このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
美味しいのに植物性!?【ノンデイリーヨーグルト】の魅力を徹底解説

美味しいのに植物性!?【ノンデイリーヨーグルト】の魅力を徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 2日

「ノンデイリー」という言葉をご存知だろうか。これは、乳製品を使わず植物性の材料で代替していることを指す。健康上や宗教上の理由から動物性の食品を摂らない人が多いアメリカからブームになっている「ノンデイリーヨーグルト」を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「ノンデイリーヨーグルト」は低脂質で整腸作用も!?

「ノンデイリーヨーグルト」は植物由来なので脂質が少ない上に、材料である植物性食品に含まれる様々な栄養素を含んでいる。特に注目したいのが、ノンデイリーヨーグルトに含まれている植物性乳酸菌だ。漬物などの発酵食品にはこの植物性乳酸菌が含まれていて、昔からこれを食べて生活してきた日本人には非常に馴染みやすい栄養素だ。この植物性乳酸菌は、腸の環境を整える整腸作用や免疫を活性化させる作用を持っていて、腸内環境を改善する効果が期待できるといわれている。

2. 「ノンデイリーヨーグルト」にはどんな種類がある?

日本ではまだ主流ではない「ノンデイリーヨーグルト」だが、アメリカでは様々なバリエーションがあり、年々味も向上しているという。日本では、豆乳ヨーグルトが販売されているがまだまだ種類や流通が少ないのが現状だ。

✔豆乳ヨーグルト

脂肪分(コレステロール)やカロリーが低く、イソフラボンや大豆サポニンといった大豆の有効成分が含まれている。

✔ココナッツヨーグルト

ココナッツミルクから作られるヨーグルトで、ココナッツオイルと同様中佐脂肪酸が豊富。

✔アーモンドヨーグルト

アーモンドミルクから作られ、ビタミンEやオレイン酸、ミネラルが豊富に含まれている。

✔カシューナッツヨーグルト

カシューナッツミルクが原料で、タンパク質と糖質、ビタミンB1、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分も多い。

結論

最近ではヨーグルトメーカーが市販されているので、植物性ミルクを購入して自宅で作ってみるのもひとつの方法だ。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >