このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【チョコレート】の種類や豆知識を一挙公開!カロリーや栄養も解説!

【チョコレート】の種類や豆知識を一挙公開!カロリーや栄養も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月25日

チョコレートは子どもにとっては夢のように美味しいおやつ、そして大人にとっては日々のストレスを癒すちょっとした贅沢。年代を問わず愛されているスイーツの代表格、チョコレートだが、実は非常に奥が深く歴史も長い食べ物だ。今回はそんなチョコレートにまつわる雑学をピックアップしてご紹介。甘くて美味しい魅惑のチョコレートの世界をご堪能あれ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チョコレートの豆知識

この記事ではチョコレートにまつわる一般知識についてを深掘りしていく。たとえば一般的に広まっている「チョコレートは冷蔵庫に保存した方がよい」という知識だが、実はこれは間違い。品質を劣化させるおそれがあるため、28℃以下の涼しい場所に保管するのが適している。そのほか、日本におけるバレンタインデーの習慣や、チョコレートが健康に及ぼす影響についても言及。
この記事もCheck!

2. ホワイトチョコレートとは

チョコレートをこよなく愛するチョコレートラバーはオリひとの読者にも多いだろう。そんなチョコレート好きにとってはホワイトチョコレートも愛食対象かもしれないが、実はホワイトチョコレートは、チョコレートとして認定されるかどうかはあやふやな存在なのだとか。その理由はホワイトチョコレートの成分量や原材料に起因する。
この記事もCheck!

3. チョコレートで作る美味しいフォンダンショコラ

フォンダンショコラとは、中にガナッシュと呼ばれるチョコクリームが入ったとろける食感のチョコレートケーキのこと。濃密なチョコレートの味わいで手作りスイーツとしても定番の一品だ。この記事では、一般的なフォンダンショコラの作り方と、美味しさをぐっとアップさせるためのコツを伝授。ぜひ自宅で家族や子どもたちと一緒にフォンダンショコラを作ってみてほしい。
この記事もCheck!

4. チョコレートのカロリーや栄養

チョコレートを愛する人々にとって避けられない問題が、カロリー。夢のように美味しいチョコレートだが、如何せんカロリーが高いため一度に大量に食べることはおすすめできない。しかし、適切な量さえ守ればチョコレートの成分自体には身体によいものがたくさん含まれている。摂取量に気をつけつつ、味わって楽しみたいものだ。
この記事もCheck!

5. チョコレートの保存方法

美味しいチョコレートが手元にたくさんある場合、一度に食べすぎるのは上記でも説明したようにおすすめできない。そんなときは、正しい保存方法に従って保存し、少量ずつ消費していくほうが健康面にはよいだろう。この記事ではチョコレートの適切な保存方法と食べる際のちょっとしたポイントをご紹介。デリケートなチョコレートの風味を劣化させないよう気をつけよう。
この記事もCheck!

6. ローチョコレートとは

近年、チョコレートに含まれるカカオの栄養素に注目が高まっている。中でも普通のチョコレートよりカカオの栄養素がぎゅっと詰まった「ローチョコレート」は日本でも人気の商品だ。カカオに含まれるフラバノールには高い抗酸化作用があり、健康へのメリットが期待されている。1日にひとかけらのローチョコレートを食べて、効率よくカカオを体内に取り入れてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

7. ルビーチョコレートとは

近年トレンドとなっているカカオ含有量の高いハイカカオチョコレート。その人気を覆すかのように登場したのが「ルビーチョコレート」だ。ルビーチョコレートは着色料や香料を一切使用していないにも関わらず、鮮やかなピンク色をしており、ほのかにベリー系の味わいがする。この記事ではそんなチョコレート界の超新星、ルビーチョコレートの秘密に迫る。
この記事もCheck!

8. チョコレートの種類の違い

チョコレートにはスイートチョコレート、ビターチョコレート、ホワイトチョコレートなどのいくつかの種類が存在するが、果たしてその違いを明確に説明できるだろうか。なんとなくの甘さの違いやまろやかさの違いはイメージできるが、実は成分の含有量などが大きく異なる。それらの違いを理解したうえで自分の好みに合うチョコレートを食べてみよう。
この記事もCheck!

結論

古くから世界中で愛され続けているチョコレート。古来では薬として重宝されていたこともあり、チョコレートに含まれる成分が健康によいというのは世界的にも知られている。食べすぎはもちろんよくないが、カカオ含有量の高いものをほどよい量で摂取することはおすすめだ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ