このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
麻婆茄子を徹底解剖!茄子のカロリーから麻婆茄子の保存まで!

麻婆茄子を徹底解剖!茄子のカロリーから麻婆茄子の保存まで!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月18日

茄子は麻婆に合う!麻婆といえば豆腐のイメージだが、茄子も外せない。しかし、麻婆茄子を家で手作りするのは難しいと考えている人も多いだろう。材料と調味料は意外にも身近なものを使用するので、じつは手軽にチャレンジできる料理だ。市販の中華料理の素を使う方法もあるが、一から手作りするのも料理の醍醐味である。美味しい麻婆茄子を作って、家族みんなで美味しく食べよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 麻婆茄子の主役!茄子の栄養は?

麻婆茄子の主役の茄子について、どこまでご存じだろうか。茄子は季節によって生産場所に違いがある。夏秋の茄子は露地栽培が主流で、冬春はハウス栽培が主流だ。年中見かける茄子に多く含まれている栄養素は、ナスニンとカリウムだ。皮に含まれるナスニンはポリフェノールのことで、抗酸化力が期待できる。眼精疲労緩和にも効果があるようだ。身体の熱を逃がす作用があるカリウムは、夏バテの解消にも役立ち、老廃物の排出も助けてくれる。ほかにも茄子にはアスパラギン酸が含まれている。アスパラギン酸は、疲労に対する抵抗力を高めてくれるため、疲れた時には積極的に摂取したい。
この記事もCheck!

2. 茄子の選び方と麻婆茄子向きの切り方は?

料理をするときは新鮮な材料を使いたい。茄子を選ぶ際に見るべき場所は、ヘタとガクの周りである。ヘタとガクの周りにトゲがいっぱいあるのが、新鮮な証拠だ。購入するときは手に取って確認してみよう。新鮮な茄子を選べたら、次は切り方を覚えよう。茄子の切り方にはシマむき・乱切り・縦にスライスなどあるが、麻婆茄子に向いているのは乱切りである。断面が多くなり果肉部分の露出が増えることで、調味料がしみ込みやすくなるからだ。茄子を回しながら端から切ることが、乱切りのポイントである。茄子は切るとアクの酸化で黒ずんでくるため、さっと水にくぐらせておくのをおすすめする。
この記事もCheck!

3. 美味しい麻婆茄子を作る秘訣は?

麻婆茄子の材料は意外と手に入りやすいものが多く、茄子・豚ひき肉・ニンニク・生姜・長ネギだ。使用する調味料は、鶏ガラスープの素・酒・みりん・醤油・豆板醤・片栗粉である。炒めた材料と調味料で肉あんを作り、そこに茄子を加えよう。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成だ。麻婆茄子をより美味しく作る秘訣は、茄子を事前に油通ししておくこと。茄子の色をより鮮やかにし、旨みも閉じ込めてくれる。茄子のべたつきや揚げ過ぎに注意しながら、180℃でサッと揚げるのがおすすめだ。油を控えたい場合は、沸騰したお湯に少量の油を加え茹でる方法もある。市販の麻婆茄子の素を使う場合も、肉や野菜をプラスしてボリュームアップしてアレンジを楽しむのもいい。
この記事もCheck!

4. 麻婆茄子をカロリーダウンするには?

中華料理は油をたくさん使用することが多いが、麻婆茄子も同様だ。ほかの麻婆料理よりカロリーは低いが、下処理として茄子を油通しすることでカロリーが高くなってしまいがちだ。少しでもカロリーオフして食べるには、油通しを行わないことだ。代わりにおすすめするのが、切ったナスを耐熱皿に並べラップをかけ、電子レンジで加熱すること。茄子の下処理に油を使用しないため、大幅にカロリーをカットできる。また豚肉を油で炒めず煮立たせた調味料で煮込めば、さらにカロリーを抑えることが可能だ。ダイエット中やカロリーが気になる場合は試してほしい。
この記事もCheck!

5. 麻婆茄子の保存方法は?

麻婆茄子を作り置きし保存しておきたいときは、密封した状態で冷蔵保存か冷凍保存をしよう。鍋に入れたままの状態や常温での保存は細菌が増殖する場合があるので、できれば避けたほうがよい。冷蔵保存もあまり長くはできないので、少し長めに保存するなら冷凍保存がおすすめだ。しかし麻婆茄子は冷凍保存すると、食感や風味が落ちてしまうことがある。それを防ぐためには、肉あんのみを冷凍保存しておくとよい。食べる際に、解凍した肉あんに茄子を加えるのだ。麻婆茄子は肉あんと茄子を別々に調理してから合わせるので、肉あんのみを冷凍保存するのも容易だろう。
この記事もCheck!

結論

麻婆茄子はごはんが進む美味しい中華料理だ。手軽に美味しく作れ、手作りだからこそのカロリーオフも可能である。家族みんなで、新鮮な茄子と自家製の麻婆とのコラボレーションを楽しんでもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ