このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コストコの緑茶はコスパが良すぎる!美味しい淹れ方も紹介!

コストコの緑茶はコスパが良すぎる!美味しい淹れ方も紹介!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月15日

コストコでは、大容量の緑茶のティーバッグが人気だ。コストコのプライベートブランドであるカークランドのマークが入っているのは、緑茶の老舗として有名な伊藤園とのコラボ商品だ。コストパフォーマンスのよさとティーバッグの使いやすさ、そして美味しさの3拍子揃ったおすすめ商品だ。コストコのおすすめ緑茶の魅力と美味しい淹れ方を見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コストコの緑茶とは

コストコの緑茶でおすすめなのが、大容量パッケージが目をひく、抹茶入り緑茶ティーバッグだ。日本産の茶葉を100%使用しているので、美味しい緑茶を楽しめる。この緑茶は100袋入りなのに、1200円ほどで1袋当たりおよそ12円というコストコならではの値段設定も魅力だ。ほかのスーパーなどで緑茶のティーバッグを購入するよりもコストコのほうが安いので、毎日緑茶を飲む人にはおすすめだ。

多いように感じる人もいるかと思うが、一つずつ包装されているので、飲みたいときに開けられるのも嬉しい。またティーバッグの緑茶なので、急須などを使わず、飲みたいときに手軽に緑茶を楽しむことができる。ホットやアイスなど、季節によって緑茶の飲み方を変えて楽しむのもおすすめだ。1日に何回も緑茶を飲みたい人や、会社などに置いておいて、大勢で飲みたいときに緑茶を淹れるのにいいだろう。

コストコのカークランドと伊藤園がコラボした、コストコでしか手に入らない限定の緑茶なので、手軽に飲めるお手ごろ価格の緑茶を探している人にはおすすめだ。ティーバッグの1袋には1.5gの緑茶の茶葉と抹茶がナイロン製のメッシュに入っている。最近、緑茶のカテキンの抗菌作用が注目されているので、この機会に緑茶を飲む習慣を作ってみるのもいいだろう。

2. コストコの緑茶の味の特徴

コストコの抹茶入り緑茶ティーバッグは、抹茶入りなので普通の緑茶よりもさっぱりと飲みやすいのが魅力だ。抹茶入りなので、色合いは黄緑で抹茶のにごりがあるが、ほどよい抹茶の甘みと緑茶の苦みが絶妙なバランスだ。ティーバッグ入りなので、ホットとアイスの両方で楽しめる。ホットより水出ししたほうがやや緑茶の渋みを感じられる。基本的に淡泊な味わいなので、ごくごく飲みやすいのもこの緑茶の特徴だ。1日に何回も緑茶を愉しみたい、そんな人にはおすすめだ。

3. コストコの緑茶の美味しい淹れ方

ティーバッグの緑茶でホットの緑茶を美味しく淹れるには、まず80℃のお湯を用意する。この温度は緑茶の甘みをより引き出してくれる。お湯をティーカップなどの八分目ぐらいまでゆっくり注ぐ。そして、ティーバッグを入れたら紐を30秒ほど揺らす。抹茶入りなので、包装の中に、抹茶の粉が残っていたら、ティーカップに一緒に入れよう。その後ティーバッグを引きあげて完成だ。ホットの場合は、緑茶の香りも感じやすくリフレッシュ効果も期待できる。

アイスの場合は、水を注いだティーカップなどに緑茶のティーバッグを入れて、紐を2~3分揺らして色が出たら完成だ。どちらも手軽に短時間で美味しい緑茶を淹れられる。手軽に作れるので、自宅や会社にストックしておいたり、自宅からマイボトルに入れて持って行ったりするのもいいだろう。時間がないときでも、手早く淹れたての緑茶を愉しめるのがコストコの緑茶ティーバッグの魅力なのだ。

結論

コストコの緑茶のティーバッグは、コストパフォーマンスはもちろん、ごくごく飲める味わいなのが魅力。緑茶にはカテキンやビタミンCが含まれ、飲むことで身体にもいいのだ。コストコの緑茶なら、手軽に飲めるので緑茶のある生活をはじめてみるのもおすすめだ。コストコの緑茶のティーバッグは個別包装になっているので、いつまでも新鮮な緑茶の味わいが愉しめる。リフレッシュしたい際にぜひ飲んでほしいお茶だ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ