このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
時短朝食アイデアを紹介!時間がない朝に使いたい!

時短朝食アイデアを紹介!時間がない朝に使いたい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年5月16日

洗濯、お弁当、身支度などなど、朝は何かと忙しいもの。朝食メニューはできるだけ簡単に済ませたい!というのは多くの人が考えていることではないだろうか?今回はそんな人必見!時間に余裕のない朝を助けてくれる朝食アイデアを一挙公開!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 時短朝食を始める前に

朝食の意味

朝食は1日を始めるスイッチ。朝食を食べることは、国からも推奨されている。前日の夕食が遅い、飲み過ぎ、食べ過ぎなど、何か理由がなければ、きちんと摂りたいところである。さらに、お子様のいるご家庭では朝食は必須であろう。

朝食に必要な栄養素

朝食を摂るのなら、ぜひ炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルを意識したい。炭水化物はごはん、パン、餅、麺など。タンパク質はシラスやハム、ソーセージ、卵など。ビタミンやミネラルは野菜やフルーツなどから摂取できる。

パターン化が楽ちん

栄養バランスを意識しすぎて、朝食自体が面倒くさくなってしまうようでは、元も子もない。そのためにはいくつかのパターンを設けて、ルーティンにするのがおすすめ。月曜日はパン、火曜日はごはん、水曜日は麺...と曜日で決めてもよし、週替わり制を導入するのもよいだろう。はたまた毎日同じなんていう大胆なパターン化も時にはあり!

2. 時短朝食のコツ

固定概念を捨てる

朝食というとごはんやパンをイメージする人が多いが、麺類や餅類でもまるで問題はない。さまざまなアイデアを活用したい。そのためには、外国の朝食メニューやカフェメニューを参考にするのがおすすめ!台湾や中国の粥やイタリアのパスタ入りのミネストローネなど、時短朝食のアイデアが満載である。

洗い物を最小限に

時短朝食を叶えるには、まず1プレート、1丼、1カップなど、食器が1つで済む献立をチョイスするのがおすすめ。洗い物が少なくなるだけで、時短への道が一気に進む。同様の考え方で、調理道具も最小限に抑えるメニュー構成にするとよい。

市販品も上手に活用

朝に野菜を摂取するのがなかなか難しいという人は、野菜ジュースや洗うだけのミニトマト、冷凍野菜を活用するのも1つの手。簡単に食べられるフルーツに頼るのもよいだろう。

3. 時短朝食アイデア

ホットプレート作戦

ホットプレートは、一度に多くの素材を調理することができるので、時短朝食の大きな味方になってくれる。献立例をあげるとチーズ焼きおにぎりと野菜のソテー。フレンチトーストとベーコンなど、アレンジは自在。野菜やツナなどでチャーハンやソバメシを作るのもホットプレートなら簡単!

麺類を活用

朝食の麺類は、実はとっても合理的。茹で麺などを活用すれば、鍋1つで作ることも可能だ。また温かいつゆの麺類なら胃も温まり、気温の低い朝にも食べやすい。ゆでたてのうどんやそばをごま油とネギ、醤油などで和える簡単な和え麺もおすすめ。意外にも子どもからの人気も高めだ。

買い置きを活用

朝は毎日やってくるので、無理をしないで続ける方法がベスト。レトルトやフリーズドライ、買ってきたパンなど、さまざまな買い置きも上手に活用したい。たまには、カフェやコーヒーショップなどのお店で朝食を摂るのも気分が変わっていいかもしれない。

結論

朝食は大切な1日の食事のひとつ。朝食を美味しく食べるためには、まず規則正しい生活リズムを築くこと。朝食を食べる体の準備ができたなら、毎日無理なく食べられるよう時短アイデアをどんどん取り入れてみよう。そのうち、夜眠りにつくとき、朝ごはんが楽しみになるはず。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >