このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏団子をふわふわにする方法を伝授!豆腐や長芋が大活躍!?

鶏団子をふわふわにする方法を伝授!豆腐や長芋が大活躍!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年4月30日

せっかく鶏団子を食べるなら、ふわふわっとしたやさしい食感を楽しみたいもの。ふわふわにするには、何か特別な方法があるのだろうか?と、調べてみた。すると、食品メーカーの公式サイトやさまざまなレシピサイトで鶏団子がふわふわになるレシピがいくつも紹介されていたので、なかでもおすすめの方法をいくつかピックアップしてお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏団子をふわふわにする方法【豆腐・はんぺん】

身体が温まる鍋料理やスープに入れることの多い鶏団子。せっかく食べるなら、ふわふわっとしたやさしい食感を楽しみたいもの。鶏団子をふわふわにする方法のひとつが、鶏ひき肉に豆腐やはんぺんを混ぜて練ることだ。具体的な方法を紹介しよう。豆腐入り鶏団子を作る場合は豆腐をペーパータオルで包み重しをのせ水切りする。あとは豆腐と鶏ひき肉・おろし生姜・鶏がらスープの素・塩・こしょう・片栗粉と混ぜ、丸く成形すればOK。ちなみに使用する豆腐は木綿豆腐がおすすめだ。
はんぺん入り鶏団子を作る場合、1枚まるごと使用するならパッケージを開ける前に袋の上から手で潰すと洗い物が少なくて済む。次にボウルに潰したはんぺん・鶏ひき肉・生姜汁を入れ、粘りが出るまでしっかりと混ぜる。最後に好みの大きさに丸めたらはんぺん入り鶏団子の完成だ。はんぺん鶏団子にコーンを加え甘みと食感をプラスすると味噌バター味の鍋と相性がよいのでおすすめだ。

2. 鶏団子をふわふわにする方法【長芋】

次に紹介する鶏団子をふわふわにする方法は、鶏ひき肉に長芋を加える方法だ。具体的な方法はビニール袋に皮をむいた長芋を入れ、すりこ木などで叩き潰す。ボウルに潰した長芋・鶏ひき肉・塩・こしょう・卵を入れ混ぜあわせ、丸く成形すればOK。あるいはフードプロセッサーに皮をむいた長芋・鶏ひき肉・卵を入れてかく拌し、なめらかになったら塩こしょう、片栗粉を加えて混ぜ丸く成形する。
鶏団子のふわふわとした食感のみならず歯ごたえも楽しみたいときは、えのき茸を細かく刻んで鶏ひき肉に混ぜるとよい。歯ごたえに加え、かさ増しにもなるようだ。また、ごぼうをささがきにして加えると鶏団子のふわふわ食感とシャキシャキとした歯ごたえも楽しめる。さらに長芋の皮をむき5mmの角切りにし、すりおろした山芋と一緒に鶏ひき肉に混ぜても、ふわふわとした食感とシャキッとした歯ざわりを楽しめる。

3. 鶏団子をふわふわにする方法【マヨネーズ】

次に鶏団子をふわふわにする方法は、鶏ひき肉にマヨネーズを混ぜることだ。鶏ひき肉にマヨネーズを加えると、コクがアップし、しっとりふわふわな鶏団子を作ることができる。具体的な方法はボウルに鶏ひき肉とマヨネーズ、おろし生姜を入れ、しっかりと混ぜ丸く成形するだけだ。
ちなみにマヨネーズは鶏団子のみならず、いろいろな調理シーンで活躍する万能調味料だ。たとえばマヨネーズでソテーするとコクや旨みがアップしたり、肉にもみ込むとジューシーになったり、バターの代わりにお菓子作りに使用することもできる。

4. 鶏団子をふわふわにする方法【しっかり練り混ぜる】

最後に紹介する鶏団子をふわふわにする方法は、しっかり練り混ぜることだ。具体的な方法はボウルに鶏ひき肉と小口切りにした青ねぎ、すりおろした生姜、片栗粉、酒、しょうゆを入れ粘りが出るまでしっかりと混ぜ丸く成形する。しっかり混ぜることで、具材同士のつながりがよくなり、なめらかでふわふわな鶏団子に仕上がる。
基本的に鶏団子は鶏ひき肉を使用して作ることが多いが、鶏むね肉を使ってもOK。作り方は鶏むね肉の皮と脂を取り除き、フードプロセッサーに入れきめ細かなミンチにし水を加えて練り込めば、ふわふわでジューシーな鶏団子ができる。

結論

復習になるが鶏団子をふわふわにする方法は豆腐やはんぺんを入れたり、山芋やマヨネーズを加えたり、肉だねをしっかり練り混ぜることだ。これまでレシピ通りの材料を混ぜて作っていた人も、これからはふわふわになる方法を試して鶏団子を作ってみてはいかがだろうか。ふわふわも歯ごたえも楽しみたい人は、紹介したようにえのき茸やごぼうを加えることをおすすめする。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >