このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ラムレーズンアイスのカロリーやおすすめの食べ方を紹介!

ラムレーズンアイスのカロリーやおすすめの食べ方を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月23日

フワッとほどよくラム酒の風味が楽しめるラムレーズンのアイスクリームは、隠れた人気商品である。ここではラムレーズンアイスとはどのような食べ物なのか、カロリーや栄養成分、食べ方などについて紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ラムレーズンアイスってどんな食べ物?

ラムレーズンアイスは、バニラアイスにラム酒で漬けたレーズンを合わせたアイスクリームである。ラム酒を使っていることからも、大人のアイスの定番となっており、ファンも多い。アイスといえばバニラやチョコが人気だが、定番のラインナップにラムレーズンを揃えているメーカーもある。

ラムレーズンアイスは、実は肌寒くなった秋や冬の季節に販売が開始となる場合が多い。その理由は、酒が入っていることによってアイスが溶けやすいという特徴があるからだ。夏にラムレーズンアイスを買うときには、運ぶときの温度や帰宅までの時間に気をつけよう。

2. ラムレーズンアイスのカロリーは?

アイスは砂糖が多く使われているので、カロリーは高いものが多い。しかし、市販のアイスの場合は種類によってカロリーが異なるので、体重制限中のときなどはカロリーの低いものを選ぶようにしよう。

ここでは市販のラムレーズンアイスのカロリーを比較していきたい。
  • ハーゲンダッツ ラムレーズン
    内容量 110ml 245kcal
  • 江崎グリコ 牧場しぼり ラムレーズン
    内容量 120ml 183kcal
  • 江崎グリコ SUNAO ラムレーズン
    内容量 120ml 80kcal
カロリーを比較すると、内容量が少なければカロリーも低いとは限らない。メーカー独自の配合や、乳脂肪分や糖質の含有量によって、カロリーは大きく変わる。美味しさは個人によって好みが異なるので、どれが美味しいかは人によって捉え方が異なる。いろいろな視点から、お気に入りのラムレーズンアイスを見つけてみよう。

3. ラムレーズンアイスのおすすめの食べ方

ラムレーズンアイスはもちろんそのまま食べるだけでも美味しいが、より美味しさがアップする食べ方をいくつか紹介したい。

・基本の食べ方

ラムレーズンアイスは酒が入っているので、ほかのアイスよりも溶けやすい。冷凍庫から出したら冷蔵庫か常温に置き、スプーンが入るくらいの柔らかさまで溶かして食べるようにしよう。

・ケーキに添える

パウンドケーキやパンケーキなどにラムレーズンアイスを添える食べ方もおすすめ。アイスを添えて一緒に食べると、生地がしっとりとして食べやすくなる。ラムレーズンアイスを添える場合は、プレーンのケーキがおすすめだ。

・エスプレッソをかける

エスプレッソはコーヒーが濃縮されて濃い味わいを楽しめるもの。器にラムレーズンアイスを盛り、エスプレッソコーヒーをかけて食べてみよう。ほろ苦いコーヒーの風味のなかにふわりとラム酒のよい香りが漂う大人の食べ方だ。

4. ラムレーズンアイスはアルコールが含まれている?

ラムレーズンはレーズンをにラム酒をなじませて作るものなので、「アルコールが残っているのでは?」という心配な点もある。運転をするときや妊婦、子どもでもラムレーズンアイスを食べても大丈夫なのだろうか。

ラムレーズンには、実際には微量のアルコールが含まれている。しかし、ラムレーズンアイスの場合は一度に大量に摂取するというものではないので、通常の量であれば問題ないだろう。

ただし、極端にアルコールに弱い体質だったり、体調が悪かったりする場合はアルコール検知器に引っかかってしまうこともある。もちろん子どもや妊娠中の人の場合はラムレーズンアイスを控えたほうがよい。気がかりな点があるときは、ラムレーズン入りのアイスはおすすめできない。

結論

ラムレーズンアイスは、バニラアイスにラムレーズンを混ぜた大人のデザートである。ほろ苦いラム酒の風味が引き立ち、大人の味わいを楽しめる。市販のラムレーズンアイスは冬季に店頭に並ぶことが多く、カロリーは商品によって違う。風味の違いやカロリーなどから自分のお気に入りのラムレーズンアイスを見つけてみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ