このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クロックムッシュの作り方を紹介!ベシャメルソースは市販品で時短!

クロックムッシュの作り方を紹介!ベシャメルソースは市販品で時短!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月29日

焼きたてはアツアツのチーズが溶け出すクロックムッシュ。チーズ好きにはたまらない一品だ。食パンを使用すれば簡単に作れるし、ベシャメルソースは市販品でOK。またカンパーニュやフランスパンを使用してカリッとした食感を楽しむのもありだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クロックムッシュ作りに必要な食材の選び方

クロックムッシュの作り方の前に必要な食材の選び方を紹介しよう。クロックムッシュ作りに必要な食材は食パン、ハム、ベシャメルソース、グリュイエールチーズ、シュレッドチーズ、マスタードだ。ハム選びのポイントは、ロースハムを使用する場合は赤身のキメが細かく、筋肉の中の脂肪が少ないものがよい。ブロックのロースハムであれば、適度に引き締まった弾力のあるものを選ぶこと。押してみて肉汁が出るものや乾燥しているものは避けよう。

ボンレスハムを選ぶポイントは切り口がザラザラで肉の質感が残っているものがよい。とくに切り口のまわりに3~5mmくらいの脂肪層があるものが上質だ。ブロックであれば全体が同じ太さのものを選ぶこと。

クロックムッシュ作りに必要なグリュイエールチーズは、スイスの女王様といわれる由緒正しいチーズだ。特徴は、わずかな酸味がありナッツのようなコクがあるところ。また牛乳が原料で見ためは表皮が黄褐色で、硬くしなやかな断面は熟成が進むにつれ黄色が濃く香りが強くなる。

2. クロックムッシュの作り方

次にクロックムッシュの作り方を紹介しよう。まず2枚の食パンの片面にマスタードを塗る。1枚の食パンにベシャメルソースを塗り、グリュイエールチーズをのせハムを重ねたら、もう1枚の食パンで挟む。その上にベシャメルソースを塗りシュレッドチーズをのせる。あとはオーブントースターで焼き目をつければクロックムッシュの完成だ。もしチーズが溶ける前に食パンのフチが焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせて焦げないようにするとよい。

簡単な作り方としてハムやグリュイエールチーズをサンドした食パンにベシャメルソースを塗らず、フライパンで両面をバターで焼くのもおすすめだ。バターがなければマーガリンで代用してもOK。ちなみにクロックムッシュ作りに使用するベシャメルソースは市販品でも構わないが、手作りするときの作り方を紹介しておこう。まず牛乳を鍋で沸騰直前まで温め、別の鍋にバターを溶かし小麦粉を少しずつふるい入れながらダマにならないよう炒め、温めておいた牛乳を少しずつ加える。最後に泡立て器でよく混ぜ、塩をひとつまみ入れたら完成だ。

3. クロックムッシュのアレンジした作り方

次にクロックムッシュのアレンジした作り方を紹介しよう。ひとつめの作り方はフランスパンとスライスチーズを使用する作り方だ。まずフランスパンをカットし2枚1組のペアを作る。それぞれ1枚のフランスパンの片面にホワイトソースを塗り、ハムをのせてチーズを重ね、もう1枚のパンでサンドする。上面にホワイトソースを塗り全体にパルメザンチーズをまぶし、軽く手で押しなじませる。次にオーブントースターでアルミホイルをかぶせて焼き、アルミをはずしてこんがりと焼き目がつくまでさらに焼く。あとは器に盛り付け、仕上げに刻みパセリをふればクロックムッシュの完成だ。

次に通常とは逆の工程で作るクロックムッシュの作り方を紹介しよう。まず食パン1枚をオーブントースターで軽く焼いておく。フライパンに小麦粉を入れ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ、バターを加え火にかけてとろみが出るまで中火で混ぜ、溶けるチーズをちぎりながら入れ、塩こしょうで味を調える。焼いていない食パンにマスタードを塗りハムをのせ、トーストした食パンをのせてサンド。最後に溶けるチーズをのせオーブントースターで焼き目がつくまで焼いたらクロックムッシュの完成だ。

結論

クロックムッシュの作り方を紹介したが、基本的な作り方の場合、美味しそうに見せるにはベシャメルソースとチーズをパンの隅々までのせることだ。ちなみに紹介したチーズのほかに、ゴーダチーズやエメンタールチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノチーズを使用しても美味しく仕上がる。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ