このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ねぎの栄養と効能を解説!胃腸に優しいって本当?

ねぎの栄養と効能を解説!胃腸に優しいって本当?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月13日

ねぎはオールシーズン店頭に常に並んでいて、さまざまな料理に使うことができ、また栄養価も高いという、料理をするなら常備しておきたい野菜といえる。ねぎの栄養はどのようなものか、またねぎの栄養を最大限に生かす料理法などを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ねぎの種類

ねぎは日本では古くから食べ続けられてきた野菜である。古名は「祢木」「冬葱」「紀」などと称されていた。現代でも、薬味として、あるいは鍋や味噌汁等の具材など、和食にはなくてはならない食材といえる。

長ねぎとそれ以外のねぎの違い

一般的に「長ねぎ」と称されるねぎは「根深ねぎ」のことを指す。根深ねぎとは、白い部分を主に食用とするねぎであり、「白ねぎ」ともいう。このタイプのねぎは、白い部分の比率が高くなるように、畑で埋まっている段階で成長にしたがって徐々に盛り土をしていき、陽に当たらないように配慮して育てられたものである。

一方、緑の部分がメインのねぎもある。このようなねぎは、「葉ねぎ」「青ねぎ」ともいい、種類としては「わけぎ」「万能ねぎ」「あさつき」などがある。

2. ねぎにはどんな栄養が含まれているか?

日本では、ねぎは欠かせない食材であるだけでなく、昔から風邪に効く等として、薬としても利用されてきた歴史がある。栄養豊富で健康に良いとされるねぎであるが、その栄養は具体的にどのようなものだろうか。

ねぎの主な栄養素

ねぎの主な栄養素は次のようなものである。
  • ビタミンC(白い部分に多く含まれる)
  • βカロテン(主に緑の部分に含まれる)
  • カルシウム(主に緑の部分に含まれる)
  • アリシン(ねぎの独特な匂いのもと)
  • ネギオール
ビタミンCは肌や粘膜に効果的、βカロテンは体内で抗酸化作用等が高いビタミンAに変化する、カルシウムは骨などを丈夫にすることがよく知られている。

ねぎの栄養素 アリシンとは何か

ねぎには硫化アリルが多く含まれているが、この一部が体内でアリシンという成分に変化する。アリシンはねぎの独特な匂いのもととなるものであり、ビタミンB1、B2の吸収力をアップさせる効果だけではなく、免疫力を高める働きもあると言われている。

3. ねぎで健康向上

ねぎの栄養を効率的に摂取するために

ねぎには多くの栄養素が含まれているが、料理法や保存法によっては効果が失われてしまうことも多い。どうしたらねぎの栄養を逃さず摂取できるかを見ていきたい。
  • 生で摂取する アリシンは生の方がより効果的、またビタミンCなどが加熱で失われてしまいやすくなる
  • 水に長時間さらさない 水にさらしすぎるとアリシンは減少してしまう
  • ビタミンB1と一緒に摂取する アリシンはビタミンB1の吸収をよくする効果があるので、ビタミンB1と一緒に摂取できるよう心がけたい
  • 刻んだあと15分くらい置くようにする 切った部分が空気に触れて変化することによりアリシンの効果が高まるとされている
栄養のためにせっかくねぎを料理に使っても、料理法や保存法が適切でなければ充分な効果を得ることはできなくなってしまうので、これらのことはぜひ覚えておきたい。

結論

ねぎは、特に和食にはほとんどどんな料理にも合う野菜である。今までねぎを入れていなかった料理にも、一手間を加えて、風味と健康効果アップを目指してみるのはどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >