このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【パブロバ】ってどんなスイーツ?豪奢な見た目で作り方はシンプル!

【パブロバ】ってどんなスイーツ?豪奢な見た目で作り方はシンプル!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年5月 9日

最近話題のスイーツのひとつ「パブロバ」は、オーストラリアやニュージーランドから発信されたお菓子である。それにしてもなぜ、南半球に起源をもつお菓子にロシアンな名前がついているのか。今回は、パブロバの由来とともに作り方やカロリーなどを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 20世紀初頭に生まれたパブロバ

パブロバは、20世紀初頭に誕生したお菓子である。その名は、当時高名であったバレリーナに由来するといわれている。起源には諸説あるパブロバについて、歴史やその味わいをみてみよう。

名前の由来はロシアのバレリーナ

パブロバは、インスタ映えもバツグンのかわいいお菓子である。真っ白なメレンゲと美しく持ったフルーツを特徴とする。
パブロバは「Pavlova」と書く。由来は、アンナ・パブロバという有名なバレリーナである。このお菓子の誕生は、1926年頃というのが定説である。
これはあくまでいい伝えであるが、当時もっとも評価が高かったバレリーナであったパブロバがオーストラリアやニュージーランドをツアー中、パースのホテルに滞在し、同ホテルの菓子職人によって作られたお菓子を彼女が非常に気に入ったことから命名された。エレガントで華麗なバレリーナにふさわしい、優美な外観をもつお菓子なのである。とはいえ、この説には異論も多い。また、バプロバというお菓子の起源が果たしてオーストラリアなのかニュージーランドなのかでもめることも多いようだ。

バプロバとはどんな食感のお菓子か

メレンゲが主役のパブロバは、外側はサクサクとしており、中はまろやかな食感を特徴としている。メレンゲの優しい甘さと、ふんだんに盛ったさまざまなフルーツの甘さや酸味が絶妙の美味しさを醸し出す。

2. パブロバの作り方とカロリー

その名からして高級感が漂うパブロバ。自宅で作るのは難しそうである。しかし、南半球の国ではごく気軽に家で作るお菓子であり、見ための豪奢とは異なりレシピもシンプルである。パブロバの作り方をみてみよう。

パブロバの基本の材料

パブロバの材料は、特別なものはなにもない。卵白、砂糖、コーンスターチ、レモン汁。これが、ベースとなる部分の材料である。トッピングのために、生クリームやフルーツも用意する。メレンゲはパブロバの命である。そのため、しっかりとしたメレンゲを作るのが上手い下手を分ける。メレンゲができたらレモンとコーンスターチを加えて、絞り袋に投入。2段になるように絞って、140℃で40分ほど焼く。できあがったら、トッピングは好みで。イチゴやマンゴーなど、色とりどりのフルーツをのせればフォトジェニックに完成する。パーティーなどでも見栄えがする一品として、大活躍してくれる。

パブロバのカロリーはどのくらい?

それでは、パブロバのカロリーはどのくらいであろうか。1人前を120gほどとすると、カロリーは250kcalほどになる。もちろん、トッピングする生クリ―ムやフルーツの量や種類にも左右される。チョコレートや生クリームをふんだんにのせれば、カロリーはかなり高くなるから注意が必要である。

3. パブロバを美味しく食べるためのアイデア

ベースがシンプルなだけに、トッピングや食べ方は変幻自在なのがパブロバである。見栄えがするトッピングとしては、イチゴ、ブルーベリー、キウイなどなど。酸味がきいたフルーツは、とくにメレンゲと相性がよいだろう。また、秋ならば栗を、寒い季節にはチョコレートを使ってボリューミーに食べることができる。また、ヘルシーに食べたい人は、生クリームではなくヨーグルトを使うのも手である。
また、グラスに盛り付けてカステラとフルーツとともに食べても趣が異なる美味となる。フルーツソースをたっぷりとかければ、カフェ風の粋感を演出できるだろう。

結論

オーストラリアやニュージーランドで愛される美しいお菓子パブロバ。20世紀の初頭から存在するお菓子であるが、外観の美しさから近年日本でも人気である。メレンゲが主役のパブロバは、自宅でも気軽に作ることができる。パーティーシーンや子どもたちとのお菓子作りにも向いているレシピ、ぜひ試してみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >