このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タマゴサンドをより美味しく作るコツとは?カロリーと栄養素も紹介

タマゴサンドをより美味しく作るコツとは?カロリーと栄養素も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年7月23日

サンドイッチの中でも、不動の人気を誇るタマゴサンド。ゆで卵とマヨネーズを合わせた優しい味わいはなつかしく、大人も子どもも大好きな味だ。卵を茹でてマヨネーズで和え、お好みの野菜と合わせてパンに挟めば完成。子どもと一緒に自宅で料理するのにちょうどよいメニューといえる。今回はタマゴサンドにスポットをあて、自宅でより美味しく作るためのコツをいくつかご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. タマゴサンドに含まれるカロリーと栄養素

手を汚さず手軽に食べられるタマゴサンドは、朝食や昼食として重宝する。世代を問わず人気の高いメニューだが、カロリーには要注意。パンや卵、マヨネーズにバターと高カロリーな食材が多く使われているのが理由だ。パンを使用している分糖質も高いため、ダイエット向きのメニューとは言いにくいだろう。カロリーや糖質もさることながら、たんぱく質、ナトリウム、そしてビタミンKなどといった、上質な栄養素が多く含まれているのも事実だ。
この記事もCheck!

2. タマゴサンドに使うバターロールの栄養素

タマゴサンドに使うバターロールは、昔から幅広い年代に愛されている食卓の定番である。食パンやフランスパンなどと比べると、バターを多めに使う分カロリーが高い。糖質レベルはほかのパンと比べると中程度ではあるが、決して低い数字とはいえない。食べすぎには注意が必要だ。カロリー、糖質ともに高いバターロールだが、実はたんぱく質も含まれるメニュー。タマゴサンドに使う時は、野菜も加えて栄養バランスが整った一品に仕上げよう。
この記事もCheck!

3. タマゴサンドに使うコッペパンのカロリーと栄養素

タマゴサンドにも使われることの多いコッペパン。いろいろな具材を入れて、味の変化を楽しめるのが魅力だ。シンプルな製法で作られるコッペパンは、ほかのパンと比べるとカロリーは低めといえる。栄養素はというと、やはり炭水化物が主になる。ほかにはたんぱく質、脂質やナトリウム、カリウム、リンなどが含まれる。栄養価をアップさせたいなら、卵やきゅうり、レタスなど野菜を一緒にサンドするのがおすすめだ。
この記事もCheck!

4. 基本的なタマゴサンドの作り方

サンドイッチの定番ともいえるタマゴサンド。自分好みのタマゴサンドに仕上げるなら、まずは下ごしらえが必要となる。ゆで卵を作る際は、定期的に卵を回して中心部まで熱が届くようにするのがポイント。パンの耳は切り落としておく。挟む食材はキャベツやハム、きゅうりなど好みのものを使用すればよい。玉ねぎを使用する場合は、さらしなどを使ってしっかりと水分を取っておこう。パンに挟むフィリングは、フードプロセッサーを使えば、よりなめらかな舌触りに仕上がる。
この記事もCheck!

5. タマゴサンドに合うゆで卵の作り方

タマゴサンドを作る際に欠かせないのが、何といってもゆで卵だ。卵を茹でるだけのシンプルな料理だが、茹ですぎて硬くなってしまったり、反対に茹で時間が足りなかったりと意外と失敗も多い。基本的な作り方はこうだ。まず卵は常温に戻しておく。卵を鍋に入れ、卵がしっかり浸るほどの水と塩を少々入れて強火にかける。水が沸騰したら弱めの中火にし、10分茹でる。火を止めて冷水を入れ、3分ほど放置すれば完成だ。
この記事もCheck!

6. タマゴサンドにも使える煮卵の作り方

ラーメンや豚の角煮などの料理に欠かせない煮卵。手間がかかるイメージだが、実は自宅でも簡単に調理が可能。タマゴサンドのフィリングに使うと、ひと味違った美味しさを楽しめる。煮卵を作る際のポイントは、卵を茹でる前に常温に戻しておくこと。また、みりんや酒などを加えて作る漬けダレは、アルコール分を飛ばすためにひと煮立ちさせるのがおすすめ。なるべく時短で済ませたい場合は、電子レンジで加熱することも可能だ。
この記事もCheck!

7. タマゴサンドを上手にカットするコツ

サンドイッチをカットしようとすると、パンがぺしゃんこになってしまったり、具材がパンからはみ出してしまったりと失敗も多い。タマゴサンドに限らず、断面が美しいサンドイッチは美味しそうに見えるものだ。サンドイッチを上手に切るにはコツがいる。まずはサンドイッチをラップでぐるりと包む。隙間がないようぴっちりと包むのがポイントだ。そのままの状態で10分ほど寝かせると具材とパンがなじんで、さらに切りやすくなる。カットはパン切りナイフを使うのがベスト。ラップに包んだままカットしよう。
この記事もCheck!

8. タマゴサンドで使うバターロールの上手な切り方

タマゴサンドに使うパンといえば、バターロール。最もメジャーな切り方は、縦にカットする方法だ。カットする際の注意点は、あくまで切れ目を入れる程度にとどめて、一番下の部分はつながっているようにすることだ。横から水平に切れ目を入れる方法もある。この際も、片側の端がつながるように完全にカットしてしまわないこと。完全に切り離せばより多くの具材を挟めるが、ラップでくるむなどしてバラバラにならないようにしておこう。
この記事もCheck!

結論

今回は、自宅でより美味しくタマゴサンドを作るコツをいくつかご紹介した。シンプルな料理だからこそ、失敗なく美味しく食べたいものだ。卵フィリングは、旬の野菜を刻んで入れたり、からしを加えて大人の味に仕上げたりとアレンジするのもよい。ぜひバラエティ豊かなタマゴサンドを、家族みんなで楽しもう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ