このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コーヒーの抽出器具、フィルター、カップの選び方を解説。コーヒー好き必見!

コーヒーの抽出器具、フィルター、カップの選び方を解説。コーヒー好き必見!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年4月15日

お気に入りのコーヒー豆、いざコーヒーを淹れるとなったら抽出器具やフィルターにもこだわってみたい。そして、何よりお気に入りのコーヒーカップも探してみようではないか。選択の目安についてお話しする。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーヒーの抽出器具の選び方

抽出器具を選ぶ時は、フィルターとの相性を考えて選ぶ必要がある。まず、使い捨ての紙フィルターやネルドリップをする場合は、サイフォン、ネルドリップ、コーヒーメーカー、エアロプレスが適している。サイフォンと透明な器具の中でコーヒーが沸き立つ姿を目の当たりにできる醍醐味がある。難易度が高いが、コーヒーマニアならぜひ挑戦してみたい抽出法である。

ネルドリップで淹れるというファンも多い。「ネル」はフランネルという織物(ネルシャツの「ネル」と同様)のことで、布製のフィルターを使うことで紙のフィルターよりも目が粗く、滑らかな食感のコーヒーを楽しめる。中挽き~粗挽きの粉で淹れる時に使いたい。

樹脂のメッシュフィルターを使う場合は、水出しコーヒーやウォータードリップに向いている。アイスコーヒーなどにおすすめだ。エスプレッソのように金属フィルターを使う場合もある。その場合、抽出器具はパーコレーター、フレンチプレス、ベトナム式コーヒー、直火式エスプレッソとの相性が良い。さらに中近東では、コーヒー豆を漉さない、つまりフィルターを使用しないで上澄みを楽しむ方法もある。

2. コーヒーのフィルターの選び方

フィルターによってもコーヒーの風味が変わってくる。ペーパーフィルターは家庭で最も一般的な、広く用いられる方法であるが、取扱しやすく、使い捨てできて安価なところが魅力である。紙の繊維質は細かく、油分を吸着するためさっぱりした風味のコーヒーが抽出できる。

金属フィルターは、目の細かいメッシュを通してコーヒーを濾過する。コーヒーの油分も抽出されるため、非常に豆の持つ多彩な魅力が表現され、濃厚な風味のコーヒーを味わえる。フィルターを洗うだけなので、手入れがしやすいのも嬉しいところである。

紅茶を淹れる器具のような上から下にパーツを押して抽出するフレンチプレスやエスプレッソの抽出器具は金属製フィルターが使われている。そして、サイフォンやネルドリップで使われる布フィルターがある。布フィルターはペーパーフィルターよりも目が荒く、まったりとしたコーヒーの風味を楽しめる。洗って繰り返し使えるが、次第に目が詰まってくる。

3. コーヒーカップの選び方

コーヒーを味わうカップも実に種類が豊富である。好みのコーヒーに合わせて選びたい。

まず、喫茶店などで多く使われているスタンダードなコーヒーカップ。こちらは120~140cc入る。その半分くらいの容量、70~80cc入るのがデミタスカップである。エスプレッソコーヒーを楽しむ時に用いられる。丸みがあって、底に行くほど小さくなる逆三角形型。陶器に厚みがあるため、少量のコーヒーでも冷めにくい。また、カフェ・オ・レ・ボウルも最近日本で浸透してきている。

Bolとはフランス語でお椀を意味する言葉であり、なみなみとカフェ・オ・レを注いで楽しめる。コーヒーを気軽に味わいたい時はマグカップもおすすめだ。ビアマグや水差しから派生して誕生したというマグカップ。容量はスタンダードなコーヒーカップの1.5~2倍もある。その他、カプチーノ専用のカプチーノカップもある。デミタスカップを大きくしたような形で、150~180cc入る。エスプレッソを入れて、その上からスチームドミルクをたっぷり注ぐ時に用いられる。

結論

コーヒーファンならコーヒー豆にこだわると同時に抽出するための器具や、それに合ったフィルター、そして食感を左右するコーヒーカップなど、コーヒーを楽しむための器具もお気に入りのものを集めよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >