このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かるかんのカロリーや作り方を知ろう!鹿児島名物のお菓子を紹介!

かるかんのカロリーや作り方を知ろう!鹿児島名物のお菓子を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年6月16日

かるかんは鹿児島の郷土料理のひとつで、軽くふわっとした食感を楽しめるお菓子だ。ただ、どのような経緯で生まれたのか、またどのような原料が使われているのかなど、外見だけではわかりにくい。とくになじみの薄い人にとっては、謎だらけのお菓子かもしれない。そこで本記事では、かるかんの由来やカロリー、作り方などを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かるかんは鹿児島の土壌に由来するお菓子

かるかんの由来には諸説あるが、有力なものがある。薩摩藩の藩主であった島津斉彬が菓子職人を招いて開発させたといわれているのだ。鹿児島には火山堆積物により形成されたシラス台地が広がっており、山芋の栽培が盛んに行われていた。その山芋を原料に使える食べ物として、かるかんは歓迎され普及したと考えられる。本来かるかんといえば白い生地のみでできるお菓子だが、現在ではあんを中に入れたかるかん饅頭も親しまれている。

2. かるかんは、軽い食感のわりに高カロリー

かるかんの生地に使う主な材料は山芋、かるかん粉、砂糖だ。かるかん粉とは米粉で、かるかんに適した粗さに加工されたものだ。かるかん1個に使うそれぞれの量は、おおよそ下記だといえる。
山芋:10g
砂糖:15g
かるかん粉:10g
上記の材料で作ったかるかん1個のカロリーは、約107kcalだ。お菓子としては一般的な値だが、非常に軽い食感のわりには高い、ともいえる。かるかんが好きな人も、食べ過ぎには気を付けよう。また、かるかん饅頭の場合はあんの分だけカロリーも増える。こちらも要注意だ。

3. かるかんは栄養を気にするより嗜好品として楽しみたい

上記の材料から作ったかるかん1個の栄養は、おおまかには下記の通りだ。
たんぱく質:1.1g
脂質:0.1g
炭水化物:25.8g
食物繊維:0.4g
かるかんの大部分は炭水化物だといって差し支えない。ミネラルやビタミンも含まれてはいるものの、量は少ない。したがって、かるかんはあくまで嗜好品だと考えるのがよいだろう。栄養面をあれこれ考えるよりも、味を楽しむことを優先して適量を食べるのがおすすめだ。

4. シンプルな材料でOK!かるかんの作り方

かるかんを買って食べるのもよいが、せっかくなら自作してみるのもよいだろう。材料を揃えるのも難しくないはずだ。
  • 生地を作る
まずは山芋をすり下ろす。かるかんをきれいな白に仕上げるために、最初に必ず山芋の皮をむくこと。すり下ろしたら砂糖と水を加えて混ぜ、さらにかるかん粉を加えて混ぜる。ここで練ってしまうと粘り気が出て食感を損なうため、あくまでさらりとした状態を保ちつつ優しく混ぜるようにする。
  • 蒸す
生地ができたら型に流し込み、蒸し器などを使って蒸す。型の形は自由だが、かるかんの伝統的な形に仕上げるなら四角形のものがおすすめだ。極端なサイズでない限りは、形による蒸し具合のムラは考えなくてもよい。生地の配合が適切であれば、ふんわりした食感に仕上がるはずだ。

5. 決して難しくない!かるかんのアレンジを試す

かるかんにはアレンジもいくつかある。味や色のバリエーションを簡単に楽しめるので、興味のある人は試していただきたい。例を紹介する。
  • 生地に色を付ける
かるかんといえば白さが特徴だが、あえて色を付けて見ための変化を楽しむこともできる。着色料や色付きの食材を使えばよいのだが、自分で加工するとかるかんの食感を損ねる可能性が高い。たとえばパウダー状のものを使えば、失敗なく仕上げられる。ほかに、黒糖を使ったかるかんも人気がある。見ために加えて風味も変えられるので面白い。
  • あんを変える
かるかん饅頭を作る場合に限るが、中に入れるあんの種類を変えるのも面白い。白あんはもちろん、栗、芋などさまざまなあんを試せる。最近は、さまざまなあんが入ったかるかん饅頭が売られている。自作が大変だという人は、さまざまなアレンジを買って楽しむのもよいだろう。

結論

かるかんは鹿児島の土壌ならではの作物を活かした、まさにご当地銘菓だといえる。軽さのわりにカロリーはやや高い。また、炭水化物以外の栄養価は高くないが、嗜好品として楽しむ分には問題ないだろう。シンプルな材料で作れ、アレンジも簡単にできるため、自作してみるのもおすすめだ。お菓子好き、山芋好きな人など、ぜひ試していただきたい。
(写真出展)
農林水産省 うちの郷土料理 かるかん
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/karukan_kagoshima.html
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ