このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【マシュマロクリーム】の魅力を紹介!食べ方や作り方を解説!

【マシュマロクリーム】の魅力を紹介!食べ方や作り方を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年7月24日

マシュマロといえばそのまま食べるものというイメージが強いが、マシュマロクリームにすればほかの食材と組み合わせて楽しむことができる。ここではマシュマロクリームの魅力やおすすめの食べ方、さらには家で作れるマシュマロクリームのレシピも紹介していく。新しいマシュマロの魅力を知りたい人も要注目だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マシュマロクリームとは?

マシュマロクリームと聞くとどのようなものを思い浮かべるだろうか。日本では固形のマシュマロが一般的であるため、クリームの中にマシュマロが入っているものをイメージしてしまうかもしれない。しかしマシュマロクリームとはマシュマロをそのままクリーム状にしたものを指す。アメリカではマシュマロクリームは一般的で、ボトルに入れて売られている。ちなみに市販のマシュマロクリームの原材料にはマシュマロとは書かれていないのだが、マシュマロ作りで使われるのと同じ材料が使われている。ただし、マシュマロのように固める必要がないためゼラチンが入っていないなどの違いもある。

マシュマロクリームは日本でも一部の店舗で購入でき、密かに人気を得ている。ふわふわ食感のマシュマロをクリーム状にしたらマシュマロのよさがなくなってしまうのではないかと思うかもしれないが、マシュマロクリームでもマシュマロの食感や味わいを楽しむことができる。生クリームやチョコクリームと比べるとマシュマロクリームはもったりとしているため、クリーム状ながらもふわふわした食感を楽しむことができる。また、いろいろな食材と組み合わせるのに最適な甘さをもつこともマシュマロクリームの魅力だ。真っ白でふわふわしたマシュマロクリームは存在感バツグンでいろいろな食べ物と組み合わせたくなること間違いなしだ。

2. マシュマロクリームの食べ方

マシュマロクリームはトッピングとして食べられることが多い。ジャムやチョコクリームのようにトーストに塗って食べられるのが定番だ。マシュマロクリームのふわふわ感とトーストのサクサク感の2種類の食感を一度に楽しむことができる。また、食パンを焼く前にマシュマロクリームを塗って一緒にトーストして食べるのもおすすめだ。固形のマシュマロを焼いたときと同じように表面は少しカリッと中はトロッとした食感に変化する。また、焼き加減を調整すればマシュマロクリームに香ばしさを加えることもできる。食パンに塗って焼くだけでもいろいろなバリエーションを楽しめるのだ。

また、コーヒーやココアにトッピングするのも定番だ。マシュマロをホットドリンクにのせて溶かしながら楽しむのもよいが、マシュマロクリームならばすぐに混ぜて飲むことができ、手軽にマシュマロ入りのホットドリンクを楽しめる。ほかにもマシュマロクリームはさまざまなスイーツのトッピングに使うことができる。マシュマロクリームの上にフルーツをトッピングすれば、マシュマロクリームの白がフルーツの彩りを映えさせてくれ、見ためも美しいスイーツに仕上げることができる。オシャレにトッピングするときにはぜひマシュマロクリームを活用してみよう。

3. マシュマロクリームの作り方

日本でもマシュマロクリームは販売されているが、流通量はそれほど多くなく簡単に購入できないこともある。市販品と同じようなマシュマロクリームとはいかないが、家でも簡単にマシュマロクリームを作ることができる。用意する材料はマシュマロと生クリーム、牛乳の3つだ。まずはマシュマロと牛乳を一緒に加熱してマシュマロを溶かす。鍋に入れて溶かしてもよいが、電子レンジで加熱したほうが簡単だ。耐熱ボウルにマシュマロと牛乳を入れ、ラップして電子レンジで加熱するだけでよい。生クリームは別のボウルで泡立てておこう。

生クリームを角が立つくらいまで泡立てたら溶かしたマシュマロと牛乳を加えて混ぜる。この時、泡立て器で混ぜてしまうと生クリームのふわっとした感触が失われてしまうため、ゴムベラを使って生クリームの泡を潰さないように混ぜ合わせるようにしよう。全体的に混ざったら冷蔵庫で冷やし、ほどよい硬さになったら手作りマシュマロクリームの完成だ。ちなみに市販のマシュマロクリームと違い、牛乳や生クリームなど傷みやすい食材を使って作っているため、作ったらなるべく早めに使いきるようにしよう。また、トーストに塗って食べるよりもケーキのトッピングに使うのに適しているため、トッピング用として使うのがおすすめだ。

結論

アメリカで人気のマシュマロクリームだが、日本でも密かに人気を得つつある。もったりとしたマシュマロクリームはトーストやホットドリンクとの相性バツグンで、ふわふわしたマシュマロの食感をそのまま楽しむことができる。マシュマロと牛乳、生クリームで手作りマシュマロクリームを作ることもできるが、その場合はケーキなどのトッピング用に使うのがおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >