このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トルコ料理の定番メニューや特徴を紹介!世界三大料理のひとつ!?

トルコ料理の定番メニューや特徴を紹介!世界三大料理のひとつ!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月28日

トルコ料理というと、どんな料理を思い浮かべるだろうか。日本では多国籍料理としてまとめられがちなトルコ料理は、じつはフランス料理、中華料理とともに世界三大料理として知られている。バリエーション豊かなトルコ料理は、知れば知るほど奥が深い。ここでは、トルコ料理の定番メニューや魅力について、詳しく探っていきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 世界三大料理のひとつのトルコ料理の定番メニューの紹介

トルコは中東地域の代表的な国であり、隣接する国が多いことからもトルコ人の目や髪の色などには多種多様な特性がある。また、トルコは世界有数の農業大国であり、あんずやさくらんぼの生産量は世界1位を誇る。日本との友好の歴史も深く、日本でもトルコ料理専門店や、祭りやイベントの屋台などにおいて、トルコ料理が親しまれている。それではまず、代表的なトルコ料理を見ていこう。

・ケバブ

ケバブはもともと「焼き料理」全般を指す意味であった。ケバブといってもいくつか種類があり、「シシカバブ」や「ドネルケバブ」などに分けられる。シシカバブは串焼きにした肉のこと。ドネルケバブは大きな肉の塊を回転させて焼いて削る料理であり、日本のイベントでもよく見かける。トルコはイスラム教の国なので、豚肉は食べられない。鶏肉や牛肉もあるが、一番人気なのは羊肉である。

・キョフテ

キョフテは子どもに大人気のメニューである。牛肉や羊肉の挽肉を丸めて成形し、野菜と一緒にトマトソースで煮たり、そのまま焼いたりして食べる。日本でいうとハンバーグに値する料理であるが、トルコのキョフテの特徴は、豚肉が使われていないという点。羊肉は脂質が少ないので、固めの仕上がりになる。

・フムス

ひよこ豆をすりつぶしてすりゴマ、塩、にんにくなどを加えた料理。真ん中を窪ませ、オリーブオイルを垂らして食べるのがトルコ風。トルコ人の主食であるパンや、肉料理の付け合わせとして食べられている。

2. 定番メニュー以外のトルコ料理

トルコ料理といえばケバブとキョフテだが、まだまだこれだけでは終わらない。トルコに旅行に行って何を食べたらよいのか迷っている、トルコ料理の特徴を知りたいという人はそのほかの料理もぜひチェックしておこう。

・ビベルドルマス

トルコの代表的な家庭料理で、ピーマンのなかに挽肉や米が詰められている。よく煮ることでピーマンの甘さが引き出され、ピーマンの苦味が苦手な人でも食べやすい。

・ターゼファスリエ

インゲン豆をトマトで煮た料理である。オリーブオイルを加えるため、煮物にしては油っぽさがあるが、野菜をたくさん摂りたい人にはおすすめの一品。

・カルヌヤルク

茄子のなかに羊の挽肉やじゃがいも、玉ねぎなどを詰めて焼いた料理。トルコでは茄子がよく使われる。料理名のカルヌヤルクは「お腹を割く」という意味である。

・マントゥ

中華料理の饅頭に由来しているといわれているマントゥは、小麦粉で作った餃子のような生地に、挽肉を詰めて茹でた料理だ。トマトソースとヨーグルトソースをかけて食べるのが特徴で、イタリア料理のような様相である。

3. 日本でもおなじみの食材のトルコでの食べ方

日本はいろいろな国の文化を受けているため、どの食べ物がどの国に由来するものかを知る機会は少ない。意外なものがトルコ発祥だったり、同じ食べ物でもトルコでの食べられ方は異なっていたりする。

・ヨーグルト

ヨーグルトといえばブルガリアが有名であるが、実はトルコはヨーグルト発祥の地である。日本ではフルーツや砂糖と合わせて甘い味付けで食べられることが多いが、トルコではスープや料理のソースなど、調味料のように使われることがほとんどだ。コクだけではなく酸味も加えられるヨーグルトは、トルコ料理にとって欠かせない食材といえるだろう。

・アイス

日本でも一時期流行したが、トルコアイスの名で日本でもよく知られるアイスクリームは「ドンドゥルマ」と呼ばれる。ラン科の植物の根を利用して作られるドンドゥルマは強い粘り気が特徴だ。トルコの路面店では、店員の面白いパフォーマンスが見られる。

・ビール

トルコの代表的なビールは、青いラベルが目印の「エフェス」である。エフェスはトルコ国内で80%のシェアをもち、世界中に輸出されている。エフェスの名前の由来は、トルコの「エフェソス」という都市名から。麦芽の豊潤な香りのなかに、レモンを思わせるようなさわやかな香りが漂う。日本のビールと比べてさっぱりとした飲み心地なので、キリッとしたドライなビールが好きな人にはもの足りなさがあるかも知れない。

結論

トルコ料理は宗教的な理由によって、豚肉を使わず羊の肉を多用するという特徴がある。また、塊肉だけではなく挽肉も使われることが多い。日本に存在するヨーグルトは調味料のように使われていたり、同じアイスクリームでも粘度が違ったりと驚くような違いもあるが、その違いを知ったり試してみたりするのも楽しみ方のひとつだ。食文化の違いは、離れた国を深く知るきっかけにもなるだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ