このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
深谷ねぎの特徴や美味しい食べ方を紹介!甘さが普通のねぎとは違う?

深谷ねぎの特徴や美味しい食べ方を紹介!甘さが普通のねぎとは違う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年7月14日

深谷ねぎは埼玉県を中心によく名前を聞くであろう野菜だ。名前は生産地に由来するほか、土壌が栽培条件に大きく関わっている。なじみのある人もそうでない人も、どのような環境により栽培が進められてきたのか、知っておくと面白い。本記事では、深谷ねぎにどのような特徴があるか、またどのような食べ方が美味しいのか説明していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 深谷ねぎとは、どのような環境で育てられる野菜?

深谷ねぎは、埼玉県深谷(ふかや)市の特産品だ。白ねぎに属し、甘みやみずみずしさが特徴だ。白ねぎを栽培する際、白い部分は光を当てないことにより作るため、白い部分を土で隠す土寄せという作業が必要となる。関東は元々土が軟らかく白ねぎに向いている。しかも、深谷が含まれる利根川流域の氾濫のため、栄養豊富な軟らかい土を含む沖積層が広がっている。そのため、深谷は白ねぎの栽培にうってつけなのだ。こうした環境から、1900年前後から深谷ねぎが生産されるようになった。そして、後に深谷ねぎとして有名になったと考えられる。深谷ねぎは一年を通して生産されているが、収穫の季節に応じて呼び方が変わる。中でも最も美味しいとされるのは冬ねぎだ。一般的なねぎと同様、寒い時期にとくに甘みが強くなる。とはいえ、ほかの季節でも美味しく食べられるので、いつでも深谷ねぎを楽しめる。

2. 深谷ねぎのアピールとして、加工品にも力が入れられている!

深谷ねぎは特産品として力を入れてアピールされている。深谷ねぎ自体はもちろん、深谷ねぎを材料として使った惣菜や調味料なども名物となっているのだ。例をいくつか見てみよう。

・深谷ねぎラー油

いわゆる食べるラー油に、深谷ねぎを使った商品が販売されている。辛さやにんにくの香りの中に、深谷ねぎの甘さが感じられるのが面白い。ごはんにのせてもよいし、冷奴などの味付けに使うのも美味しいだろう。ラー油である以上はカロリーがそれなりにあるので、食べ過ぎには要注意だ。

・深谷ねぎ餃子

深谷ねぎ入りの餃子も、ぜひ食べたい料理だ。深谷ねぎ自体の甘みはもちろん、ほかの具材との組み合わせも楽しめる。深谷市の飲食店で食べられるほか、通販でも手に入る。

・深谷ねぎ焼酎

深谷ねぎを使ったものでも、とくに面白いのが焼酎だろう。深谷ねぎや深谷市産の米を使って造られ、優しい香りや甘さが魅力的だ。意外な材料を使ったご当地焼酎にはさまざまなものがあるが、深谷ねぎ焼酎はとくに面白いもののひとつといえるだろう。とくに焼酎が好きな人は、ぜひ試していただきたい。

ほかにも、深谷ねぎが使われている食品は多数ある。深谷ねぎを試しに食べるなら、まずはお取り寄せなどで手に入れるのもよいだろう。

3. 簡単、シンプルな食べ方でも深谷ねぎをしっかり味わえる!

深谷ねぎは、もちろん一般的なねぎと同様に料理に使える。家で簡単に作れるものでも、深谷ねぎの味を楽しめるのだ。手軽に作れる例をいくつか見ていこう。

・ねぎ焼き

深谷ねぎをシンプルに味わうなら、ねぎ焼きが手軽だ。ねぎを適当な長さに切って、焼き色が付くまでフライパンなどで加熱すればよい。甘みがしっかり出るため、そのままでも美味しい。塩こしょうを軽くふるのもおすすめだ。ほかに、ウィンナーやベーコンを一緒に炒めるのもよい。深谷ねぎの使い方に迷ったら、まずはねぎ焼きを作ってみよう。

・ねぎ塩

深谷ねぎを薄く切って、ごま油と塩を加え混ぜるだけでよい。通常はねぎの辛みを楽しむ料理だが、深谷ねぎの甘みも同時に感じられるので、普段とは違った食べ方ができる。冷奴はもちろん、たとえば茹でた豚バラ肉にのせて食べると美味しい。

・中華スープ

深谷ねぎを薄く切って、中華スープに加えるのも美味しい。鶏ガラスープや溶き卵と、深谷ねぎの甘みとの組み合わせを楽しめる。彩りを加えるのにもちょうどよいだろう。ほかにも、一般的なねぎ料理なら大体深谷ねぎを使える。いろいろ試してみよう。

結論

深谷ねぎは、生産地である深谷市の土壌に恵まれ、盛んに栽培されてきた。甘みが特徴で、深谷ねぎを使った加工品も盛んに製造されている。まさに深谷市を代表する特産品のひとつといえるだろう。自分で料理する場合も決して難しくなく、手軽に深谷ねぎの味を楽しめる。何かの機会で深谷ねぎが手に入ったら、気軽に料理して食べていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >