このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
秋田錦牛はバランスの良い旨みが特徴!美味しい食べ方を紹介!

秋田錦牛はバランスの良い旨みが特徴!美味しい食べ方を紹介!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年7月 6日

秋田錦牛は秋田という自然の中で育てられ、北国の風土のよさを生かして成長しているのがポイント。日本にはたくさんの和牛が育てられているが、まだ食べたことのないブランドもたくさんあるだろう。こちらでは秋田錦牛がどうして販売されるようになったのかという歴史と、美味しさの秘密を食べ方などを解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 秋田錦牛は北国で育ったバランスのよい旨み

秋田錦牛は甘みのある肉の脂身、そして食べるほどコクが出る赤身の絶妙なバランスが魅力だ。厳しい自然環境で飼料にこだわり、じっくりと育てられることが、美味しさの秘訣だ。
黒毛和牛は肉の旨みはもちろんだが、肉の香りが良いのが特徴だ。霜降りであることも魅力で、日本で人気のある三大ビーフ(神戸・松阪・近江)がその代表格だろう。もともとは近畿地方や中国地方で流行っていた種だが、秋田錦牛をはじめとして現在では地域に限らず広まっている。

2. 秋田錦牛のルーツは「栃錦」

次に、秋田錦牛のルーツを辿っていこう。秋田県で和牛ブランドを作りたいという思いから、組合で厳選した品種が「秋田錦牛」だ。1975年以降に、日本一の和牛だといわれた牛肉の「栃錦」にちなんでつけられたのが秋田錦牛。認知度の拡大のために直営所や契約店で販売し、ついに1999年に商標登録を実現した。秋田錦牛の条件がいくつかあるので見ていこう。
  • 黒毛和種
  • 最も長く秋田県内で飼育されている
  • 認められた生産者である
  • 生後25ヶ月以上(ベストは30ヶ月以上)
  • 飼料には明確な産地や添加物を示すこと
  • 肉質ランクの歩留等級がA・B、肉質等級が3以上である
  • 品種・産地・性別などが明確である
  • 全国和牛登録教会による子牛登記書がある
主に上記のような条件を満たして、はじめて「秋田錦牛」ということになる。厳しい条件をクリアしているからこそ、美味しい秋田錦牛ができあがるのだろう。

3. 秋田錦牛の美味しい食べ方とは?

秋田錦牛の美味しい食べ方は、一体どのようなものがあるのだろうか。こちらでまとめていこう。

■バーベキュー

秋田錦牛は噛めば噛むほど味わいが出る、赤身の牛肉だ。野菜などと一緒に焼くバーベキュースタイルで食べると、肉の旨みを感じられるだろう。好みのタレで食べるのがおすすめだが、最初は塩や胡椒などのシンプルな味付けで、肉の本来の風味を堪能するのがよい。

■ローストビーフ

ローストビーフは牛肉の本来の味を感じられる料理だ。秋田錦牛のように赤身を噛んで食べごたえを感じる肉では、シンプルな味付けでも肉本来の旨みを楽しめる。ほかにもローストビーフ用のタレにつけたり、わさび醤油につけるだけの食べ方も美味しい。

■ステーキ

赤身好きの人にはぴったりの秋田錦牛。そのまま網焼きやステーキにして食べると、噛みごたえがあって満足感も増すだろう。赤身が多くヘルシーなのもうれしいポイントだ。

4. 秋田錦牛のアレンジ

秋田錦牛のアレンジでおすすめなのものがある。自宅で簡単にできるので、是非試してほしい。

■ローストビーフ丼

秋田錦牛は赤みが多いのでローストビーフにするのが美味しい。牛肉のかたまりをフライパンで一度焼いて軽く焦げ目をつける。ラップとアルミホイルで包み、沸騰した湯で10分弱茹でたら、そのまま火を止めて置いておく。常温に戻ったら、薄めに切っていこう。ごはんにのせて、わさび醤油をかければ美味しいローストビーフ丼のできあがりだ。

■牛肉とトマトの煮込み

赤身の肉はそのまま食べるのもよいが、煮込むのもおすすめ。一口大にカットした秋田錦牛をしめじなどのきのこと一緒に、トマト缶で煮込む。コンソメなどを入れ味を調えていけば、一品できあがりである。

■牛肉の中華風炒め

秋田錦牛を細切りに切ったら、ピーマンなど好みの野菜と一緒に炒める。味付けにオイスターソースを使うと、一気に中華風のおかずの完成だ。

結論

こちらでは秋田錦牛の特徴や美味しい食べ方、アレンジ方法などをまとめてきた。秋田錦牛は赤みが多く、噛むほど旨みが広がるのがポイントだ。ローストビーフなど、赤身だからこそ美味しいレシピを覚えてみよう。自分のレシピの幅が広がるに違いない。
※ 画像はイメージです。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ