このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
うどんのつゆはポン酢でさっぱり!夏におすすめのアレンジを紹介

うどんのつゆはポン酢でさっぱり!夏におすすめのアレンジを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月31日

うどんのつゆというと、めんつゆを連想する人も多いだろうが、じつはポン酢つゆで食べるのも非常におすすめである。うどんのつゆとしてポン酢を使用する場合、どのような食べ方をするのがよ良いのか、本記事で詳しく解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポン酢うどんの魅力とは

ポン酢を使ってうどんを作る場合、温うどんでも一応作れるが、さっぱり感を味わいたいのであれば、冷やしうどんにするのがおすすめである。ポン酢とうどんを組み合わせれば、暑い日にぴったりなさわやかなうどんへとアレンジできるため、夏の献立に迷った場合もポン酢うどんはイチオシなのだ。

また、ポン酢には酢酸やビタミンCなどの栄養が豊富に含まれている。酢酸(クエン酸)は疲労回復の手助けをしてくれる動きがあり、ビタミンCは抗酸化作用や免疫力向上などの効果が期待できるため、魅力的な調味料でもあるのだ。夏野菜などと一緒に調理すれば、腸内環境を整えてくれる食物繊維も摂取することができるため、栄養面を考えながらポン酢うどんを作るのもおすすめである。

2. ポン酢うどんの作り方を紹介

それでは、ポン酢うどんの作り方について解説していこう。シンプルなポン酢うどんの作り方や、ちょっと変わったポン酢うどんのアレンジ方法など、さまざまなシーンで使えるポン酢うどんを数パターン紹介していく。

ポン酢うどんの基本的な作り方

まずは、最もシンプルなポン酢うどんの作り方から紹介していく。まず、長ネギを洗って小口切りに切る。ネギを切っている間に、鍋に水を入れて火にかけ沸騰させておこう。お湯が沸騰したら、うどんの麺が柔らかくなるまで茹で、ザルに引きあげてから流水でしっかりと冷やす。
皿にうどんとネギを盛り付けて、ポン酢つゆ(水、ポン酢、ごま油、和風顆粒出汁を混ぜて加熱したつゆ)をかければ、ポン酢うどんの完成である。

梅と大葉でさらにさっぱりアレンジに!

ポン酢つゆをかけるだけで酸味をしっかりと感じられるうどんになるが、さらに酸味やさっぱり感を強くしたい場合は、梅と大葉を混ぜるのもおすすめである。作り方は先述した「ポン酢うどんの基本的な作り方」とほぼ同じで、ポン酢つゆをうどんにかける前に、梅干しと大葉をトッピングするだけでOKだ。ちなみに、梅干しは種を取り除いたものを使用するのが好ましい。

さらに具材を増やして豪華にしたい時は、しらすやわかめといった海鮮物をのせるとよい。

意外と合う!納豆ポン酢うどんもおすすめ

気分を変えて、変わり種メニューにトライしたい場合は、納豆を加えたポン酢うどんもおすすめだ。「ポン酢うどんの基本的な作り方」で紹介したうどんの上に、市販の納豆をかけるだけでできるので、誰でも簡単に作ることができる。市販の納豆に付属のタレがついている時は、タレと納豆を混ぜてしまっても問題ない。また、納豆にすでに味がしっかりとついているため、ポン酢つゆが濃いと感じる場合は、和風顆粒出汁は入れずにつゆを作ってみよう。

3. ポン酢うどんと相性のよい具材は?

ポン酢うどんと相性のよい具材はほかにもたくさんある。まず、定番の具材は以下のものなどが挙げられる。
  • トマト
  • タマネギ
  • 水菜
  • レタス
  • 大根
  • 大根おろし
  • ナス
  • カイワレ大根
  • オクラ
  • 明太子
  • たまご
  • 鶏肉
  • ハム
  • 冷しゃぶ
サラダ風のうどんに合う具材は、基本的にポン酢うどんにも合うものが多いため、サラダ風うどんの具材を参考にしながら、ポン酢うどんを作るのもおすすめだ。また、パプリカやアボカドといった野菜を加えると、洋風の冷やしうどんにもアレンジできるため、一風変わったポン酢うどんを作りたい人はぜひ取り入れてみてはいかがだろうか。

結論

ポン酢うどんは作り方がとても簡単なので、時短したい人にもおすすめの料理である。「暑くて食欲が落ちている」「さわやかなものが食べたい」という時にもぴったりなうどんなので、暑い時期はぜひポン酢うどんを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >