このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トーストを基本から様々なアレンジまでまとめて紹介!朝食を格上げしよう!

トーストを基本から様々なアレンジまでまとめて紹介!朝食を格上げしよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月13日

「朝はパン派」という方も多いのではないだろうか?手軽に食べられるトーストは忙しい朝にはぴったりの1品だ。しかし、毎日同じ味では飽きてしまうもの。シンプルなトーストは、いろいろな具材との相性がバツグンだ。そこで今回は、美味しいトーストを作るコツや、さまざまなトーストアレンジをいくつか紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トーストを美味しくするコツとは

朝食として食べられることの多いトーストだが、何気なく焼いて食べるだけという方も多いのではないだろうか?しかし、トーストにも美味しく焼くコツというものがある。トースターはパンを入れる前に余熱して熱々にしておくことが大切だ。そして最も重要なのはパンの仕込みである。買ってきたばかりのパンはそのままでも十分だが、数日経っているものや冷凍したものには、霧吹きなどで表面に水を吹きかけると美味しく焼きあがる。
この記事もCheck!

2. ガーリックトーストの作り方

ガーリックトーストは、お店で食べるものというイメージではないだろうか?しかし、意外にも自宅で簡単に作れるのをご存知だろうか。あらかじめフライパンなどにバターを溶かし、おろしたにんにくと塩・パセリを混ぜ合わせ、ガーリックバターを作っておく。斜めにカットしたフランスパンに塗ってトーストすれば完成だ。ほかにもガーリックパウダーやチューブのガーリックを使用すると、より簡単にガーリックトーストができあがる。
この記事もCheck!

3. 栄養満点!アボカドトースト

「森のバター」といわれるアボカドは、栄養価の高い食べ物として注目されている。そんなアボカドを使ったアボカドトーストはアメリカやヨーロッパを中心に大流行し、海外のカフェでは定番メニューとして登場している。醤油やマヨネーズとの相性もよく、トーストのうえに乗せるだけで味もボリュームも満点なアボカドトーストができあがる。休日のブランチに家族で楽しめること間違いなしだ。
この記事もCheck!

4. しらすトーストって知ってる?

漫画が原作の映画に登場したことで話題になった、しらすトーストをご存知だろうか?バタートーストにオリーブオイルで和えたしらすを乗せ、刻み海苔をふりかけたもの。食パンに含まれる炭水化物や、しらすに含まれるたんぱく質、オリーブオイルやバターに含まれる脂質と三大栄養素が摂れる一品だ。さらに、しらすにはカルシウムが豊富に含まれ、ビタミンや亜鉛などの身体に必要な栄養素も含まれている。糖質量が気になる方は8枚切りのパンにすると上手にカロリーオフができる。
この記事もCheck!

5. 納豆トーストの気になる栄養素

納豆は、ごはんに合わせるものと思っている方も多いだろう。しかし意外にもトーストとの相性もバツグンなのだ。納豆には、たんぱく質やカリウム・食物繊維など豊富な栄養素が含まれている。トッピング次第ではさらに栄養素を追加することができるだろう。したがって納豆トーストは食べて損はないといえる。気になるカロリーも、ごはん茶碗1杯分程度と決して高くはない。ほどほどな量を心がけることで、栄養を摂りつつ納豆トーストを楽しめるだろう。
この記事もCheck!

6. シンガポールのカヤトーストとは

90%以上が外食というシンガポールでは、朝食も外食という家庭も多い。そんなシンガポールの朝食の定番となっているのが、現地のローカルフードとなっているカヤトーストだ。カヤジャムと呼ばれるココナッツミルクと卵、砂糖、パンダンリーフを煮詰めたものが味の決め手。レシピを考案し、自宅でチャレンジする人も多いようだ。
この記事もCheck!

7. 韓国発!ウェーブトーストとは

タピオカミルクティーなどをはじめとし、最近アジア生まれのグルメが流行している。韓国発のウェーブトーストもそのひとつ。ウェーブトーストとは、波の模様を描いたという意味のトーストだが、実際には魚の鱗の模様に近い。作り方は、クリームチーズと食用色素を混ぜスプーンの裏で少しずつ食パンに塗りつけていくだけ。ピーナッツバターやパンプキンペーストなどそのままの素材を使うのもひとつだ。ウェーブトーストの画像検索をすればさまざまなものが出てくる。家族も喜ぶウェーブトースト、早速自宅でチャレンジしてみてはいかがだろう。
この記事もCheck!

8. フレンチトーストを時短で美味しく作るコツ

フレンチトーストといえば卵・牛乳・砂糖を混ぜてパンにしみ込ませ、フライパンで焼く料理だ。一読すると面倒なポイントは見当たらない。確かに、作り方や材料・工程はシンプルだが長時間パンを液に浸しておかなければならず、意外と時間がかかる。しかし、事前にパンを焼いておく裏ワザを使えば牛乳に含まれる水の分子が活性化し、わずか1分浸すだけでしみ込んでくれるのだ。電子レンジでも同様に時短フレンチトーストができあがる。
この記事もCheck!

結論

さまざまなトーストアレンジを紹介した。今回紹介した以外にもトーストのアレンジは無限大。自分の好きな食材を使ってお気に入りの組み合わせを見つけるのも楽しい。ぜひ、休日などのブランチにチャレンジしてみてはいかがだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ