で、かつ低脂質、低糖質なのが特徴だ。カロリーなどを抑えつつたんぱく質を摂りたい人には嬉しい。サラダチキンの塩分さえ気を付ければ、そのまま食べても料理に使っても美味しく、さまざまな食べ方で楽しめる。これまで食べたことのない人も、試しに買ってみてはどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >