このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クロックムッシュとクロックマダムの違いは何?休日のブランチに!

クロックムッシュとクロックマダムの違いは何?休日のブランチに!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月25日

今回はフランスのみならず日本のカフェでも定番のメニューになりつつあるクロックムッシュ(croque-monsieur)とクロックマダム(croque-madame)の違いや基本の食べ方を紹介しよう。クロックムッシュもクロックマダムも2枚の食パンの間にハムとチーズをサンドして作るところは共通している。では2つのパンの決定的な違いとは?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クロックムッシュとクロックマダムの違いとは?

最初にクロックムッシュとクロックマダムの違いを紹介しよう。見ためがオシャレでモーニングや休日のブランチに食べるのにピッタリのクロックムッシュとクロックマダム。基本的に薄くスライスした2枚の食パンにハムをサンドし、その上にエメンタールチーズやグリュイエールチーズを合わせるところまでは作り方は共通している。

次の工程だがクロックムッシュは食パンの表面にベシャメルソースを塗ってからオーブンやトースター、フライパンで焼く。一方のクロックマダムはベシャメルソースを塗ることもあるが省かれることも多い。決定的な違いはクロックムッシュには目玉焼きをのせないが、クロックマダムは仕上げに目玉焼きをのせるところだ。

ちなみにクロックマダムの簡単な作り方を紹介しておこう。用意する材料は食パン・卵・ハム・溶けるスライスチーズ(ピザ用チーズでもOK)・バター・マスタード。まずチーズを細切りにし、パンは2枚とも片面にバターとマスタードを薄く塗る。1枚にハムとチーズをのせ、もう1枚で挟む。その上にチーズをのせ真ん中を丸くくぼませ卵を割り入れる。あとはトースターに入れチーズが溶けるまで焼いたらOK。焼けたら皿に盛り付け、好みでサニーレタスを添えればクロックマダムの完成だ。

2. クロックムッシュとクロックマダムの基本の食べ方

次にクロックムッシュとクロックマダムの基本の食べ方を紹介しよう。まずはクロックムッシュの食べ方だ。クロックムッシュは手早く小腹を満たすものとして薄いパンで作られており、よりスピーディーに食べるには食パンを2つにカットすべきだろう。切るのはナイフでもカトラリーでも構わない。ワックスペーパーで包んで切ると手が汚れにくく口にするときも食べやすいし、見ためもオシャレだ。

焼きたてのアツアツの状態を食べるのが一番美味しいが、冷めても美味しいのがクロックムッシュの魅力のひとつ。ただし乾燥しないよう、粗熱がとれたらラップをかけておくこと。そのまま食べても美味しいが、アレンジをきかせてオシャレなプレートに応用する方法もある。たとえばクロックムッシュの上にレタス・サーモン・リコッタチーズをトッピングし、仕上げにペッパーとオリーブオイルをかけるだけで華やかになる。

クロックマダムの基本の食べ方は、卵の黄身をくずしながらパンに絡めて食べると美味しい。好みで黒こしょうをかけて食べてもOK。また卵のみならずベーコンをのせてトースターで焼き、ベーコンにも卵を絡めて食べる方法もある。クロックマダムもアレンジ次第でいろいろな食べ方を楽しめるので好みの方法で味わってもらいたい。

3. クロックムッシュとクロックマダムのアレンジ具材

次にクロックムッシュとクロックマダムのアレンジ具材を紹介しよう。クロックムッシュとクロックマダムのアレンジ具材のひとつがベーコンだ。ハムの代わりにカリッと焼いたベーコンをサンドして焼くだけでOK。いつもとは違う食感を楽しみたい人におすすめしたい。

次に紹介するクロックムッシュとクロックマダムのアレンジ具材のひとつがアボカドだ。アボカドのみを加えてもいいし、トマトや茹でたエビを加えると、よりいろいろな栄養成分を摂取できる。また、彩りよく仕上げたいときは茹でたほうれん草をサンドするのもおすすめだ。いずれも簡単にできる方法なので、ぜひ試してもらいたい。

結論

クロックムッシュとクロックマダムの違いと基本の食べ方、アレンジ具材を紹介した。ふたつの決定的な違いは目玉焼きをのせるかのせないかだ。ゆっくりと食事を楽しめる休日のブランチに味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >