このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コーヒーとスイーツ】で至福のひとときを!疲れた頭をリセット!

【コーヒーとスイーツ】で至福のひとときを!疲れた頭をリセット!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月19日

ホッとひと息いれたいときの最高の組み合わせといえば、コーヒーとスイーツではないだろうか。コーヒーといってもさまざまな種類や味わいがあり、そのコーヒーに合ったスイーツを選ぶことで、より至福の時間を過ごすことができるだろう。今回はそんなコーヒーとスイーツの最高の組み合わせについて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーヒーとスイーツで癒しの時間

疲れたときにコーヒーとスイーツを味わいたくなるのは、コーヒーのもつ健康効果が関係しているかもしれない。コーヒーは脳を活性化させたり、リラクゼーション効果が期待できたりするといわれている。コーヒーを飲むことで、集中力を保ち、コーヒーの香りが脳をリラックスさせる働きがあるようだ。そのため、人は疲れた際にコーヒーを飲みたくなるのかもしれない。それに合わせたいスイーツもまた疲れたときの特効薬のような効果が期待できる。スイーツの多くには砂糖が使われており、疲れた際に甘いものを食べたくなるのは血糖値を正常値に戻し、脳内の神経をリラックスさせる効果があるからだ。そんなコーヒーとスイーツを上手に組み合わせることで、最高のリラックスした癒しの時間を演出することができるのだ。

2. コーヒーの種類とスイーツ

コーヒーといっても種類や煎り方によって味わいに違いが生まれる。浅煎りのコーヒーは、酸味を存分に味わえ、深煎りのコーヒーはコーヒー豆のもつ苦みや、コク深い味わいが魅力だ。そんな味わいの違いによっても合わせるスイーツの種類は違ってくる。コーヒーに合わせるスイーツを選ぶのか、スイーツに合わせるコーヒーを選ぶのかは人それぞれだが、最高の組み合わせを見つけて自分へのご褒美タイムを作ってみるのもよさそうだ。

3. 酸味のあるコーヒーに合うスイーツ

浅煎りの酸味のあるコーヒーには、バターを使ったマドレーヌやマフィンのようなスイーツもよく合う。さらにレモンパイやチーズケーキなど少し酸味のあるタイプやアップルパイやフルーツケーキのようにフルーツを使ったスイーツもおすすめだ。さらに酸味のあるコーヒーはアイスにするとより軽い味わいになるので、食事の際のおともにもピッタリだ。比較的、酸味のあるコーヒーにはあまり濃厚すぎずさっぱりとした印象のスイーツがよく合うだろう。

4. 苦みのあるコーヒーに合うスイーツ

深煎りの苦みのあるコーヒーには、甘いスイーツがよく合う。たとえば、生クリームたっぷりのスイーツやチョコレートケーキ、さらにキャラメルとの相性もいいので、プリンを合わせるのもいいだろう。甘さが際立つスイーツを苦みのコーヒーが中和してくれるので、コーヒーとスイーツの互いの味の相乗効果で食べやすくなる。ほかにもアイスクリームとの相性もよく、アイスクリームにエスプレッソをかけたアフォガートもこの発想だ。濃厚な甘さが特徴のスイーツには、苦みのあるコーヒーを合わせて甘さをすっきりさせながら味わってみるのもおすすめだ。

■ミルクを使ったコーヒーに合うスイーツ

コーヒーにミルクを入れたカフェオレやカフェラテには、ベリー系のフルーツをふんだんに使ったスイーツとの相性もいい。コーヒーにミルクを足すことで、多少甘さが加わるので、合わせるスイーツは甘さが控えめなものがいいだろう。

結論

コーヒーとスイーツは疲れた身体や脳をリラックスさせるのにピッタリの組み合わせだ。コーヒーの種類や味わいによっておすすめのスイーツの種類も違ってくるので、コーヒーに合わせたスイーツを選んでみるのもいいだろう。互いを引き立たせるコーヒーとスイーツの組み合わせを味わえば、心も身体もリフレッシュできるのではないだろうか。疲れた際はコーヒーとスイーツでひと息いれてみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >