このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏のせせり料理を紹介!串焼き以外の美味しく食べるメニューとは?

鶏のせせり料理を紹介!串焼き以外の美味しく食べるメニューとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月 8日

せせりはジューシーで食べごたえのある食感が人気の鶏の部位だが、いろいろな料理に使うことができる。せせりは焼いても美味しいが、煮込み料理にも使うことができるなど、アレンジ次第でさまざまな味わいが楽しめるのだ。今回はそんなせせり料理について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. せせりを料理に使う魅力

鶏肉にはさまざまな部位があるが、その中でもせせりとは希少とも呼ばれている部位で、鶏の首の部分の肉のことだ。鶏は首をよく動かすことから、筋肉質でジューシーな味わいが楽しめるのが魅力だ。そんなせせりは、さっぱりした味わいの中にほどよく脂を感じられるので、噛めば噛むほど口の中に旨みが広がることから、隠れた人気部位なのだ。そんなせせりは鶏肉なので、カロリーや糖質も高くなくヘルシーな料理を作りたい際にもピッタリの食材なのだ。また旨みも凝縮されており、濃い味わいが楽しめるので、シンプルな焼き料理から煮込み料理まで幅広く楽しめるのも魅力だ。

2. せせり料理をする前の下ごしらえ

せせりはそのまま料理に使うこともできるが、より美味しく仕上げるために下ごしらえをしておくのもおすすめだ。まずせせりを日本酒に漬けておくと、肉質が柔らかくなりしっとりとした食感になる。日本酒は調理することで、アルコール分は飛ぶので小さな子どもでも安心して食べられる下ごしらえの方法だ。さらにせせりを塩につけてよくもんでおくのも肉を柔らかくするのに効果的だといわれている。せせりに味がしみ込みやすくなるので、煮込み料理などをする際は事前に塩につけておくのもいいだろう。その際は、もみこむ前にフォークでせせりに穴をあけておくとよりしみ込みやすくなる。

3. せせりを使った焼き料理

せせりの柚子胡椒ポン酢焼き

せせりはジューシーで噛むほどに広がる旨みがつまみにも人気の食材なので、ちょっとスパイシーに柚子胡椒を使って焼いていくのもおすすめだ。柚子胡椒とポン酢をあわせることで、せせりがさっぱりとした味わいになるので、食べやすくなる。作り方はシンプルでせせりをフライパンで焼いたら一度取り出し、しょう油とポン酢をフライパンで煮詰めてそこにせせりを戻して柚子胡椒と合わせたら完成だ。

せせりキムチ

せせりはしっかりとした肉質なので、キムチなどと合わせて炒めても歯ごたえが楽しめる絶品のおかずやつまみになる。塩こしょうをしたせせりをフライパンで炒めて火が通ったら、キムチとオイスターソース、しょう油を加えて和えて完成だ。噛むほど旨みが広がるせせりとキムチを合わせることで、ごはんのすすむ最高のおかずになるのだ。

4. せせりを使った煮込み料理

せせり汁

せせりは味噌汁に入れても絶品だ。せせりを味噌汁に入れることで、せせりの旨みがスープにしみ出すので、より奥深い味わいの味噌汁になる。豚汁と同じようなイメージで、ボリュームも出るので、食べごたえのある味噌汁を作りたいときにおすすめだ。合わせる具材はどんなものでも合うので、自宅の冷蔵庫にある余り物などを合わせても美味しく作れるだろう。

せせりの酒蒸し

酒蒸しというと貝類を思い浮かべる人も多いが、せせりは酒蒸しにすることで、柔らかくなり絶品のつまみになるのだ。フライパンにゴマ油とにんにく、鷹の爪を入れて香りが出てきたらそぎ切りにしたせせりを入れて塩こしょうをし、炒める。そこに鶏がら出汁と酒を加えて煮詰めていく。最後にネギを入れて軽く炒めたら完成だ。好みで食べる際に、柚子胡椒をつけて食べてみてほしい。酒蒸しにして煮込むことで、せせりが柔らかくなり旨みが出汁にも溶けだすのでごはんや酒のすすむ一品だ。

結論

せせりの定番の食べ方は焼いてシンプルに食べる方法だが、さまざまな味付けにしたり煮込んだりすることで、せせりの違った味わいや食感を楽しむことができる。せせりを料理する前に下ごしらえをしっかりと行うことで、より美味しく食べられるのでおすすめだ。おかずやつまみにもピッタリなせせり料理を自宅でも楽しんでみてもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ