このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
しらすは無限キャベツの立役者!美味しく作るコツは?

しらすは無限キャベツの立役者!美味しく作るコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年5月 5日

すでにその人気が定着し、まさに無限といっても過言ではないほど、次々にアレンジレシピが考案されている無限キャベツ。しらすは、このブームの立役者といえる存在だ。使われたのが、しらすでなければ、これほどまでにブームとなることも、もしかしたらなかったかもしれない。というわけで、今回は、無限キャベツの元祖ともいうべき、しらすを使った無限キャベツについて詳しくお伝えしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. しらすを使った無限キャベツが元祖?

今では、無限キャベツと称されるレシピは、数多く紹介されているが、そもそも無限キャベツを、これほどまでに、幅広く世間に認知させることになった、まさにブームの立役者といえるのが、しらすを使ったキャベツのレシピになる。

同レシピは、料理研究家のリュウジ氏の考案によるものだ。リュウジ氏といえば、いわゆる「バズレシピ」の大家ともいえる存在で、自身のツイッターで次々とブームになるレシピを公開している。

しらすを使ったキャベツのレシピも、ツイッターで公開されると、そのあまりの美味しさが話題となり、またたくまに拡散し、テレビの情報番組でも取り上げられることになった。

リュウジ氏考案のレシピの正式名称は、「無限湯通しキャベツ」だが、無限キャベツでも問題なく通じるくらい、すでに無限キャベツの代表的存在となっている。

2. しらすを使った元祖無限キャベツを美味しく作るコツ

では、その無限キャベツの元祖ともいえる、しらすを使ったキャベツの作り方と美味しく作るためのコツについてお伝えしよう。

しらすを使った無限キャベツの作り方そのものは、千切りしたキャベツにたっぷりの熱湯を回しかけ、水気をきったあと、しらすと旨み調味料、塩コショウ、ごま油で和えるだけ、と詳しく説明する必要もないほど簡単だ。

簡単だが、無限に食べ続けられるほど美味しく作るためには、やはりちょっとしたコツがいるようだ。考案者のリュウジ氏によると、そのコツは、キャベツを千切りにする際に、あまり細かく切らないことだという。ほどよい食感を残すために、1cm前後の幅を目安に切るようにするといいようだ。たったこれだけのコツを押さえるだけで、箸が止まらなくなるくらい美味しく作ることができるのなら、試さない手はないだろう。

また、キャベツは熱湯を回しかけた後、すぐに水でしめてから、水気をきると、調理時間を短縮できるとのこと。

3. しらすを使った無限キャベツは栄養価も◎

しらすを使った無限キャベツの栄養価については、やはり気になるところだろう。

キャベツには、各種ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれている。ビタミンの中では、とくにビタミンC、ビタミンK、ビタミンU(別名キャベジン)が豊富だ。

ビタミンCは、抗酸化ビタミンとして、肌の健康を保つなど、身体の調子をととのえるのに幅広く関与しているビタミンだ。ビタミンKは、骨の形成や血液凝固などに関与しているビタミンだ。ビタミンUは、別名キャベジンとも呼ばれ、胃腸の粘膜を健やかに保つ働きが認められているようだ。

ミネラルの中では、キャベツには、カルシウムやカリウムが豊富に含まれている。カルシウムは、丈夫な骨づくりに欠かせないミネラルで、カリウムは、余分な塩分を体外に排出する働きがある。

一方、しらすにもカルシウムが豊富に含まれている。しらすは骨を含め、まるごと魚の栄養を摂取できる点が最大の魅力になるだろう。タウリンや鉄、亜鉛などのミネラルも豊富だ。丈夫な骨づくりに関与するビタミンDも含まれている。

さらにしらすには、栄養成分だけでなく、イノシン酸やグルタミン酸などの旨み成分が豊富に含まれている点も見逃せない。

結論

無限キャベツの元祖ともいえる、しらすを使った無限湯通しキャベツについて紹介した。果たして興味を持っていただけただろうか。驚くほど簡単、かつ驚くほど美味しくできるので、これまでまだ一度も味わったことがない人は、これを機にしらすを使った無限キャベツづくりにチャレンジしてみてはいかがだろう。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ