このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ラム肉】の調理方法!臭みを消して美味しく食べられるレシピとは

【ラム肉】の調理方法!臭みを消して美味しく食べられるレシピとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年3月27日

ラムは、近頃は手頃な薄切り肉も入手しやすくなり、今や日常の食卓にも頻繁に登場するようになってきている。独特の風味がクセになるラムを、手早く美味しく調理できれば、仲間たちが集うホームパーティーの主役になれるはず。賞賛を集めたいと密かな野望を抱くなら、今すぐ挑戦を!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 蒸し焼き:ひき肉でラム餃子

中国やモンゴルなどで食べられているラム入りの餃子。出張や旅行で訪れた際に、食した人も多いかと思う。豚肉や牛肉では出し得ないパワフルな味は、ラム肉ならではの醍醐味。パクチーを加えるとさらにインパクトある味わいになる。斬新な餃子の出現に家族や仲間みんなが大喜びするはずだ。

用意する材料は、ラムのひき肉、餃子の皮、パクチー、醤油、酒、胡麻油など。ラムは、薄切り肉やかたまり肉でもOK。

作り方は、まずはラムの下拵えからスタート。ひき肉が手に入らなかった場合は、フードプロセッサーや包丁で肉を細かく刻み、ハチミツや酒、胡麻油を加えた醤油にしばらく(できれば1晩)漬けておこう。風味付けにコリアンダーシードなどのスパイスを加えてもいい。醤油に漬けることでラム特有の臭みも抑えられる。

次の工程は、餃子の皮に肉とみじん切りのパクチーを包んでいくこと。最後にフライパンで焼いたらできあがりだ。肉に味がしっかりついているので、特にタレの必要はない。さらなるスパイシーな刺激を求める人には、辛めのラー油などを用意しておこう。

2. 焼く:薄切り肉でジンギスカン

緬(めん)羊飼育が奨励された北海道で発達したジンギスカン。真ん中が盛り上がった独特な形の鍋があり、上に載せた肉の脂が下に置かれた野菜にからみ、旨い旨いと、箸が止まらない。この鍋を野外で囲み、ワイワイ賑やかなひとときを演出してみてはいかがだろうか。お花見やキャンプなどが一層盛り上がるに違いない。

肉は焼いてからタレにつけて食してもいいが、あらかじめタレに漬けておいてもいい。北海道のジンギスカン専門店からタレや肉を取り寄せるのもおすすめだ。

準備するものは、ラムのもも薄切り肉、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、エリンギ、もやし、カボチャなどの野菜とタレ。ホットプレートもしくはジンギスカン鍋や網で、肉や野菜を焼き、焼けた順にどんどん食そう。

また、せっかくなら自家製ダレに挑戦するのもあり。材料になるのは醤油、酒、リンゴ、玉ねぎ、ニンニク、生姜、砂糖など。お好みでブレンドしよう。ナンプラーやチリソースを加えても一味変わって旨い。

3. 焼く:ラムチョップでグリル

ここぞというときに披露したいのが、豪快に骨を持ってかぶりつくラムチョップのグリルだ。ハーブやオイルでマリネしておいて、食べる直前にフライパンで焼き上げればOK。とはいえ肉の焼き加減はけっこう難しいので、事前に何度か練習を。場数を踏めば必ず上手になってくる。

作り方はまず、ラムチョップに軽く塩・胡椒し、ローズマリーとタイムをのせ、オリーブオイルをまわしかけて半時間ほどマリネしておく。フライパンにオイルを熱し、強火で手早く両面を焼き、中がロゼ色になるくらいの火入れ加減を狙おう。

結論

ラム肉の脂は融点が高く体内で吸収されにくい。また、脂肪の代謝に必要不可欠なL-カルニチンが豊富に含まれている。使い慣れない食材ではあるが、各種料理法をマスターしておいて損はなし。笑顔が満ちる美味しいおもてなしが叶うはずだ。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >