このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】マシュマロの栄養やカロリーを紹介|栄養図鑑

【管理栄養士監修】マシュマロの栄養やカロリーを紹介|栄養図鑑

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年6月30日

フワフワで甘いマシュマロは、女性や子どもに絶大な人気を誇るおやつのロングセラーである。そのかわいい外観と美味しさのため、マシュマロに含まれる栄養を気にする人はほぼいないのではないだろうか。今回はマシュマロに含まれる栄養を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マシュマロに含まれる栄養やカロリー

その美味しさゆえに、栄養面にはあまり関心が向かないマシュマロ。しかし、マシュマロにはかわいい外観とは相反する栄養が含まれているのである。また、糖分が多そうなマシュマロのカロリーは、どのくらいになるのだろうか。まずは、マシュマロの基本の基をみてみよう。

●マシュマロのカロリー

気になるのは、マシュマロのカロリーである。卵白と糖分が主成分のマシュマロ、カロリーはいかほどになるのであろうか。最近ではさまざまなフレーバーが登場しているマシュマロであるが、シンプルなタイプを見てみよう。マシュマロ1袋50gあたりのカロリーは、165kcalほどである。つまり、50gくらいであれば、おやつとしてもそれほど目くじらを立てる必要はないというレベルである。しかし、糖質についていえば、マシュマロ1粒には26g強の糖分が含まれる。糖分については、注意が必要かもしれない。

●マシュマロに含まれる栄養

それでは、マシュマロに栄養はあるのであろうか。そもそも、マシュマロは沼地を好んで咲くアオイ科の植物の根を原料としてきた歴史がある。このゼニアオイは、西洋ではいまでもハーブティーの原料として使用されている。
日本で現在購入できるマシュマロには、ゼラチンが使用されている。このマシュマロのゼラチンは、体内の中でコラーゲンなどの成分を構築するための源となるのである。生産している会社によって多少の差はあるものの、マシュマロ100gには、およそ5000mgのコラーゲンが含まれているという。

2. マシュマロをさまざまな方法で試す

マシュマロを美味しく頂くには、どんな食べ方があるのであろうか。そのアイデアを見てみよう。

●マシュマロを健康的に食べるには

マシュマロに含まれるコラーゲンをより効果的に摂取するには、プレーンヨーグルトとの摂取が好ましい。
酸味のあるプレーンヨーグルトとマシュマロは、食味の点からいっても相性がよいといえる。ヨーグルトの水分を吸収するマシュマロはますますまろやかになり、ヨーグルトの酸味はマシュマロの甘さで緩和されるためである。
また、食べる直前にマシュマロとヨーグルトを混ぜるのではなく、数時間はマシュマロをプレーンヨーグルトに漬けておくとさらにおいしくなる。

●果物を加えて朝食にふさわしく

マシュマロとプレーンヨーグルトは、それだけでも十分に美味しい。しかし、いずれも白色の食材だけに見ためが少し寂しいかもしれない。そこで、バナナやイチゴなどの華やかな色の果物を加えてみると、気持ちも盛りあがる。バナナとヨーグルト、そしてマシュマロを器に入れて、上からココアパウダーなどをかけ、イチゴをデコレーションしてみてはどうだろうか。それぞれの食材が非常に健康的なうえに、ちょっとしたカフェ風のおしゃれな一品を楽しめる。

3. マシュマロはおやつにもおすすめ!

糖分が気になる人は、マシュマロの食べ過ぎに注意が必要である。とはいえ、小腹が空いたときにスナックなどを食べるよりは、マシュマロをヨーグルトやフルーツとともに食べるほうがよほど健康的であることはまちがいない。
また、糖質もたんぱく質も含まれるマシュマロヨーグルトは、お腹の満足度も高いためにダイエットの一品としては向いているのである。そして、ヨーグルトの乳酸菌によって腸の調子が整うという一石二鳥効果もあり。甘いものが苦手な男性も、朝食や午後のおやつの際にはこんな効果を期待してパートナーにつきあうのもよいかもしれない。

結論

マシュマロは、その食感がことのほか愛されるお菓子であり、コラーゲンも豊富だ。糖分だけは注意が必要であるが、カロリーを気にしながら適宜の量であれば、腹持ちもいいマシュマロを使用したおやつはもっと推奨されてしかるべきだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >