このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タルトの種類を紹介!定番のスイーツから甘くない料理まで!

タルトの種類を紹介!定番のスイーツから甘くない料理まで!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月25日

タルトといえば、何を思い浮かべるだろうか。洋菓子を思い出すかもしれないが、甘くない食事にもなるタルトも存在するのだ。固くしっかりと焼き上げられた生地は、組み合わせる食材で、スイーツにも食事にも変化する万能の土台だ。ここでは、タルトについてご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タルトの切り方のコツ

タルトを切り分ける時、タルト生地がボロボロになってしまったという経験はないだろうか。ここでは、タルトを崩さずに切る方法を紹介する。まずは、タルトをしっかりと冷ましておくことだ。お店で購入した場合でも、一度冷蔵庫で冷やしてから切り分けることをおすすめする。洋菓子のタルトだと、中のクリームやフルーツも引き締まるため、崩れにくくなるのだ。次に、包丁を温めておくことだ。生地に含まれる油分を、包丁の温もりで溶かしながら切るため、断面がきれいに切れる。もちろん、包丁の切れ味は重要なので、日ごろから手入れを忘れないように注意したい。
この記事もCheck!

2. 定番タルト・タタンを知ろう!

タルト・タタンとは、フランス生まれのりんごを使ったお菓子で、作り方が特徴的だ。バターと砂糖で甘く煮詰めたりんごに、上からタルト生地を覆いかぶせるのだ。りんごのタルトを作る際に、タルト生地を敷き忘れたことで生まれた方法だといわれている。りんごをたくさん使用するため、りんごに含まれるカリウム・食物繊維・ポリフェノールなどの栄養を摂取することが可能。しかし、タルトの土台に使用する薄力粉や、砂糖・バター・りんごに含まれる糖質量が多いため、食べ過ぎには注意したい。カロリーも高いのが特徴的。使用する材料を工夫すれば、少しはカロリーが抑えられる。
この記事もCheck!

3. エッグタルトを知ろう!

エッグタルトは、ポルトガル発祥で、街では至るところで販売されているほどの定番スイーツである。ポルトガルスイーツといえば、カステラがあまりに有名だが、エッグタルトも日本でも見かけるようになった。専門店や洋菓子店、パン屋でも販売されているからだろう。エッグタルトと名前を聞けば、固めのほろほろっとした生地を思い浮かべるだろうが、実は違う。土台に使用されるのは、パイ生地だ。卵がふんだんに使われたクリームをパイ生地に流し入れ、高温で焼き上げたものである。サクサクとした生地とクリームの相性は言うまでもない。
この記事もCheck!

4. キッシュとタルト

キッシュとは、フランスのアルザスロレーヌ地方の料理で、家庭料理として親しまれている。キッシュの土台にも、パイ生地のほかにタルト生地を使うことも多い。円形に焼き上げられたタルト生地に、卵と生クリームで作った液を流し込み焼き上げる。具材は、定番の玉ねぎ・ベーコン・ホウレン草のほかにも、残り野菜を使ってもよい。本来は、卵がたっぷりと使用されたものだが、アレンジは自由だ。本場フランスでは、お菓子と食事に使うタルト生地を使い分けるそう。お菓子には甘いタルト生地が、食事には甘くないタルト生地が使われる。
この記事もCheck!

5. セイボリータルトって何?

セイボリータルトは、甘くない惣菜や軽食として楽しめるタルトだ。セイボリーには、スラング的に塩気があるスナックの意味を持ち、ナッツや煎餅もこれに当てはまる。海外では、間食にセイボリーを食べる健康志向の人が増えている。セイボリータルトは、野菜やきのこ類がふんだんに使われたものや、魚介を使ったもの、鶏・豚・牛などの肉類を使ったものと多様である。間食のみならず、つまみや食事にもなるタルトだ。家庭でも簡単に調理できるが、タルト生地は甘くなく塩気のあるものにすることを覚えておこう。具材には決まりがないので、前日の残り物を使うのもおすすめだ。きんぴらや麻婆豆腐もタルトに変身する。
この記事もCheck!

結論

今回は、タルトについてご紹介した。甘いスイーツのタルトから食事系のタルトまであり、アレンジ次第で楽しみの幅が広がりそうだ。一から手作りするのもよし、気軽に市販のタルト生地を使うのもよし、タルト料理を一度は試してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >