このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
イワシとめざしの違いを解説!めざしなんていう魚はいない!?

イワシとめざしの違いを解説!めざしなんていう魚はいない!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年4月13日

手頃な価格で、栄養豊富なイワシは家庭の味方。煮物や焼き物にするのが定番で、つみれなどにする人もいるだろう。今回はそんなイワシのお話。皆さんはイワシと似ためざしなる食べ物をご存知であろうか?めざしは、魚を連ねて干したものと認識している人が多いが、めざしは魚の名前ではない。今回はそんなイワシとめざしの基礎知識を学び、その違いについてまとめていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. イワシとは

イワシは、日本近海で多く漁獲される魚。ニシン目ニシン亜目に属する魚の総称だ。日本の家庭に並ぶイワシは、ウルメイワシ、マイワシ、カタクチイワシの主に3種類。マイワシは体長30cmほどまで大きくなるものもおり、黒い斑点が特徴。ウルメイワシは体長30cmほどで、筒型の丸みを帯びた形をしている。目がやや大きく、潤んでいるように見えることからこの名がついた。カタクチイワシは最も小さく、10cm程度だ。

イワシの栄養価

不飽和脂肪酸の一種であるEPAやDHAは、現代人が積極的に摂取すべき栄養分のひとつ。イワシには両者が豊富に含まれている。そのほか、カルシウムやビタミンB2も含まれており、バランスがよい。

イワシの加工品

カタクチイワシの小さいものはご存知の通り、煮干しになる。そのほか、しらすもマイワシとカタクチイワシの稚魚である。オイルサーディンに使われているのは小さめのマイワシやカタクチイワシ、アンチョビはカタクチイワシを塩漬けしたものである。

2. めざしとは

めざしは、魚の名前ではなく、魚の加工品の名前。イワシを使った干物のようなものである。塩水につけたイワシを数匹ずつ、竹串や藁で突き刺して干すもので、このとき目を通すことから目刺し、めざしとなった。丸干しイワシと呼ばれるものも存在するが、めざしよりはやや大きいものが多い。

美味しく食べるコツ

めざしは干してあるうえ、小さいので生のイワシよりもぐっと調理時間が短くて済む。焼き時間が長くなると硬くなってしまうので注意が必要だ。魚焼きグリルや火鉢はもちろんだが、フライパンでも簡単に焼くことができるのでおすすめ。骨ごと食べることができるので、カルシウム摂取にも効果的だ。

洋風にも

めざしは、時代劇に出てくる典型的な和食のごはんという印象をお持ちの方も多いようだが、実際には洋風アレンジも可能。オイルと相性がよいので、オイル焼きにしたり、アヒージョのようにするのもおすすめだ。

3. イワシとめざしの違い

イワシとは魚の名前、めざしとはイワシ加工品の一種である。干物の仲間で意外にも調理が簡単。うまくすれば骨ごと食べることができるので、体にもとてもよい。イワシの加工品という意味で言えば、煮干しやしらす干しと同等の立ち位置ということになる。

4. イワシとめざしを美味しく食べるコツ

イワシは新鮮なものであれば、手開きがおすすめ。小さめの魚なので包丁よりも手を使った方が簡単であるうえ、手開きだと気になる小骨も取れやすい。レシピを検索すると手開きのやり方は動画がたくさんあるので、ぜひトライしてほしい。手開きにすると煮物はもちろん、フライにしたり、蒲焼きにしたりとアレンジが簡単。丸のまま使いたいという人は、煮物にすることをおすすめする。

めざしの選び方

めざしは食べ方を考慮して大きさを選ぶとよい。そのままおやつ感覚で食べるのであれば小さめ。オイル煮やアヒージョにするなら、中くらいのサイズを選ぶとよい。おかずのひとつとして出すのであれば、大きめをチョイスしよう。

結論

イワシは魚の名前。めざしはそのイワシを使った加工品である。違いはここにあった。どちらも体に非常によい栄養素を備えているので、和食にこだわらずバリエーションを楽しみながら毎日の食事にプラスしていきたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ