このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【醤油うどん】の作り方を紹介!シンプルだからこそ奥深い!

【醤油うどん】の作り方を紹介!シンプルだからこそ奥深い!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年7月23日

「うどん県」とよばれることも多い香川県。そんな香川県発のうどんのひとつに「醤油うどん」がある。シンプルな味わいが魅力的な醤油うどんの特徴や作り方について本記事で詳しく紹介していこう。シンプルなうどんが好きな人は必見の内容となっているので、参考にしていただけたら嬉しい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 醤油うどんとは?

醤油うどんとは、香川県で誕生したうどんの食べ方である。醤油のうどんと聞くと、濃口醬油を使っているような印象を受けるかもしれないが、本場の香川では「だし醤油」とよばれる出汁を使用しているのだ。

だし醤油は、通常の醤油のほかにかつお節やみりん、昆布などを混ぜた出汁で、四国周辺ではスーパーなどで取り扱っていることもある。また、都市部でも大きなデパートやアンテナショップで取り扱っているケースは多い。通販サイトなどでも販売しているので、地方に住んでいる人でも手に入れることは可能だ。

醤油うどんは、冷やしうどんにだし醤油と薬味をかけて食べるケースが多い。大きな具材が何種類ものっている醤油うどんは比較的少なく、うどんの麺の食感や味をダイレクトに感じられるのが魅力だ。

「生醤油うどん」とは?

「醤油うどん」によく似た言葉で「生醤油うどん」というものも存在する。「生醤油=本醸造を使ったもの」と思われる人もきっと多いと思うが、じつは醤油うどんと生醤油うどんは全く同じ意味合いで使われるケースがほとんどだ。

だし醤油のことを生醤油とよぶこともあるため、生醤油うどんという言葉が使われるようになった。さまざまな食材の混ぜものであるだし醤油のことを「生」とよぶのは、かなりユニークなポイントといえるだろう。

2. 醤油うどんを作ってみよう

醤油うどんの特徴をふまえたうえで、次は作り方について紹介しよう。必要な具材の種類も少ないので、だし醤油さえ手に入れば、誰でも簡単に作ることができる。シンプルだけど癖になる醤油うどんの作り方をさっそく見ていこう。

醤油うどんの基本的な作り方

最初に、基本的な作り方を解説していく。まず、鍋に水を入れて火をかけて、沸騰させる。その後、冷凍うどんを鍋のなかに入れて、麺を茹でていこう。うどんが茹であがったら、ザルに引きあげて水気をきる。そして、まだ温かい状態のうどんを皿に入れて、だし醤油と小刻みに切ったネギを麺にかければ、醤油うどんの完成である。

ちなみに、香川県では麺のコシが強く、やや固めの麺が主流であるため、本場の醤油うどんっぽさを出したい場合は、麺のコシの強さや茹で時間に気を配ってみるのがおすすめだ。

釜たまうどんと組み合わせるのもおすすめ!

香川県を代表するうどんのひとつに「釜たまうどん」がある。うどんに生卵を落として食べるうどんだ。この釜たまうどんの特徴と、醤油うどんの特徴のよいとこどりをした「釜たま醤油うどん」にアレンジするのもおすすめである。作り方は「醤油うどんの基本的な作り方」とほぼ同じで、最後に生卵を加えるだけで釜たま醤油うどんができあがる。たまごが加わることにより、まろやかな味わいがプラスされるので、シンプルな醤油うどんとはまた異なる魅力を感じられる。

3. 醤油うどんにおすすめの薬味は?

醤油うどんはシンプルで大きな具材が少なめと先述したが、醤油うどんに合う薬味は数多く存在する。使用する薬味は人によって異なるが、以下のような薬味は定番といえるだろう。
  • 刻んだネギ
  • 天かす
  • ごま
  • 七味
  • ショウガ
好みの薬味をかけて食べるのが、醤油うどんの食べ方なので、薬味にこだわってみるのもおすすめである。また、レモンやすだちといった柑橘系の果実の汁を少量かけて食べるスタイルも一般的。柑橘類ならではのさわやかな酸味がプラスされるので、ぜひ試してみてほしい。

結論

シンプルでさっぱりとしている醤油うどん。「本場の香川県まで醤油うどんを食べに行きたいけど行けない」という人でも、自宅で簡単に再現できるため、気になる人は作ってみてはいかがだろうか。だし醤油で作る醤油うどんは格別なので、ぜひ食べてみていただきたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ